MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 王者に勝つのは難しいからOEMにしよう?市場を圧巻する「商用車」の勝ち組たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

王者に勝つのは難しいからOEMにしよう?市場を圧巻する「商用車」の勝ち組たち【推し車】

かつて「商用車」、それもライトバンや軽1BOX車、軽トラックは各メーカーが力を入れてきた分野でしたが、1990年代から需要が減っていって他社からのOEM供給で済ませる事が増え、2000年代にはその流れが加速していきました。

そして2020年代になると、未だ軽1BOX商用車と軽トラで争うスズキとダイハツを除き、その他の分野は圧倒的なシェアを誇る1社と、もう1社くらい細々と続く程度。

今回は2000年代に現れ、2020年代に市場を制している3台の勝ち組商用車を紹介しましょう。

トヨタ プロボックス(2002年)

仕事からレースまで活躍する、ライトバンの超ロングベストセラー

トヨタ プロボックスGX(2014年ビッグマイナーチェンジ後、2018年追加のハイブリッド車)

2000年頃には、カローラ/スプリンターバンとカルディナバンへとライトバンの車種統合を進めたトヨタが、それらの後継として開発した、ライトバン/ステーションワゴン専用車(乗用登録のワゴンは2013年で廃止)。

2020年に「トヨタ」ブランド全販売系列が全車種取り扱いへ移行したのに伴い、姉妹車サクシードが廃止されてプロボックスに一本化されました。

実用性全振りのビジネスバンとして考え抜かれた使い勝手だけでなく、動力性能は平凡ながらエンジン特性やギア比の最適化で加速性能は優れており、デビュー当時の販促映像にはライバルの日産 ADバンとの加速比較もあったと言われています。

2014年のビッグマイナーチェンジで大きく姿を変え、2018年にはハイブリッド車を追加するなど改良を続けて販売台数でライバルに大差をつけ、ワンメイクレースや、近年ではリフトアップでSUV風のカスタムなど、一般での人気も高いモデルです。

最新「プロボックス」中古車情報
本日の在庫数 975台
平均価格 113万円
本体価格 39~345万円

トヨタ ハイエース(5代目・2004年)

国産1BOX車の横綱にはモデルチェンジなど不要?!

トヨタ ハイエースバン(5代目H200系)

東京オートサロンではカスタムベースの定番、盗難被害の多さでも知られる大人気車種で、今や軽自動車を除く1BOX車の代名詞的とも言えるハイエースですが、現行の5代目H200系は2022年でデビューから18年。

プロボックスと異なり大幅なデザイン変更すら行われておらず、海外仕様は2019年にセミボンネット付きの6代目H300系へ進化したにも関わらず、日本仕様は5代目のまま改良しつつ販売中で、噂されるモデルチェンジが不要とすら思えるほど高い完成度を誇ります。

多彩なボディバリエーションのうち、ワイドボディ仕様はデビュー当初に「室内幅1,880mmでキャンパー仕様は横向きに寝られる」との誤報(実際は全幅で、室内幅は1,705mm)まで流れたほどの堂々たる姿で、まさに1BOXバンの横綱。

ライバルの日産 キャラバンに販売台数で大差をつけており、現在はマツダにもボンゴブローニィとしてOEM供給されています。

最新「ハイエースバン」中古車情報
本日の在庫数 4793台
平均価格 292万円
本体価格 35~1,105万円

ダイハツ グランマックス(2020年・トヨタOEM版は2008年)

インドネシア製の頼れる小型1BOX貨物/トラック

ダイハツ グランマックスカーゴ

そんなクルマあったっけ?と思われそうですが、日本のダイハツでは2020年発売ですから無理もなく、日本では2008年にいきなりトヨタOEM版のみライトエース/タウンエースバン・トラックとしてデビュー。

先代ライトエース/タウンエースより小さく、基本的には拡大版ハイゼットなのに、ハイゼットカーゴのように助手席を前に倒して長尺物を積めないなど、当初は使い勝手の悪さを指摘されますが、結局は手頃な小型貨物車として普及します。

現在トヨタ版は車種整理でタウンエースに統合、バン同士の販売台数では同程度のライバル、日産 NV200バネットバンと異なり、トラックもラインナップしているのが特徴。

現在はもう1つのライバル、マツダ ボンゴが自社生産からグランマックスOEMへ移行(2020年)してトヨタ、ダイハツと3社で販売しており、海外製日本車では珍しく、不評で短命に終わらなかったモデルの1つです。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード