初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車の芳香剤 人気おすすめランキング&選び方や注意点【タイプ・男女別6選】

タイプや男女別おすすめアイテムなど、人気の車用芳香剤を6つのランキングで紹介します。車用芳香剤の選び方や置き方の注意点も。男子必見の女子ウケのいい芳香剤や、匂いが苦手な人のために消臭剤などもピックアップしています。

カー用品として人気の高い芳香剤!お気に入りを選ぼう

芳香剤は価格が比較的安いので導入しやすく、カー用品として人気があります。

新車は車内は、芳香剤を置かないと独特の臭いがして嫌だという人も。車を買って、まず最初に芳香剤を選びに行くという人も少なくありません。

芳香剤は種類が豊富で、どれを買っていいのか悩んでしまいます。芳香剤の選び方を知って、自分のニーズに合う芳香剤を探してみてください。

車の芳香剤の選び方はタイプ・置き場所 ・香り

芳香剤を選ぶ際には、芳香剤のタイプ・設置する場所・香りなどを考える必要があります。

それぞれを項目に分けて解説していきます。

タイプや置き場所から選ぶ

芳香剤を車内に置こうとしたとき、まずどこにどんな芳香剤を置くのか考えましょう。

とくに車内が狭い軽自動車やたくさんのカー用品を車内に設置している人は、自分の車のどの部分なら置いても邪魔にならないか、どのタイプなら安全かをシミュレーションする必要があります。

香りもデザインも楽しめるダッシュボード置型タイプ

この商品はダッシュボードに両面テープで固定して置く芳香剤です。インテリアにもなるような、おしゃれな見た目のものが多く販売されています。置型タイプの芳香剤には、

・固形タイプ
・液体タイプ
・ゲルタイプ

の3タイプがあります。

固形タイプ
樹脂やセラミックなどの素材に、香料を染み込ませたものが固形タイプ。激しく揺れる車内や、万が一芳香剤が倒れても中身がこぼれる心配がないのが特徴です。

揮発性が低く、開封後すぐに車内が香りでいっぱいになるわけではありません。しかし、香りの持続性に優れています。

コスパを気にする人や強い香りが苦手な人におすすめです。

液体タイプ
香水瓶のようなおしゃれなタイプの芳香剤です。揮発性が高く香りが広がりやすいことが特徴。

設置する際には水平な場所を選んでしっかり固定しないと、急ブレーキなどで車内が揺れたときに液体がこぼれたり、芳香剤が倒れて中身が流れてしまったりします。

液体がこぼれると強い匂いで悪臭の元になってしまうだけでなく、シートやダッシュボード、カーペットなどが変色してしまうことも。

ゲルタイプ
固形と液体の中間のゲルタイプは、固形タイプよりも香りが広がりやすく、液体タイプよりもこぼれにくい特性があります。

使い続けると香りが薄くなってくるので、香りが薄いなと感じたタイミングで買い換えをおすすめします。

見えないところでしっかり消臭!シート下用タイプ

芳香剤を目立たせたくない人には、シート下用タイプがおすすめです。芳香剤だけでなく消臭剤も多く販売されています。薄型デザインの芳香剤が人気です。

シート下に置くといっても、運転の妨げになる運転席のシート下は避けて置くようにしてください。

ワンポイントのインテリアにも!吊り下げタイプ

ルームミラーや車内のフックなどに吊り下げて使用できる芳香剤です。形や色、イラストなどデザインのバリエーションが幅広く、インテリアとしても大人気。

厚紙に香料を染み込ませたものや小瓶に入った液体タイプ、固形タイプが販売されています。

効率よく香りを広げるエアコン取付タイプ

エアコンの吹き出し口に取り付ける芳香剤です。エアコンの風に乗せて匂いを拡散。コンパクトですが拡散力が強く、車内全体に香りが広がります。

購入前には車の吹き出し口を確認し、芳香剤が取り付けられるかを確認しておくようにしましょう。

シートやエアコンにひと吹き!スプレータイプ

スプレータイプはシートや内張りなど、布の匂いが気になるという方におすすめです。芳香と消臭、両方の効果がある商品もあり、ひと吹きで手軽に効果を得られる点が人気です。

エアコンの匂いが気になるという人には、エアコン用消臭スプレーもあります。

アロマオイルを楽しめるディフューザータイプ

車内のシガーソケットに挿して使用するタイプが多い、車内用ディフューザー。アロマオイルやエッセンシャルオイルを日替わりで楽しめる贅沢さが人気です。

ほかの芳香剤よりディフューザーやオイルは値段が高めですが、お気に入りの香りがある人や、車内をプライベート空間にしてくつろぎのドライブを楽しみたい人におすすめします。

香りの種類で選ぶ

芳香剤の香りの種類は各社さまざまな名前で出しているため、たくさんあります。

たとえば、石鹸の香りは「シャボン」という名前で出ていることが多いですがメ、ーカーによってアレンジしているため、「ふんわりシャボンの香り」や「ムーンライトシャボンの香り」というように名前が変わっていることもあります。

人気がある香りをピックアップすると、「ホワイトムスク」「シトラス系」「ココナッツ系」があります。

この中でも一番人気があるのはホワイトムスク。ほのかに甘い香りの残る深みのある香りで、男女ともに人気があります。

次にシトラス系。爽やかな柑橘系の香り、夏場に好まれることが多いです。

最後はココナッツ系。ミルクっぽい甘さで、若い年代に好まれる香りです。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す