MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > ヴェゼル > ホンダ新型ヴェゼルおすすめグレードは「e:HEV Z」!違いを比較
ヴェゼル

更新

ホンダ新型ヴェゼルおすすめグレードは「e:HEV Z」!違いを比較

ホンダ新型ヴェゼル完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

新型ヴェゼルのグレードと価格一覧

ヴェゼル アーバンスタイル
ヴェゼル アーバンスタイル
グレード駆動方式新車車両価格
e:HEV XFF/4WD2,658,700円~
e:HEV ZFF/4WD2,898,500円~
e:HEV PLaYFF3,298,900円~
G(ガソリン)FF/4WD2,279,200円~

新型ヴェゼルのメイングレードはハイブリッド車。ハイブリッドのグレードは3つ、ガソリンは1グレードとなります。

価格差は、X→Zのグレードアップで約24万円、Z→PLaYのグレードアップで約40万円となっています。

用意されているメーカーオプションは少ない

新型ヴェゼルは、グレードが上位になるにつれ装備がプラスされていくため、用意されているメーカーオプションの数は少ない車です。以下に、メーカーオプションを列挙します。

  • Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器
  • ワイヤレス充電器
  • プレミアムオーディオ(10スピーカー)
  • マルチビューカメラシステム

この中で最もおすすめなのは、最新のコネクテッドサービスが利用できるようになる「Honda CONNECTディスプレー」でしょう。

新型ヴェゼルのグレード間で見た目に大きな違いはない

ヤリスクロスの見た目は、グレードによって大きく異なるわけではありません。「e:HEV PLaY」はツートンカラーのためひと目で分かりますが、グリルデザインや大きなパーツ変更がないため、印象が様変わりしたとは言えないでしょう。

ちなみに、「e:HEV X」「G」は16インチアルミホイール、「e:HEV Z」「e:HEV PLaY」は18インチアルミホイールを採用していますので、ホイールデザインも2種類となっています。

印象をガラリと変えたいならホンダアクセスのオプションがおすすめ

見た目の印象をガラリを変えたいなら、新車注文時にホンダアクセスのオプションを選択するのがおすすめです。

用意されているのは、「Urban Style(アーバンスタイル)」「Casual Style(カジュアルスタイル)」2種類のデザイン。いずれもノーマル仕様とは異なる、メッシュ風のフロントグリルを採用しています。

アルミホイールとマッドガードのみ、グレードによって選択肢が制限されますが、それ以外のエクステリアオプションは全グレードに適応しています。どのグレードを選んでも、カッコイイ外観にカスタムできるのは嬉しい仕様ですね。

新型ヴェゼル アーバンスタイル|都市に映えるアクティブな存在感

ホンダ ヴェゼル e:HEV アーバンスタイル フロント
アーバンスタイル
ホンダ ヴェゼル e:HEV アーバンスタイル リア

アーバンスタイルはクーペライクのスタイリングをより強調し、上級感を演出しています。ボディの色が下部まで入り、ガーニッシュの黒がラインのように浮かび上がっているのがスタイリッシュです。

新型ヴェゼル カジュアルスタイル|力強さとエレガントさを演出

ホンダ ヴェゼル e:HEV カジュアルスタイル フロント
カジュアルスタイル
ホンダ ヴェゼル e:HEV カジュアルスタイル リア

カジュアルスタイルは、カッパーブラウンの差し色を効かせたフロントグリルでやガーニッシュで特別感を際立たせています。黒ではなく、さりげなく輝くメタリック・ブラウンがおしゃれです。

※新型ヴェゼル「アーバンスタイル」「カジュアルスタイル」はこちらから詳しく確認できます(ホンダアクセス公式サイト)

最新のホンダセンシング11機能を標準装備

新型ヴェゼルはホンダの先進安全装備「ホンダセンシング」を全車標準採用しています。現在、ホンダセンシングの機能は11個。新型はその11の機能全てを搭載しています。

フルモデルチェンジにより追加された機能は、「後方誤発進抑制機能」「近距離衝突軽減ブレーキ」「オートハイビーム」です。

このほか、先行車のペースに合わせ車間を一定にするように走行できるアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)には渋滞追従機能が追加され、先行車に合わせて停車してくれるようになりました。

これにより新型ヴェゼルは、自動運転レベル3の「トラフィック・ジャム・パイロット」以外の運転支援機能を利用できるモデルとなりました。

最新のHonda CONNECTが使えるナビ・ディスプレーオーディオ

新型ヴェゼルはオーディオレス仕様がなく、グレードを選択するとナビかディスプレーオーディオのいずれかが装備されます。いずれを選択しても最新のホンダ車専用車載通信モジュールおよびコネクテッドサービス「Honda CONNECT」を使うことができます。

さらに、カーライフサポートサービス「Honda Total Care(ホンダトータルケア)」に加入すれば、ビッグデータを活用した快適・安心のカーライフサポートケアを受けることができます。

ホンダトータルケアは会員登録無料のサービス。スマホやPCに専用アプリを入れることで、車に乗っていなくてもケアやサポート、車両状態を確認できます。

また、月額330円~550円(無料期間あり)の「ホンダトータルケア プレミアム」に加入すれば、さらに充実したサービスを受けることができます。

ホンダトータルケアプレミアムのメリットは?

無料コースの「ホンダトータルケア」と比較して、有料コースの「ホンダトータルケア プレミアム」は利用できるサービスが多いメリットがあります。

無料コースでも利用できるサービス例

  • 緊急サポートセンター(トラブルサポート)
  • Honda JAFロードサービス
  • インターナビルート
  • ドライブプランニング
  • 立ち寄り履歴100

ホンダトータルケアプレミアムで利用できるサービス例

  • 緊急サポートセンター(エアバッグ展開時自動通報)
  • 緊急サポートセンター(緊急通報ボタン/トラブルサポートボタン)
  • Honda ALSOC駆けつけサービス 
  • Hondaデジタルキー
  • 自動地図更新サービス
  • 車内Wi-Fi

あおり運転に遭った際のその場での通報や、スマホがキー代わりになる車内Wi-Fi、地図の自動更新サービスなど、最新のサービスは有料プランでのみ利用できます。

※ホンダトータルケアの内容についてはこちら【Honda Total Care公式サイト】

ホンダトータルケアプレミアムに加入するならHonda CONNECTディスプレーがおすすめ

新型ヴェゼルはHonda CONNECT対応のナビまたはディスプレーオーディオを搭載していますが、ホンダトータルケアプレミアムのサービスを最大限利用するのであれば、「Honda CONNECTディスプレー」を選ぶのがおすすめです。

ディスプレーオーディオとギャザズナビでは、追加できるホンダトータルケアのオプションが以下のように異なります。

Honda CONNECT
ディスプレー
Honda CONNECT
対応ギャザズナビ
自動地図更新(基本サービスに付帯)×
Honda ALSOC駆けつけサービス
Honda アプリセンター×
Honda デジタルキー
車内Wi-Fi×

新型ヴェゼルでは、e:HEV PLaYがHonda CONNECTディスプレーを標準搭載、他グレードでもメーカーオプションとして選択できます。

※ホンダトータルケアプレミアムの内容についてはこちら【Honda Total Care公式サイト】

編集部おすすめは「e:HEV Z」安全性&快適性のバランスが◎

ヴェゼル e:HEV Z(FF) プレミアムサンライトホワイト・パール フロント

新型ヴェゼルのおすすめグレードは「e:HEV Z」です。

エントリーグレードの「e:HEV X」にプラスして、「LEDアクティブコーナリングライト」「オートレベリング機構/オートライトコントロール機構付 フルLEDヘッドライト」「運転席&助手席シートヒーター」「ステアリングヒーター」などが装備されており、都市部・寒冷地どちらのユーザーにもおすすめです。

進化したホンダセンシングの機能に加え、「ブラインドスポットインフォメーション」の搭載で、後方安全性も高まっています。

さらに、初めて「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」に、予約クローズ機能を追加。予約ボタンを押してクルマから離れると、テールゲートを自動で閉めることができます。

エントリーグレードは「e:HEV X」約24万円の価格差

エントリーグレードも、装備差の細かな違いはあれど、大まかな機能や使い勝手は同じ。X→Zのグレードアップで約24万円となるため、例えば「アーバンスタイルを選びたいけど、予算内で収めたい」という場合は、Xを選んで外装パッケージオプション分の予算を確保する、というのもアリでしょう。

「e:HEV PLaY」なら内装色やボディカラーで個性を表現できる

ヴェゼル e:HEV PLaY サンドカーキ・パール&ブラック フロント

「e:HEV PLaY」は、アクティブでスタイリングな外装や専用パーツが特徴の、ツートンカラーグレードです。

ただし、e:HEV Zに装備される「LEDアクティブコーナリングライト」や、フルLEDヘッドライトのオートレベリング機構はe:HEV PLaYでは装備されません。また、駆動方式はFFのみとなります。

e:HEV PLaY専用エクステリア

  • カラーバーオーナメント付フロントグリル
  • ピューターグレー塗装フォグライトガーニッシュ
  • パッションレッド加飾ドアロアーガーニッシュ

フロントグリルの向かって右上に、白・青・赤のカラーバーオーナメントが配置されます。

また、車をサイドから見たとき、ドア下(ガーニッシュ部分)に赤いラインが入ります。

e:HEV PLaY専用インテリア

  • グレージュコンビシート
  • オレンジステッチ本革巻ステアリングホイール
  • Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器(ナビゲーション連動)

他グレードのインテリアカラーがブラックなのに対し、e:HEV PLaYはグレーとベージュのツートンカラー風コンビシートを採用しています。

また、e:HEV PLaYのみ、ナビではなくHonda CONNECTディスプレーが標準装備となっています。(他グレードはメーカーオプション)

パノラマルーフ(サンルーフ)が標準装備!

ホンダ 2代目ヴェゼル パノラマルーフ

e:HEV PLaY最大の特徴は、このクラスのホンダSUVには珍しく、サンルーフが設定されることでしょう。「パノラマルーフ」は前席側と後席側で2枚のガラスルーフが埋め込まれており、開放感のあるドライブが楽しめます。

Z→PLaYで約40万円の価格アップとなりますが、ほとんどがこのサンルーフとディスプレーオーディオ分の料金と言ってよいでしょう。

外装のオシャレなワンポイントデザインのアップグレードこそあれど、シートのクオリティがアップしているわけではありませんが、サンルーフは査定時にプラスになるため、将来的に売却を考えているのであれば「アリ」の選択肢でしょう。

新型ヴェゼルの燃費はどのくらい?

WLTCモード燃費
*km/L
ハイブリッド
FF
ハイブリッド
4WD
ガソリン
FF
ガソリン
4WD
平均24.8
~25.0
22.017.015.6
市街地モード24.5
~24.7
21.812.812.1
郊外モード26.7
~27.1
23.717.716.2
高速道路モード23.8
~23.9
21.119.217.3

新型ヴェゼルのメインパワートレインであるハイブリッドの燃費は、21km/L超えと優秀な数値です。FFハイブリッド車は街乗りメインのユーザーでも、かなりガソリン代をおさえることができそうです。

新型ヴェゼルのボディカラーは全11色

新型ヴェゼルのボディカラーラインナップは、「G」「e:HEV X」「e:HEV Z」ではワントーンカラー全6色、「e:HEV PLaY」はツートンカラー全5色を選択できます。

G・e:HEV/X・e:HEV Zのカラーリング

カラー名称
プレミアムサンライトホワイト・パール
プラチナホワイト・パール
メテオロイドグレー・メタリック
プレミアムクリスタルレッド・メタリック
クリスタルブラック・パール
サンドカーキ・パール

e:HEV PLaYのカラーリング

カラー名称
プレミアムサンライトホワイト・パール&ブラック
メテオロイドグレー・メタリック&ブラック
クリスタルブラック・パール&シルバー
ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー
サンドカーキ・パール&ブラック

リセールバリューが高いのは「e:HEV Z」以上か

サンルーフが標準設定となる「e:HEV PLaY」は、査定時に加点されるでしょう。装備内容を踏まえると、「e:HEV PLaY」はもちろん、「e:HEV Z」もリセールバリューが高くなると予想されます。

オプションで「Honda CONNECTディスプレー」を選んでおくと付加価値が高まりますが、基本的にナビ・オーディオが標準装備となっているため、大きな差はないと思われます。

新型ホンダ ヴェゼルのおすすめグレードやオプションをおさらい

編集部おすすめは「e:HEV Z」

ヴェゼル e:HEV Z(FF) プレミアムサンライトホワイト・パール フロント

新型ホンダ ヴェゼルのおすすめグレードは「e:HEV Z」です。進化したホンダセンシングの機能「ブラインドスポットインフォメーション」を搭載するなど、安全性&快適性のバランスが取れている、使い勝手のよさが魅力です。

おすすめオプションは「Honda CONNECTディスプレー」

新型ホンダ ヴェゼルのおすすめオプションは「Honda CONNECTディスプレー」です。特に、ホンダトータルケアプレミアムの利用を考えている人は、ギャザズナビよりディスプレーオーディオがダンゼンおすすめです。

e:HEV PLaYでは標準搭載となりますが、e:HEV Zを選択した場合はギャザズナビからこちらのディスプレーオーディオにアップグレードしておきましょう。

また、Honda CONNECTディスプレーを選択すると、マルチビューカメラシステムも選べるようになります。駐車時の安全性を高めたい人は一緒に選んでおくと安心です。

すでに納車が来年というユーザーも出てきている新型ヴェゼル。実際に試乗・商談・購入した人からのコメントもお待ちしております!

ホンダ ヴェゼルの総合情報はこちらにまとまっています

ホンダのSUV 現行ラインナップはこちら

ホンダの新車で買える現行ラインナップはこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード