MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > CX-5 > 【マツダ CX-5 一部改良】新AWDシステムや新色を追加し2020年1月から発売
マツダ CX-5 2019 一部改良モデル
ニュース

更新

【マツダ CX-5 一部改良】新AWDシステムや新色を追加し2020年1月から発売

2020年1月17日から発売

2019年12月12日にマツダは、2020年1月17日からクロスオーバーSUV「CX-5」を一部改良して発売することを発表しました。今回の一部改良では、内外装デザインに変更はありませんでした。主な変更点は下記のとおり。

悪路をスムーズに脱出できるよう走行性能を強化

新型CX-5の走行性能面の改良で最大のハイライトとなるのは、「オフロード・トラクション・アシスト」を採用したこと。急な斜面や泥道、雪道などでタイヤが空転せず走行できるようアシストしてくれます。

アクセサリーパッケージオプションと特別仕様車

今回のマイナーチェンジで「TOUGH-SPORT STYLE」という名称のアクセサリーパッケージが追加、このオプションでフロントとリアバンパー下の装飾ガーニッシュ、ルーフレールが追加され、力強いSUV感を強調。また、新色のシルクベージュの半レザーシートやLED室内照明、LEDフォグランプなどを採用した特別仕様車「Silk Beige Selection(シルクベージュセレクション)」も追加されました。

新型CX-5の新車車両価格は税込261.8万~397.65万円となり、2019年12月12日より発売開始されました。

マツダ CX-5公式ホームページ

この記事の執筆者
MOBY編集部