MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

インテグラ

更新

『ホンダ インテグラ』歴代モデルの歴史と現在の評価は?【日本の名車】

インテグラ タイプRの歴史

初代インテグラ タイプR(3代目インテグラ 後期型より)

初代インテグラ タイプR 前期型

ホンダ インテグラ タイプR クーペ 1995年式(前期型)

初代インテグラ タイプR後期型

ホンダ インテグラ タイプR 1999

初代ホンダ インテグラタイプR 4ドア

インテグラ タイプR ハードトップ 1995

3代目インテグラ後期型が発売となった1995年から、ハイパフォーマンスモデルである「インテグラ タイプR」がラインナップに加わります。

初代インテグラ タイプRでは、通常のエンジンからピストン、カムシャフト、インテークマニホールド、エキゾーストマニホールド、ECUなどチューニングを施して200馬力も発揮しており、レカロ製スポーツセミバケットシートも標準で装備されていました。

また、初代タイプRにも前期型と後期型があります。違いは、タイヤ幅、ホイールのインチサイズ、フレームの強化足回りなど。外観にはわかりにくいところがかなり変わっています。

2代目インテグラ タイプ(4代目インテグラより)

2代目インテグラ タイプR後期型

インテグラ タイプR 2004 DC5

4代目インテグラにモデルチェンジした際、タイプRがラインナップしました。

フルモデルチェンジによりボディサイズが拡大し、車重が100キロ重くなっていたため、2代目タイプRにはブレンボ製ブレーキキャリパーが搭載されていました。

2004年にマイナーチェンジでヘッドライトの変更とサスペンションが改良。さらに、盗難が多かったため、対策としてイモビライザーが標準装備されました。

2代目ホンダ・インテグラタイプRのCM

「イマジング!(創造せよ!)」とサングラスをかけた男性が叫ぶ演出がかなり印象的だったCMです。

FF嫌いの土屋圭一も唸ったインテグラタイプR

元プロドライバーのドリキンこと土屋圭一氏も、インテグラタイプRを非常に高く評価しています。

基本的にFFよりもFR車を好む土屋圭一氏ですが、そんな彼もインテグラタイプRのあまりの出来の良さに驚き、どのプロドライバー、カージャーナリストもインテグラタイプRを絶賛していました。

歴代インテグラタイプRのスペック・燃費

  初代インテグラ タイプR 2代目インテグラ タイプR
  3ドアクーペ 4ドアセダン 3ドアクーペ
車名型式 GF-DC2 GF-DB8 ABA-DC5
全長(mm) 4,380 4,525 4,385
全幅(mm) 1,695 1,695 1,725
全高(mm) 1,330 1,365 1.385
ホイールベース(mm) 2,570 2,620 2,570
乗車定員(名) 4 5 4
車両重量(kg) 1,080 1,120 1,180
燃費性能(km/L)
※10・15モード走行
12.8 12.8 12.4
エンジン型式 B18C K20A
エンジン種類 直列4気筒DOHC4バルブ
排気量(L) 1,797 1,998
最高出力(PS/r.p.m.) 200/8,000 220/8,000
最大トルク(kg-m/r.p.m.) 19.0/6,200 21.0/7,000
トランスミッション 5速MT 6速MT
サスペンション前 ダブルウイッシュボーン式 マクファーソン式
サスペンション後 ダブルウイッシュボーン式

ホンダ シビックタイプRについてはこちら

ホンダ・インテグラの評価

絶版となってしまったインテグラですが、現在も乗っているオーナーはどのような評価をしているのでしょうか。

2代目インテグラタイプRのレビュー

「荷物が載る、4人乗れる、サーキットから町乗りまでこなす、燃費も悪くないというバランスの良い車」
「乗り心地は良くないが、スポーツカーなのだから当然というレベル」
「流れるようなボディラインはまさにクーペの王道」
「乗っていて楽しい、長く付き合っていけると思う」

4代目インテグラisのレビュー

「運転はしやすい」
「トランクスペースもゴルフバック車内が広く、窮屈に感じない。荷物を沢山積むことができる」
「エンジンの音が静かで快適」
「デザインがおしゃれ」

スタイリング、運動性能、燃費、室内空間すべてにおいて高評価であり、ユーザーの満足度は高いようです。

このような素晴らしい車が絶版となってしまったことは非常に悔やまれます。

ホンダ インテグラの中古車情報

最新「インテグラ」中古車情報
本日の在庫数 75台
平均価格 142万円
支払総額 46~528万円

ホンダ インテグラのカスタム例

3代目ホンダ インテグラのカスタム例

4代目ホンダ インテグラのカスタム例

日本のスポーツカーの歴史にインテグラは欠かせない

インテグラが多くのユーザーに愛された理由は、ユーザーからの声に率直に答えた車であることです。

インテグラのモデルチェンジやマイナーチェンジは、ユーザーの不満の声を受けたホンダがそのまま改善した箇所が多く、さらに300万円以下の価格で本格スポーツカーである「タイプR」が購入できるというスポーツカーに憧れたドライバーの味方でした。

そしてFFがスポーツカーに不向きという概念を打ち破る日本のスポーツカーに大きな影響を与えました。

人気のスポーツカーのランキングについてはこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード