MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > コンフォートタイヤはミニバンやSUVに最適?乗り心地やコスパは?
車検・メンテナンス

更新

コンフォートタイヤはミニバンやSUVに最適?乗り心地やコスパは?

コンフォートタイヤの特徴

タイヤ
©beeboys/stock.adobe.com

「コンフォート」とは「快適・安心」の意味。コンフォートタイヤとは、長時間走行していても乗り手に不快感を与えない乗り心地の良さが売りのタイヤです。メーカーによってはツーリングタイヤと呼ぶ場合もあります。

標準のタイヤに比べて溝のパターンを複雑にすることで、路面から伝わる音や震動を低減しています。

大抵のコンフォートタイヤは回転方向が指定されているため、タイヤローテーションを前後だけで行うという特徴もあります。

【タイヤのローテーション】やり方から目安時期、工賃・費用まで

乗り心地のよさがメリット

コンフォートタイヤは静粛性、快適性に優れており、乗り心地のよさをメリットとしています。

コンフォートタイヤは地面から伝わる騒音や振動を抑える効果が、通常のラジアルタイヤに比べて高くなっています。高速道路を長時間走行する人や、車内で音楽を楽しむために静かな車内環境を重視したい人におすすめです。

乗り心地以外もワンランク上

コンフォートタイヤという名称は、いかにも「快適・安全」だけに特化したタイヤに思われがちです。

しかし、乗り心地以外の面でも標準的なタイヤに比べるとワンランク上。BMWやベンツなどの高級車などにも、純正として扱われているケースが多いです。

コンフォートタイヤは通常のラジアルタイヤよりも、性能が総合的に高い、高級製品であると言えるでしょう。

コンフォートタイヤへの評価

タイヤ 走行中イメージ

コンフォートタイヤの欠点は価格が高いこと

コンフォートタイヤは、通常のラジアルタイヤに比べると性能がいい代わりに値段が上がってしまうのが大きなネックです。

また、オールラウンドに優れているものの、メーカーによって得意な性能に特徴が見られます。こだわりたい人には悩ましい選択を強いられることになるかもしれません。

運動性はスポーツタイヤの方が上

比較的スピードが出る高級車などの純正タイヤとして使用されることからも、スポーツ走行性能は通常のラジアルタイヤよりは高いと言えます。また、路面が濡れた状態のウェット性能なら、スポーツタイヤにも引けをとりません。

しかし、 タイヤに負荷をかけるような本格的なスポーツ走行においては、スポーツタイヤに比べると熱に弱く、耐久性ではさすがに劣っています。

もとより、運動性と快適性はどちらもタイヤに求められるものです。しかし、この2つの性能は対極に位置するため、どちらを重視するかによってコンフォートタイヤとスポーツタイヤにカテゴリー分けされています。

純粋に走りを楽しみたいのなら運動性に特化したスポーツタイヤを選びましょう。

スポーツタイヤおすすめ人気12選と選び方|初心者にはカジュアルタイプがおすすめ

ミニバンやSUVにおすすめ

ミニバンSUVなど、車重の大きい車は制動距離が長くなります。

また、ミニバンは重心が高いため、コーナーリングで外側のタイヤに負担がかかりやすいことも。家族など数人で乗るミニバンやスポーツ多目的車であるSUVも、通常よりもいいタイヤを考えたいところです。

そういった意味では、コンフォートタイヤはミニバンやSUV用に最適であると言えます。

【ミニバン用タイヤ】人気おすすめ8選と選び方|専用タイヤが安心の理由は?

ミニバンやSUVは専用タイヤが販売されている場合があります。それらの専用タイヤのなかで「コンフォートタイプ」が選択できるメーカーもありますので、乗り心地にこだわる人にはおすすめです。

【SUV用タイヤ】おすすめ人気ランキングTOP10|評価や性能で比較!

乗り物酔いしやすい人にも

家族でおでかけ

乗り心地のよさは、単なる車内空間の快適さだけでなく、乗り物酔いしやすい人にとってもありがたい要素です。

車の振動やふらつき、道路の継ぎ目での跳ねは、酔いやすい人にとって辛いもの。特にミニバンやSUVは車高が高いため揺れやふらつきを感じやすい人もいるようです。

車に酔いやすい家族がいる、小さい子どもがいるという人は、コンフォートタイヤを選択するのもおすすめです。

酔いやすい人は必見!車の中で“読書をしても酔わない”方法

コンフォートタイヤのコスパ

タイヤ

コンフォートタイヤがコスパに優れているかどうかは、サービスに対してどこまでお金を支払うことができるかと考えることに似ています。

価格のみを見ると、コンフォートタイヤは燃費性能や耐摩耗性に優れるエコタイヤより高い買い物になります。しかしそのぶん、静粛性、乗り心地に対してお金を支払っていると言えるのです。

同じく、速く走ることが好きな人にとってはスポーツタイヤは高くても買う価値があると判断するでしょう。自分の目的に合っている価値が提供されているからです。

コンフォートタイヤがコスパに優れているかどうかは、自分の目的に合った価値が提供されているかどうかで判断できるのではないでしょうか。

オールシーズンタイヤはスタッドレスと何が違う?冬タイヤ規制区間や雪道は走れる?

現在の人気タイヤの最新相場価格はこちら

タイヤ&ホイール国内最大級のオートウェイ

他にもこんなタイヤがあるって知ってた?

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム