初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

酔いやすい人は必見!車の中で“読書をしても酔わない”方法

長いドライブの時間は少しでも有意義に使いたい、そんな風に思ってる方は多いはずですよね。車の中で読みかけの本を読んでしまいたいけど、車酔いしやすい体質だし…と躊躇ってしまうそこのあなたに是非読んでもらいたいのが本記事です。車内での読書の際に、気をつけたいポイントや車酔いの原因などを分かりやすくまとめてみました。

そもそも、車酔いは何故起きる?

そもそも、何故読書をしていると車に酔ってしまうのでしょうか?車に酔う原因には、以下のようなものがあります。

まず体の平衡感覚は、内耳の器官で調整されます。しかし乗り物の揺れやスピードの変化によって、人の限界を超えて刺激として脳に伝えられるので、自律神経の乱れにつながるのです。

結果として、めまいや吐き気などの症状が、乗り物酔いとして表れます。

例えば、停車中の電車から反対側へ動き出す電車を見ると、こちらが動き出しているのかと錯覚してしまいます。このように、目から入ってくる情報と、体で感じる情報のズレが乗り物酔いの原因ともなるのです。

他にもガソリンなどの臭いに刺激されて、乗り物酔いになることもありえます。

つまり、車の中で本を読んでいる時にずっと下を向いていると、今車がどのように動いているかを把握しづらくなり、身体の動きと視界による自分の認識にずれが生じてしまい、車酔いしてしまう、という事が考えられるんです。

他にも、車酔いの原因にはその日の体調や睡眠時間の不足などの、様々な種類があります。次の項目からは、車内で読書をする際に、気をつけたい点を見ていきましょう。

1.極度の空腹、または満腹の状態にならない

空腹、または満腹の状態は胃の動きが活発になり、平素でも気持ち悪くなる事は多々あります。そんな状態で身体の揺れる車に乗っていれば、もはや読書どころではないかもしれません。

空腹は自律神経を乱す一因にもなるので、小腹を満たしておく、くらいの食事はおすすめです。

2.身体をしめつける服を着ない

身体、特に腹部を締め付けるような服装は禁物です。胃の部分が押されていると、嘔吐感がこみ上げてしまう原因になります。

本を読んでいる時は下を向きがちですし、そもそも、前屈みになる事で胃が圧迫されやすくなっているんです。ネクタイやベルトはゆるめて、お腹周りをゆったりさせておきましょう。

3.本を見つめすぎない

車内での読書の際、ずっと下を向いて本ばかり見つめている事で、視界と身体の動きがずれていき、気分を悪くしてしまいます。また、揺れている車の中で細かい文字を追っていると、文字の小さなちらつきや揺れ方が気になって自律神経が乱れてしまい、これまた車酔いの大きな原因に。

空間の認識のずれは、車酔いの予防には大事なポイント。10分読んだら窓の外を見る、カーブでは必ず顔を上げる、などのルールを決めて、節度ある読書を心がける事が重要です。

「気にしすぎない」気持ちが大切

車酔いの原因を見てきました。

車酔いの原因の一つである、実際の身体の動きと自分の認識のずれ。車内で読書をするとそれを大きくしてしまう事が多いために、「車内での読書は酔いやすい」、というイメージにつながっているんです。

ですが、車酔いにはなんと、「私は車に酔いやすいんだ」「車に乗っていると、気持ち悪くなってしまう」と強固に思い込む事で自律神経に悪影響を与え、本当に酔いやすくなってしまう、という一面もあるのです。

「車の中で本を読むと、車酔いしてしまう」、という思い込みこそが、あなたの車酔いの原因だった、なんて事もあり得るかもしれません。

車内で読書を楽しみたい時は、上記の項目に気をつけつつも、「車には酔わないぞ」と気楽にしている事こそが、車酔いのための予防策としては一番大切な事なのかもしれません。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す