ランフラットタイヤとは?乗り心地等にデメリットが?空気圧や寿命と価格も紹介!

ランフラットタイヤは海外ではBMWなどが積極的に採用している次世代型のタイヤです。しかし、まだまだ普及率は高いとは言えません。ランフラットタイヤには大きなメリットがありながら、普及の妨げとなっているものは何なのでしょうか?

ランフラットタイヤとは

近年耳にする機会も増えたランフラットタイヤ。スポーツタイプの車にメーカーが標準で採用することもあります。
しかし、実際にランフラットタイヤを装着したことがあるという人はまだまだ少ないのではないでしょうか?

ランフラットタイヤとは空気圧がゼロになっても一定の距離を走ることができるタイヤです。つまりはパンクをしても走り続けることができるタイヤとなります。
このランフラットタイヤ、万が一の時は安心できる構造ですが、他にメリットやデメリットはあるのでしょうか?

今回は、そんなランフラットタイヤについてご紹介していきます。

ランフラットタイヤは大きく分けて2種類!

ランフロット

出典:http://nagatuta-tireshop.net/

サイドウォール強化タイプ

近年の乗用車に装着されるランフラットタイヤはほとんどがこのタイプです。名前の通りサイドウォール(側面)部分を強化しており、パンクして空気が抜けてもサイドウォール部分で車の重量を支えます。

中子タイプ

タイヤの内部が中子構造となっており、これにより、空気が抜けても形状を維持できます。
コストが高く、重量も多いため、一般車にはほとんど採用されていません。

ランフラットタイヤのメリット

出典:http://www.goo-net.com/

交通事故のリスク回避

ランフラットタイヤ最大の利点はパンクしてもある程度の距離は走れることです。目安はおおよそ80~100km程度。ではパンクしても走行できることでどんなメリットが生まれるのでしょうか。

まず、通常のタイヤはパンクしてしまうと、操縦性が著しく悪化し、車が制御できず事故を招く可能性があります。また、高速道路などでは安全な場所に停車できず、後続車に追突されてしまうなどの恐れも。

ランフラットタイヤであれば、そういった心配がなく、安全な位置まで自走することができます。タイヤを交換するにしても、修理するにしても、パンクは予測できないので、二次被害のリスクを大きく軽減することができます。

当然ですが、ランフラットタイヤの最大のメリットはパンクしても走れるという点となります。

車内スペースの有効活用

ランフラットタイヤを装着している車はスペアタイヤの積載が不要です。

多くの車はトランク下部にスペアタイヤを積んでいますが、その場所もトランクスペースとして活用できるので、実用性が向上します。もともと荷室が大きくないスポーツカーなどでは重宝しますね。

環境に優しく燃費が伸びる可能性も

スペアタイヤ1本と言えども、重量はそれなりにあります。スペアタイヤレスとなることで、車両重量の軽量化が見込めるので、燃費の向上も期待できます。

また、廃車の車はスペアタイヤが未使用のままということも多く、環境問題となっています。ランフラットタイヤはこういった無駄をなくすこともできるのです。

ランフラットタイヤのデメリット

乗り心地の悪化

ランフラットタイヤで一番多く言われるデメリットは乗り心地の悪化です。サイドウォール強化タイプのランフラットタイヤはタイヤ本来が持つゴムの弾力性が不足するので、乗り心地は悪化する傾向にあります。また極端に重い車の重量を支える事ができません。

価格はやや高め

ランフラットタイヤはノーマルのラジアルタイヤに比べて、価格は高めとなっています。しかし、近年は流通量も増えてきたので、以前い比べれば、購入しやすい価格になってきています。同時に乗り心地も初期の頃よりも改善されてきています。
価格が高いという点も、ランフラットタイヤの大きなデメリットと言えるでしょう。

タフなようでタフでない?

ランフラットタイヤはパンクしても走行できることがメリットですが、パンクした状態で走行すれば、サイドウォールの損傷は免れません。

普通のタイヤであれば、サイドウォールが損傷していなければ修理をしてその後も使用することができますが、ランフラットタイヤはパンクした状態で走行すれば交換が必要になる場合がほとんどです。

パンクしていても走れる反面、通常のタイヤとは異なる破損の仕方をしてしまうというのは、意外なデメリットですね。

ランフラットタイヤの価格や寿命は?

出典:http://www.car-maintenance.net/

ランフラットタイヤの価格は17インチ用だと安いもので15,000円台~購入が可能となっています。

交換時期に関しては通常のラジアルタイヤと同じでスリップサインで判断します。タイヤの溝が1.6mm以下になりスリップサインが出たら交換が必要です。

空気圧のチェックはまめに

ランフラットタイヤで気を付けたいのは空気圧の管理です。空気圧に関しては通常のタイヤよりもややデリケートと言えます。ランフラットタイヤはパンクしても80~100kmほど走行できることを売りにしていますが、普段適正な空気圧で走行していないと、万が一の時に、その保険となる距離が走れない可能性があるのです。

また、乗り心地が固いと言われるランフラットですが、空気圧が低いと固いサイドウォールが地面に接し、乗り心地はさらに悪化してしまいます。

ランフラットタイヤはこれからさらに普及していくか?

こちらの記事ではランフラットタイヤについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
欠点が少ないとは言えず、意外に取り扱いが難しいと感じた方もいるかもしれません。

しかし、ランフラットタイヤの歴史はまだまだ浅く、今後さらに改良されていく見込みは十分に有ります。

あともう少し価格が落ち着いてくれれば、装着してみたいという人も増えるのではないでしょうか。これからの進歩に期待ですね。

ランフラットタイヤの現在の最安値はこちら

└→専門コーナー

ランフラットタイヤ以外のタイヤに関するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す