MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 「いい車なら名前はなんでもいい」!?なんでこの車にこの車名?三菱編【推し車】
メーカー・車種別

更新

「いい車なら名前はなんでもいい」!?なんでこの車にこの車名?三菱編【推し車】

既存車のモデルチェンジや、新型車へ伝統の車名を復活させた際に時々起きる「なんでこの車にこの車名?」という疑問。

もともと名乗っていたクルマが輝かしい歴史を誇る傑作だったり、カッコイイスポーツカーという「前歴」があるほど、受け継いだクルマにとってはプレッシャーになりますが、それにしてもこれは…というケースもあります。

その逆に「これは名車のネームバリューを活かした方がよかったのでは?」という例も含め、今回は三菱車で「なんでこの車にこの車名?」を紹介しましょう。

ミラージュ(6代目・現行モデル・2012年)

車格を考えればコルトが妥当では?

三菱 ミラージュ(6代目・2012年発売時の初期型)

副変速機を駆使して、実質4速×2=8速ATとして使える「スーパーシフト」を持った初代、1.6リッターターボの3代目と、リッター100馬力を超える175馬力の1.6リッターMIVECエンジンを誇った4/5代目の「サイボーグ」系でスポーティな要素が強かったミラージュ。

トールワゴンのミラージュディンゴ(1999年)はまだ、同じ販売系列(カープラザ店)の同クラス派生車と思えば許せたものの、2012年に当初リッターカー、後に1.2リッター車として復活した6代目ミラージュは、過去のミラージュを知っていれば肩透かしなクルマです。

もちろん、タイ製の安価なコンパクトカーとしては妥当なのですが、車格を考えればミラージュより下の「コルト」を受け継いだ方が、まだシックリしたかもしれません。

エクリプスクロス(2018年)

昔のスポーツクーペにクロスをつけてもピンと来ない

三菱 エクリプスクロス

当初1.5リッター直噴ターボ、後にクリーンディーゼルを追加したかと思えば、短期間でPHEVに置き換わるなど、パワーユニットをコロコロ変えつつ進化するエクリプスクロスは、コンパクトSUVとしては先進的でパフォーマンスも高いクルマと言われています。

しかし、もともとエクリプスの名は北米を中心に人気があり、日本でも少数ながら輸入販売されたクーペ/オープンスポーツカーに使われており、日本での販売は2006年(3代目エクリプススパイダー)で終わっていたとはいえ、往時を覚えている人も少なくありません。

昨今のSUVでありがちな、ベース車+クロスを追加した「○○クロス」という車名にしては、エクリプス自体北米でも2012年に販売終了しており、全くの無関係でした。

eKクロス(2019年)

いっそ「デリカD:1」でよかったのでは?

三菱 ekクロス

eKクロスという車名自体は、4代目eKワゴンをベースにした軽クロスオーバーとして妥当だとは思いますが、その姿を見れば見るほど毎回疑問に思うのが、「ここまでそれっぽいデザインにしておきながら、なぜデリカD:1を名乗らなかったのだろう?」という疑問です。

現在のデリカ系は主力のデリカD:5に加え、スズキ ソリオOEMのデリカD:2、さらにかつては日産 バネットNV200のOEM版デリカD:3もあり、フロントのダイナミックシールドでeK系列よりデリカD:5と似たeKクロスがデリカD:1を名乗れば、インパクトは抜群。

スーパーハイトワゴン版eKクロス スペースもデリカD:1スペースだって構わなかったはずで、いかに軽自動車とはいえ頑なに「eK」ブランドへこだわったのか……

もしデリカD:1を名乗れば、D:5の末っ子として一緒に紹介される機会が、もっと増えたかもしれません。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード