MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 今でも孫たちは現役!キムタクのCMから始まった国産クロスオーバーSUVの元祖たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

今でも孫たちは現役!キムタクのCMから始まった国産クロスオーバーSUVの元祖たち【推し車】

1990年代、日本では価値観の多様化によって、ミニバン、トールワゴン、ステーションワゴン、クロカン4WDが「新時代のマイカー」となり、それまで圧倒的な支持を受けていたセダンクーペを急速に駆逐していきます。

ただし、1980年前後からジワジワと人気が出ていたクロカン4WDが、「都市型ユーザーには不要な装備ばかりの重くて不経済なクルマ」だったのも事実で、各社とも全く新しいジャンルへと乗り出します。

それが乗用車同様のモノコックボディにオフローダー風のボディ、大径タイヤと高い最低地上高を得た「カタチだけのオフローダー」で、当初はシティオフローダーとも呼ばれた、国産クロスオーバーSUVの元祖たちです。

トヨタ RAV4(初代・1994年)

キムタクのCMで一気に市民権を得た、国産クロスオーバーSUV第1号

1990年代のRVブームへイマイチ乗れず、各ジャンルでライバルメーカーの後塵を拝してシェアを落としていながら、まだセダンの復権を狙うなど保守的な性格が強かった当時のトヨタですが、ようやく一矢報いる新型RVとして登場したのが、初代RAV4です。

全体的なフォルムはキャビンの広いズングリとした骨太のコンパクトカーといった趣でしたが、大径タイヤとリフトアップされて最低地上高の高いスタイルはオフローダーそのもので、意外や本格的なセンターデフ式フルタイム4WDにより悪路走破性も優秀。

それでいてデザインは泥臭さは感じさせず洗練されており、木村拓哉を起用したCMで「カッコいいクルマ」の仲間入りを果たし、5ドア車や3S-Gを搭載するスポーツモデルの投入も大当たり。

「砂漠でも走りに行くのか?」と言われ始めていたクロカン車から、クロスオーバーSUVへとブームが切り替わるキッカケを作りました。

ホンダ CR-V(初代・1995年)

「SUVとミニバンを売った金でF1をやるメーカー」と言われていた

ホンダ CR-V(初代)

トヨタ同様、RVブームに出遅れたホンダでしたが、オデッセイ(初代1994年)とステップワゴン(同1996年)でミニバンブームを過熱させ、いすゞやローバーからのOEM供給、ジープ チェロキーの輸入販売頼りだったSUVもついに独自モデルを投入します。

もちろんラダーフレーム式クロカン車など作ったことがないホンダですから、シビックがベースのモノコックボディに生活4WDそのものなデュアルポンプ式4WDでしたが、大径タイヤを履いて最低地上高が高いクロカン風デザインにしたのが大正解。

CR-Vを見たユーザーは、自分たちが一生走る機会もないであろう悪路の走破性に優れた「クロカンそのもの」より、快適性や操縦性、経済性に優れた「クロカンみたいな普通のクルマ」を求めている事に気づき、一斉に飛びつく大ヒット!

都会派デザインのRAV4と異なり、中身は普通に見えるCR-Vによって、クロカン4WDブームは終焉を迎えました。

スバル フォレスター(初代・1997年)

オン/オフ問わずのスバらしいスポーツSUV、誕生

スバル フォレスターT/tb(初代)

国産4WD乗用車の先駆者でありながら、レオーネ時代からの洗練されないイメージから脱却したいスバルにとってクロカン4WDブームは他人事であり、一応いすゞからOEM供給を受けたビッグホーンも車名すら変えなかったほどです。

WRCで活躍した初代レガシィRSやインプレッサWRXで4WDのオフロードイメージは十分と思っていたかもしれませんが、主要市場の北米でアウトバック(日本での当初名はレガシィグランドワゴン)がヒットした事もあってか、方針を転換。

いかにもスバルらしいスポーツワゴン型のボディにクロカン風のゴツいデザインを施し、最低地上高を上げれば4WDシステムはスバルの十八番で文句なし、ホットモデルには伝家の宝刀EJ20ターボも積むスポーツSUVですが、、フォレスターの誕生です。

どちらかといえばスポーツワゴン的なクロスオーバーSUVですが、スマートさを求めるユーザーにとってはよい選択肢となりました。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード