車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

妙義山ドライブレポ「妙義の谷は深いぜ」日本の峠#6

*この記事は、約3分で読めるように構成しました。

「妙義山とは?」を簡潔にまとめ


妙義山

・奇岩が頂上にある珍しい景観を持つ山。日本三大奇景のひとつで日本百景にも選ばれている。
・妙義山の中腹にある「さくらの里」は桜の名所。
・妙義山は、群馬県安中市、富岡市、甘楽郡下仁田町にまたがる。
・妙義山は、赤城山、榛名山とともに「上毛三山」のひとつ。
・妙義山は、本当の山の名前ではない。複数の山(相馬岳・御岳・白雲山・金洞山・金鶏山・丁須ノ頭・谷急山など)を構成する大きな火山体の名称。
・標高は白雲山相馬岳の1,104mが最も高い。
・妙義山の南側は「裏妙義」、北側は「表妙義」と呼ばれている。
・頭文字D(イニシャルD)の「妙技ナイトキッズ」のホームコース。リーダーは中里毅、車はR32 GT-R V-specII。


妙義山中腹からの眺め

明日使えないトリビア

・妙義山は登山では最上級の難易度に分類される。死亡、重傷となる遭難者が続出。
・上毛三山が望める地域の小学校では、運動会を紅白で分けず、「赤城」「榛名」「妙義」で分けるらしい。
・妙義の名は、後醍醐天皇に仕えた権大納言長親卿が、山を眺めての感想が「明々巍々(めいめいぎぎ:高く大きい、厳かで威厳のあるという意味)」であったことから「明巍」と名付けた。後に音だけが残り漢字が「妙義」となった。その理由は不明だが、たしかに妙な景観をした山である。

イニシャルD:妙義山のコース

ヒルクライムでは「道の駅みょうぎ」前の道路から「妙義公園駐車場」前の道路までがコース。ダウンヒルではその逆に。

妙義山へは、このクルマで行きました。


FIAT 500(チンクエチェント)ツインエア ラウンジ。背景の山は荒船山方面。

ちっちゃいけどグイグイ登る可愛くて頼もしい子でした。ちょっとノスタルジーな癖があるクルマだけれども、それに慣れればそこが愛おしくなる。そんなFIAT 500(チンクエチェント)。試乗レポートは下記から。

妙義山おすすめドライブコース


北妙義のふもと。一面に広がるのはコンニャク。

妙義山は上信越道「松井田妙義インターチェンジ」から近い。妙義山北側の表妙義から登り、裏妙義へ抜け降りて、世界遺産の地となる荒船山へ向かうのがおすすめ。

途中の立ち寄りポイントは、

・みょうぎ物産センター(道の駅みょうぎ):名物はこんにゃく
・さくらの里:桜の季節はぜひ。ただし混雑。
・中之嶽神社の妙義大福神:バカでかい大黒様

荒船山は、中之嶽神社近くの駐車場(イニシャルDのコース、スタート/ゴール地点)からも見える。

上記、次項の画像ギャラリーでご確認を。


妙義山ドライブ:画像ギャラリー

みょうぎ物産センター(道の駅みょうぎ)


道の駅みょうぎから、松井田妙義インターチェンジ方面への道。イニシャルD妙義山コースのスタート/ゴール地点。


妙義神社の鳥居。道の駅みょうぎから徒歩数分の至近距離。


妙義神社参道。


みょうぎ物産センター駐車場から妙義山を望む。画像では見づらいが中腹に遠くから読める「大」の字がある。これは妙義へ参ることができない女性お年寄りのため、遠方からこれを拝んで山へ参拝したことにするもの。チートではない。


駐車場から富岡市街を望む。


右側がみょうぎ物産センター。イニシャルDのコースでは最初/最後のコーナーになる。

みょうぎ物産センターから表妙義を登る…


この先は、イニシャルDのコーナーでは2つ目/ラスト2つ目になる。


少し登ったあとはしばらく平坦。

絶景ポイント


みょうぎ物産センターから妙義山を登りしばらく走ると、左手に「火の用心」が一文字ずつ描かれた看板のところに、車が止められるスペースがある。


道路脇から歩いて登れる自然道の入り口がある。


しばらく進むと、急な坂に。木に括られたロープが用意されていた。これを使って登ると…


山頂が見えてくる…


山頂の祠。背後に妙義山。


大パノラマ!がんばって行く価値あり。


足元見たら「山」の標が。

桜の名所「さくらの里」


妙義山を登る道から少し逸れた先にある「さくらの里」の入り口。春は桜トンネルに。


桜の木の下で撮影。脳内で画像に満開の桜を足してください。


「さくらの里」駐車場。背景はトイレ。


奥には「きのこ館」

「妙義の谷は深いぜ」


さくらの里を超えるとカーブと勾配がきつくなる。


ガードレールを超えて落ちると死が。「妙義の谷は深いぜ」はイニシャルD、妙義山をホームコースとする「妙義ナイトキッズ」のリーダー中里毅の名言。そのセリフの後には「せいぜい命だけは大切にした方がいいぜ」


ガードレールがないところも。


そろそろ山頂。

中之嶽神社、日本一の大きさを誇る大黒様


中之嶽神社は妙義山の山頂に最も近い道路脇にある。鳥居からは巨大な大黒様が見える。


中之嶽神社前の直線道路はイニシャルD妙義山コースのスタート/ゴール地点。


中之嶽神社を背に撮影。左手は妙義公園駐車場。駐車料金無料。


駐車場脇の道路から裏妙義への道に。ここからは下り。


妙義公園駐車場で撮影。


駐車場から荒船山方面を望む。背景に霞んで見える山頂が船のような平らな形をしているのが荒船山。

荒船山もレポートしますね。お楽しみに。

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智


妙義山で出会った「アサギマダラ」という名のアゲハ蝶。

この記事の執筆者

宇野 智(MOBY)この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集長。小学生時代の休日は自転車でディーラーを回る「カタログ少年」TVより諸元表を見ながらの食事を好んでいた。クルマの他、鉄道、航空機、船舶も愛する。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す