MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > フィット > 「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパクトカーの特許を出願
フィット

更新

「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパクトカーの特許を出願

ホンダの出願したEV特許が気になる!

出典:日本国特許庁

ホンダは2022年5月23日、バッテリーを搭載した車両の特許を「電池パック搭載車両」として出願しました。

特許には2列シートのコンパクトカーが描かれており、座席のフロア下に電池パック(バッテリー)を備えていることがわかります。

なお、特許そのものは「車体の重量を増加させることなく電池パックの変形を抑制できる電池パック搭載車両」としており、特定の新型車と直接関係するものではありません。

フィットに追加予定のスポーティグレード「RS」の開発車両をスクープ

「フィットEV」が復活する?

フィットEV(2012年)

ホンダが販売する2列シートのコンパクトカーとして真っ先に思い浮かぶのは「フィット」です。フィットは2012年、自治体や企業に向けてリース販売された「フィットEV」というモデルが存在しました。

それ以前にも「EV Plus」というニッケル水素電池搭載の電動車両を国内でリース販売するなど、電動コンパクトカーを導入する取り組みはこれまでに何度かありました。

現行フィットと特許画像を重ねた画像
細かい部分は異なるが形状はかなり似ていると言える

今回発見されたバッテリー搭載のコンパクトカーは、もしかしたら現行モデルに追加、または次期型モデルに設定される復活版フィットEVなのかもしれません。

商標のみ確認されていたホンダ「プロローグ」がGMと共同開発で登場

2030年までの登場に期待

ホンダが2022年4月12日に公開したスライド

ホンダは2022年4月12日に実施した四輪電動ビジネスの取り組みについての会見で、2030年までにグローバルで30車種の電動モデルを投入することを発表しています。

あわせて、2023年には新たな電動化モデル3車種の投入計画があることも明かしました。

ただ、この3車種については欧州や中国に投入する「e:Nシリーズ」のことだと思われます。フィットEVが登場するにしても2024年以降になるでしょう。

2024年前半には軽EVも登場

ホンダが2022年4月12日に公開したスライド

2024年には商用ではありますが軽EVの投入計画もあります。2022年5月20日に発表された「日産 サクラ」や「三菱 eKクロスEV」のような乗用軽EVも予定されていますが、まずは商用からとなりそうです。

ちなみにこの会見ではNSXやプレリュードのようなスポーツモデルが電動モデルとして復活することを示唆する内容も含まれていました。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

ホンダの最新情報はこちら

北米発表の新型HR-V、日本では「ZR-V」としてデビューが決定

「ホンダがエンジンをやめるなんて…」2040年までにガソリン車は販売終了

その他国産メーカーの新型車情報はこちら

ゲームチェンジャーとなるか?日産の新型軽EV「サクラ」がついに発売へ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード