MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > ステップワゴン > ホンダ ステップワゴン維持費はどれくらい?購入後の維持費内訳と金額を算出
ステップワゴン

更新

ホンダ ステップワゴン維持費はどれくらい?購入後の維持費内訳と金額を算出

ホンダ ステップワゴンを購入した場合、購入後の維持費はどのくらい必要になるでしょうか。税金や車検費用、ガソリン代についてそれぞれの金額を算出しました。

ホンダ ステップワゴンの購入後にかかる維持費

ホンダ ステップワゴン

現在5代目を迎えているステップワゴンは、1996年の誕生以来高い人気を誇っています。2017年にはマイナーチェンジが行われ、2020年にはグレード体系が一部整理されました。現在のモデル構成は、標準モデルの「G」、「G・EX」にカスタム仕様の「SPADA(スパーダ)」の3種類。

さらに「SPADA」には「e:HEV」と呼ばれるハイブリッドも加わっています。ガソリンモデルのパワートレインにはターボエンジンが採用されており、力強い走行性能を味わうことができるでしょう。

またハイブリッドモデルに採用されている「e:HEV」はホンダ独自で開発が行われた「ストロングハイブリッドシステム」。環境性能と走行性能の両立を図ったハイブリッドです。ステップワゴンのエクステリアは丸みのある柔らかなデザインが採用されています。

対するSPADAは精悍な印象を与えるフロントグリルで、スタイリッシュなデザイン性が魅力。またステップワゴンといえば、「わくわくゲート」の採用も見逃せません。さまざまな新しい魅力を発信し、幅広いユーザーを獲得し続ける車がステップワゴンなのです。

この記事では以下の4つの維持費について解説していきます。

自動車税種別割(自動車税)毎年4月1日時点で車を所有している場合に課せられる税金。排気量が大きいほど高くなる。
自動車重量税車両重量や経過年数などに応じて課せられる税金。
車検費用法定費用(自動車重量税・自賠責保険料・検査手数料)や、車検を受けた場所(整備工場など)への点検・整備費用などがある。
ガソリン代車の走行には欠かせないガソリンにかかる費用。

自動車税種別割(自動車税)

©Monthira/stock.adobe.com

自動車税種別割(自動車税)は、毎年4月1日時点で車を所有している場合に課せられる税金です。排気量0.5リットルごとに税額が設定されており、排気量が大きければ大きいほど高くなります。

自家用乗用車の税額一覧表

排気量税額
1リットル以下25,000円
1リットル超~1.5リットル以下30,500円
1.5リットル超~2リットル以下36,000円
2リットル超~2.5リットル以下43,500円
2.5リットル超~3リットル以下50,000円
3リットル超~3.5リットル以下57,000円
3.5リットル超~4リットル以下65,500円
4リットル超~4.5リットル以下75,500円
4.5リットル超~6リットル以下87,000円
6リットル超110,000円

ホンダ ステップワゴンの自動車税種別割(自動車税)

対象グレード総排気量自動車税種別割(自動車税)
ガソリンモデル全グレード1,496cc30,500円
ハイブリッドモデル全グレード1,993cc36,000円

2021年4月1日から2023年までに新規購入した場合、グリーン化特例の基準を満たす車種に該当するのは電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド、天然ガス自動車です。これらの車種には翌年度も概ね75%減税が適用となります。

ステップワゴンには、「G」、「SPADA」といったガソリン車と、「e:HEV SPADA」などのハイブリッド車がラインナップ。どのグレードもグリーン化特例が適用される車種には該当していないため、通常の排気量別自動車税が適用されます。

ガソリンモデルの排気量は1,496ccなので「1L超~1.5L以下」に該当し、税額は30,500円。またハイブリッドモデルの排気量は1,993ccとなり「1.5L超~2L以下」で36,000円の税額ということになります。

自動車重量税

©Eisenhans/stock.adobe.com

自動車重量税は車の重量や経過年数などに応じて課せられる税金です。自家用乗用車の場合、車両の重さ0.5tごとに税額が変わります。自動車の新規購入時あるいは車検時に車検証の有効期間分をまとめて支払う必要があります。

自家用乗用車の税額表(新車新規登録時:3年分)

車両重量エコカーエコカー
(50%減)
エコカー
(25%減)
エコカー外
(軽減なし)
0.5t以下免税3,700円5,600円12,300円
0.5t超~1t免税7,500円11,200円24,600円
1t超~1.5t免税11,200円16,800円36,900円
1.5t超~2t免税15,000円22,500円49,200円
2t超~2.5t免税18,700円28,100円61,500円
2.5t超~3t免税22,500円33,700円73,800円

ホンダ ステップワゴンの自動車重量税

対象グレード車両重量自動車重量税
ガソリンモデル(2WD/4WD)SPADA Cool Spirit、SPADA、
G-EX(メーカーオプション2列目6:4分割ベンチシート装着車の4WD)、G
1,660~1,770㎏22,500円
ガソリンモデル(4WD)SPADA1,750kg 49,200円
ハイブリッドモデル(2WD/4WD)全グレード1,790~1,820㎏免税

エコカー減税の適用車基準は、「平成30年度排出ガス規制50%低減、かつ令和2年度燃費基準を達成している」車であること。そして「令和12年度燃費基準」をどの程度達成しているかによって税率が異なってくるものです。

ステップワゴンの「e:HEV SPADA G・EX」、「e:HEV SPADA G (メーカーオプションの1列目シート用i-サイドエアバッグしステム+サイドカーテンエアバッグシステム装着車)」は「2030年度燃費基準」を95%達成しています。

また「e:HEV SPADA G」のメーカーオプションの1列目シート用i-サイドエアバッグしステム+サイドカーテンエアバッグシステム装着車以外でも90%を達成。そのためハイブリッド車は全グレードにおいて、「エコカー減税」の対象となり免税が適用となります。

ガソリンモデルの「SPADA Cool Spirit」、「SPADA」、「G-EX(メーカーオプション2列目6:4分割ベンチシート装着車の4WD)」、「G」は「燃費基準」を60%達成。車両重量「1.5t超~2t以下」に該当するので、25%の減税額が適用されます。そのため22,500円の税額となります。

また4WDの「SPADA」はエコカー減税の対象となっていないので、通常の重量税が適用されることに。車両重量「1.5t超~2t以下」に該当するので、49,200円になります。

車検費用

©Kumi/stock.adobe.com

車検は、新車を購入した場合は3年後、以降は2年ごとに受ける必要があります。法律で定められた義務であり、安全な状態で車を走行させるために専門家の検査を受け、必要なメンテナンスを施します。その際は法定費用(自動車重量税・自賠責保険料・検査手数料)や、車検を受けた場所(整備工場など)への点検・整備費用を支払わなければなりません。

法定費用①車検時の重量税

自家用乗用車の税額表(車検時:2年分)

車両重量エコカーエコカー
(本則税率)
エコカー外
(軽減なし)
エコカー外
(13年経過)
エコカー外
(18年経過)
0.5t以下免税5,000円8,200円11,400円12,600円
0.5t超~1t免税10,000円16,400円22,800円25,200円
1t超~1.5t免税15,000円24,600円34,200円37,800円
1.5t超~2t免税20,000円32,800円45,600円50,400円
2t超~2.5t免税25,000円41,000円57,000円63,000円
2.5t超~3t免税30,000円49,200円68,400円75,600円

*本則税率とはエコカー減税などの割引の無い正規の税率

ホンダ ステップワゴンの車検時の自動車重量税

対象グレード車検時の自動車重量税
ガソリンモデル(2WD/4WD)SPADA Cool Spirit、SPADA、
G-EX(メーカーオプション2列目6:4分割ベンチシート装着車の4WD)、G
20,000円
ガソリンモデル(4WD)SPADA32,800円
ハイブリッドモデル(2WD/4WD)全グレード20,000円

エコカー減税が適用されるのは、2021年5月1日~2023年4月30日までに初回継続検査の場合で、自動車重量税が免税されるのは2030年燃費基準を120%達成した車のみです。該当するのは電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド自動車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル乗用車のこと。

ステップワゴンのe:HEVはハイブリッド車なので、車検時に支払う自動車重量税は、エコカー減税適用除外となります。そのためエコカーの本則税率が適用されることになり、「1.5t超~2t以下」に該当し、20,000円の税額です。

またガソリンモデル「SPADA Cool Spirit」、「SPADA」、「G-EX(メーカーオプション2列目6:4分割ベンチシート装着車の4WD)」、「G」でおいても同様で、エコカー本則税率が適用され、「1.5t超~2t以下」となるため、20,000円の税額となります。4WDの「SPADA」についてはエコカー外となり、「1.5t超~2t以下」の車両重量で32,800円です。

法定費用②自賠責保険料

自家用乗用車:2年分20,010円

自賠責保険の保険料は、どこの保険会社でも一律の金額です。『損害保険料率算出機構』において公正で妥当な保険料となっているかを毎年検証、決定されているようです。『一般社団法人 日本損害保険協会 SONPO』によると、保険機関の開始が2021年4月1日以降の自家用自動車の契約は20,010円となっています。

その他印紙代や車検整備・点検費用

この他、検査手数料とは車検の審査・車検適合証に関わる手数料が1,000円~1,200円ほど、車検を受けた場所(整備工場など)へ支払う点検・整備費用が発生します。

点検・整備費用は車種や車の状態、整備内容などによって異なります。

ガソリン代

©beeboys/stock.adobe.com

本記事執筆時の以下の年間走行距離、ガソリン価格(全国平均)を参考に、年間のガソリン代を算出しました。

  • 自動車の年間走行距離:平均6,316㎞
  • ガソリン価格(全国平均):レギュラー152円 2021年6月現在
対象グレードWLTCモードガソリン代(年間)
ガソリンモデルSPADA Cool Spirit(2WD)SPADA(4WD)15.4km/L62,339円
ガソリンモデル(4WD) SPADA Cool Spirit15.0km/L64,002円
ガソリンモデル (2WD) SPADAG・EX、G15.8 km/L60,761円
ガソリンモデル (4WD)G・EX、G15.2km/L63,160円
ハイブリッドモデル (2WD)E:HEV SPADA G・EXE:HEV SPADA G25.0km/L38,401円

ホンダ ステップワゴン 購入後3年間の維持費一覧表

ガソリンモデル(2WD)SPADA ハイブリッドモデル(2WD)e:HEV SPADA G・EX
自動車税30,500円36,000円
重量税22,500円免税
車検時法定費用40,010円40,010円
ガソリン代(3年)182,284円115,203円
合計金額275,294円191,213円

※車検費用は受ける場所や検査内容によって異なる場合があります。
※任意保険料や駐車場代、高速道路利用料金などの別途費用も発生します。
※上記の金額はあくまでも目安となります。

以上、購入後の維持費について解説しました。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

維持費に関するおすすめ関連記事

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード