MOBY

ポルシェの歴史とルーツや車種の特徴を総まとめ【自動車の歴史】

車に詳しくない人でも「ポルシェ」という名は知っていることでしょう。スポーツカー・メーカーの代名詞「ポルシェ」のルーツとその歴史を現行モデル全車種の紹介をしながら、その魅力に迫ります!なぜポルシェがSUV「カイエン」とセダンの「パナメーラ」を作ったのか?その裏側にも迫ります!

ポルシェってどんな歴史が?そのルーツとは

ポルシェ エンブレム

いわずと知れた高級自動車メーカー、ポルシェ。
ドイツ南西部のシュトゥットガルトに本社を構え、スポーツカーとレーシングカーを中心に開発、製造しています。

自動車メーカーとしての始まり

フェリー・ポルシェによって、1948年に356.001が製造・販売された第1号ポルシェです。
↓写真は「ポルシェ 356 スピードスター」

かつてのポルシェは、自動車メーカーではありませんでした。
フェルディナント・ポルシェによって設立された『デザイン事務所』だったのです。
彼はフォルクスワーゲン・タイプ1を設計した技術者としても知られています。
息子フェリーによって自動車の製造、販売が開始され、現在では自社製品の開発だけではなく他社メーカーの設計や生産なども請け負っています。


356スピードス…
339.0万円
本日の在庫
9
平均価格
737.7 万円
本体価格
258 ~ 1380 万円

同族経営からの脱却したポルシェ

その後、ポルシェ一族は経営から手を引きます。
しかし依然として大株主ではあるので、まったく無関係というわけではなかったようです。
そして、現在のポルシェは歴史的に関係の深いフォルクスワーゲンの傘下、つまり子会社として運営しています。
かつてはフォルクスワーゲンの株を大量に持っていましたが、資金繰りに行き詰ったとのことです。

今はフォルクスワーゲンの傘下となったポルシェ

2005年にポルシェがフォルクスワーゲンの株式の20%を取得したことを皮切りに、株式取得の諸問題が噴出していた両社ですが、2012年8月1日にフォルクスワーゲン社がポルシェ社の全株式を取得し、ポルシェはフォルクスワーゲンの完全子会社、傘下となりました。

“憧れ”を提供するポルシェの代表車種とその特徴

『緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ』
山口百恵さんの有名すぎる曲の歌詞です。
力強い走りで、素晴らしいデザインのスポーツカーが走り抜けていく姿が目に浮かびます。
ポルシェは、そんな夢のようなスポーツカーを世界に提供し続けてきました。

それでは、ポルシェの代表車種とその特徴をご紹介していきます!

世界を圧巻した「ポルシェ・911」

ポルシェの代表的なスポーツカーといえば「911」です。
流れるようなデザインが特徴的なフォルムと丸目ヘッドライトは、初代がデビューした1963年より継承されています。
ポルシェ・911独特の走行フィーリングは運転する人の心を踊らせます。
登場以降、なお高い人気を誇るポルシェの看板車です。

ポルシェ・911の特徴:伝統のRRレイアウト

歴代のポルシェ・911に共通する特徴は「RR」の駆動方式、レイアウトを採用していることです。
現在はRRレイアウトの車が少なくなり、スポーツカーではポルシェが唯一となります。

ポルシェ・911の特徴:水平対向エンジン

ポルシェのエンジンといえば「水平対向エンジン」が筆頭に上がります。
これも歴代のポルシェ・911に共通する特徴となっています。


991カレラSカ…
1690.0万円
本日の在庫
700
平均価格
848.2 万円
本体価格
148 ~ 4980 万円

次のページ

この記事の執筆者