MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > レクサス > レクサスがEVブランド化。35年までに100%電動化、2000GT風スポーツも?
レクサス

更新

レクサスがEVブランド化。35年までに100%電動化、2000GT風スポーツも?

2035年までにグローバルでBEV100%

2021年12月14日にトヨタは「バッテリーEV戦略に関する説明会」を開催し、今後レクサスブランドからデビューするバッテリーEV(BEV)についても発表しました。

このバッテリーEV戦略に関する説明会では、レクサスは2030年までにBEVのフルラインナップを目指し、欧州、北米、中国の3地域では2030年までに、グローバルでは2035年までにBEVのラインナップ比率を100%にすると語られています。

バッテリーEV戦略に関する説明会の概要はこちら

新型BEV・レクサス RZを公開。bZ4Xの兄弟?違いは?

2021年12月2日にレクサスがティザー画像を公開した新型BEV「RZ」が、今回のバッテリーEV戦略に関する説明会でお披露目となっています。

同日、レクサスはRZに関する新たなティザー画像を公開していて、2021年7月に登録された商標「RZ450e」の車名が用いられています。

RZはレクサスの電動化ビジョン「Lexus Electrified」に基づいて設計されたBEVです。レクサス RXと同じ、ミドルサイズSUVのボディサイズになるとみられ、RZはRXの後継またはEV版として販売されることになりそうです。

すでにスペックなどの詳細が発表されたミドルサイズSUVにあたるトヨタ bZ4Xスバル ソルテラと共通のプラットフォームを採用しているものと思われます。

また、RZのティザー画像では、テールゲート右下に「DIRECT4」のエンブレムも装着されています。

DIRECT4は、2021年3月30日にレクサスが発表したEVコンセプト「LF-Zエレクトリファイド」にも採用される次世代四輪駆動力制御技術です。

bZ4XとソルテラはスバルのAWD技術「X-MODE」を採用していますが、RZにはDIRECT4を採用することで、ラグジュアリーブランドのモデルとして他の2モデルとの違いを生み出すものなのかもしれません。

LFA後継?新世代2000GT?ハイパフォーマンスモデルも

Lexus Electrified Sport

バッテリーEV戦略に関する説明会では、かつてレクサスが販売していたハイパフォーマンスカー「LFA」の車名を豊田章男社長が挙げています。

「LFAの開発を通じて作り込んだ”走りの味”を継承する次世代のスポーツカーをBEVで開発する」と述べ、 BEVのスポーツカー登場を予告しました。

低い車高や挑戦的なプロポーションといった見た目に関するコンセプトのほか、「加速タイムは2秒前半、航続距離700kmオーバー、全固体電池の搭載も視野に、ハイパフォーマンスBEVの実現を目指す」など、具体的な性能についても言及。

公開された映像の中にこのハイパフォーマンスBEVと思われる車の走行シーンも描かれており、横から見たロングノーズ・ショートデッキのスタイルは往年のトヨタ 2000GTを思わせるものです。

トヨタ同様、レクサスブランドにおいても、SUVやセダンだけではない多様なボディタイプのBEVを展開する戦略を示しました。

日産は4台のBEVコンセプトを発表

ホンダは中国向けに5台のBEVシリーズを発表

トヨタの後出しジャンケンで他2メーカーも動きを変えるかも?

その他の最新情報

路上教習中に事故を起こしたら責任があるのは教習生?教官?

横断歩道。歩行者の「お先にどうぞ」が実はワナ?

注目の定番ミニバン「ノア&ヴォクシー」のモデルチェンジ情報。価格も判明

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード