MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ジャガー > 【ジャガーの歴史と名車】究極の美しさを追い求めて
ジャガー

更新

【ジャガーの歴史と名車】究極の美しさを追い求めて

I-PACEに続け!ジャガー次世代EV戦略を加速

ジャガー I-PACE フロント サイド
I-PACE(Iペイス)

ジャガーのラグジュアリーSUVでピュアEV「I-PACE」が、日本での販売を開始したのは2019年。航続距離400キロを軽く超える美しいハイスペックマシンは、大きな話題を呼びました。さらに同年、ジャガーを包括するジャガー・ランドローバーは、BMWと電動パワートレイン開発などで提携を発表。ジャガーのフラッグシップ・サルーン「XJ」の次期型パワートレインにはEV採用もアナウンスされ、次世代EV戦略を急加速させています。

ジャガーの社名とロゴにはこんな意味があった

ジャガー ロゴ

ジャガーは1922年、サイドカー製造会社を始まりとし、車の修理、ボディの架装を経て、1935年エンジン・シャシーを含めた自社オリジナルの第1号モデル「SS ジャガー 2½」を製造します。創立からスワロー、SSカーズへと変遷した社名は、1945年オリジナル第1号モデル名に因んで、現在のジャガーとなりました。

ジャガー マスコット リーピングキャット
マスコット リーピングキャット

ジャガーのロゴは、ネコ科・ジャガーの躍動感溢れるもので、スピードやパワーの強さを表しています。また、長年マスコットとしたボンネット上のリーピングキャットは、SSカーズ時代にF・ゴードン・クロスビーがデザインしたもの。しかし、1970年代北米の安全基準により突起物が危険となったため、徐々に平面バッチへと移行しています。

美しさと速さの両立。メーカー「ジャガー」の特色

ジャガー Eタイプ フロント サイド
ロングフード・スモールキャビンの美しいEタイプ

ジャガーの製造する車の特色は、何といっても造形の美しさと言えるでしょう。程よい大きさのエレガントなフォルムに、落ち着いた質感を持つ装備品でしつらえられた空間は、創業より乗る者・見る者を魅了し続け、その美しさは今にまで至ります。また、ル・マンを始めとするレースで優勝を果たすなど、速い車を製造するメーカーとしても有名です。

ジャガーの歴史。サイドカー・メーカーから王室御用達へ

サイドカー・メーカーから始まったジャガーの歴史には何があったのでしょうか。

【1922年】会社設立。サイドカー製造からコーチビルダーに

ジャガー コヴェントリー デザイン スタジオ

創業者ウィリアム・ライオンズがサイドカー製造会社を設立。その後、当時ヒットしたオースチン・セブンに独自のボディ架装を施し、コーチビルダーへと移行します。

【1935年】オリジナルモデルの誕生と戦争勃発

ジャガー SS1 サイド
SS1

コーチビルダーからの脱却を図るべく、全てをオリジナルとしたモデル「SSジャガー2½」を発表。その後スポーツモデル「SS100」が高い評価を受けますが、第二次世界大戦が勃発します。

【1945年】ジャガーへの社名変更。秀逸スポーツ続々登場

ジャガー XK120 フロント サイド
XK120

大戦終了後、社名をあらたにジャガーに変更。戦禍で封じ込められたエネルギーを一気に開花させ、XKシリーズ、Dタイプ、マーク2、Eタイプなどと秀逸スポーツが誕生しました。

【1966年】BMCと合併するも、オイルショックが発生

ジャガー Sタイプ フロント サイド
フォード時代に販売されたSタイプ

デイムラーの買収を終え、BMCとの合併に踏み切ったジャガーでしたが、オイルショックが発生。販売は低迷することとなり、1989年フォード傘下となりました。

【2008年】新時代へ。ジャガー・ランドローバーを形成

ジャガーランドローバー ロゴ

フォードの不振を受け、2008年インド・タタモーターズのもと、ジャガー・ランドローバーをあらたに形成。サイドカー・メーカーから始まった歴史は、王室御用達ワラントの指定を受けるまでとなったのです。

ジャガーの歴史を彩った美しき名車たち

SS100

ジャガー SS100 フロント サイド
SS100

戦前SSカーズ時代の名車SS100は、生産台数わずか314台の極めて美しいスタイリングの名車。ジャガーオリジナルエンジンを搭載し、最高出力は100ps越えの高性能を誇りました。

Dタイプ

ジャガー Dタイプ フロント サイド
Dタイプ

1954年、マルコム・セイヤーズによって誕生したDタイプは、美しさと速さを名実ともに両立させたスポーツ。1957年のル・マンでは優勝を含め上位5台をDタイプが占めました。

MK2(マーク2)

ジャガー MK2 フロント サイド
MK2

MK1のリファイン版MK2は、ジャガーのコンパクト・サルーン。肉厚で丸みを帯びたフォルムとハイスペックで、ラリーでも活躍しました。また、愛好家が多く、ジャガー・レストア専門ショップがチューンしたビーチャム仕様は、広く認知されています。

最新「マーク2」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 295万円
本体価格 178~520万円
マーク2の中古車一覧へ

Eタイプ

ジャガー Eタイプ フロント サイド
Eタイプ シリーズⅠ

かのエンツォ・フェラーリが世界で最も美しい車と讃えたEタイプは、1961年のデビュー。最高速240km/hの高性能マシンでありながら、スパルタンさは微塵も感じさせないエレガントなフォルムは、近年EV仕様「E-TYPE ZERO」として復活するほど人気です。

最新「Eタイプ」中古車情報
本日の在庫数 4台
平均価格 1,450万円
本体価格 1,080~2,200万円
Eタイプの中古車一覧へ

XJ

ジャガー XJ6 シリーズⅠ フロント サイド
XJ6 シリーズⅠ

初代「XJ6 シリーズⅠ」の誕生は、1968年。のちに伝統となる丸目4灯ヘッドランプにスッキリとしたしなやかなスタイリングで、囁きも聞こえるとされた静粛性が評価を呼びました。誕生から50年あまり。XJはピュアEVを次期型として、生まれ変わる予定です。

最新「XJ」中古車情報
本日の在庫数 192台
平均価格 276万円
本体価格 20~1,275万円
XJの中古車一覧へ

XF

ジャガー 初代 XF フロント サイド
初代 XF
Tennen-Gas   CC 表示-継承 3.0   出典: https://ja.wikipedia.org/

イアン・カラムが手掛けたコンセプト「C-XF」をベースにデビューしたXFは、ジャガーのミドルサイズ・サルーン。それまでのコンサバティブなイメージをアグレッシブへと転換。次世代に向けスポーティング・ラグジュアリーを進化させています。

最新「XF」中古車情報
本日の在庫数 119台
平均価格 359万円
本体価格 40~878万円
XFの中古車一覧へ

F-PACE(Fペイス)

ジャガー Fペイス フロント サイド
Fペイス
El monty CC 表示-継承 4.0 出典: https://ja.wikipedia.org/

ジャガー初のSUVとして2013年に初披露されたFペイスは、その全貌を待ちわびたファンの大きな話題となりました。80パーセントをアルミとした軽量モノコックボディに、ジャガーらしい気品を備え、ハイパフォーマンスモデル「SVR」も加わりました

最新「Fペース」中古車情報
本日の在庫数 77台
平均価格 547万円
本体価格 298~848万円
Fペースの中古車一覧へ

Fタイプ

ジャガー Fタイプ フロント サイド
Fタイプ
Thesupermat CC 表示-継承 3.0 出典: https://ja.wikipedia.org/

新世代のリアル・スポーツカーとして誕生したFタイプ。2シーターにアルミ使用で軽量化を図ったボディは、ジャガーの次世代に向けた意気込みを感じるもの。初代のV型8気筒スーパーチャージャー搭載モデルは、最高出力495psに達しました。

最新「Fタイプ」中古車情報
本日の在庫数 55台
平均価格 752万円
本体価格 460~1,298万円
Fタイプの中古車一覧へ

XE

ジャガー XE フロント サイド
XE
Jaguar MENA CC 表示 2.0 出典: https://ja.wikipedia.org/

ジャガーのDセグメント「XE」。2015年にはディーゼルモデルが日本初デビューとなりました。セダン離れが進むなか、創業より車の美しさを追求し、その美しさを体現してきたジャガーだからこそ誕生した正統派サルーンと言えるでしょう。

最新「XE」中古車情報
本日の在庫数 146台
平均価格 380万円
本体価格 169~618万円
XEの中古車一覧へ
すべての画像を見る (18枚)

関連する記事

この記事の執筆者
石黒 真理

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード