初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

復活のワーゲンバス ID BUZZ(アイディバズ)最新情報!新型EVの発売日は2022年で価格は?

フォルクスワーゲン ワーゲンバス「 I.D. BUZZ(アイディバズ)」が東京モーターショーで公開!さらに、市販化されワーゲンバスが復活することが明らかになりました!本記事では新型ワーゲンバスの内装や外装とスペック、発売日予想についても紹介していきます。

新型EVワーゲンバス「I.D. BUZZ(アイディバズ)」最新情報

フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ)

フォルクスワーゲンは2017年8月19日にカルフォルニア州のペブルビーチにて新型EVワーゲンバス「I.D. BUZZ(アイディバズ)」のコンセプトカーを披露し、市販化することを発表しました。

「I.D. BUZZ(アイディバズ)のコンセプトは、世界で最も美しくてエキサイティングな電気自動車です。」とフォルクスワーゲンは伝えています。

本記事ではフォルクスワーゲン新型ワーゲンバス I.D. BUZZ(アイディバズ)の発売日や価格や燃費予想など最新情報をお届けしていきます。

東京モーターショー2017で I.D. BUZZ(アイディバズ)日本初公開!

フォルクスワーゲン ID.BUZZ 東京モーターショー2017_2

©MOBY

フォルクスワーゲン ID.BUZZ 東京モーターショー2017_1

©MOBY

10月開催の東京モーターショー2017で、I.D. BUZZが日本初公開されました。

VWバスを踏襲した親しみのあるデザインに、最新テクノロジーを融合させた未来のワーゲンバスということで、注目が集まりそうですね。
フォルクスワーゲンブースにはI.D. BUZZと合わせて9車種が展示予定です。

ワーゲンバスの復活を伝えるオフィシャル動画

新型EVワーゲンバスのコンセプト「I.D. BUZZ」の市販化が決定

フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ)

高い人気に牽引され、フォルクスワーゲンは、新型ワーゲンバスのコンセプト「I.D. BUZZ」の市販化モデルの販売計画を発表しました。
I.D. BUZZは乗員や荷物のための十分なスペースを提供しながら、VWのモジュラー電気駆動キット(MEB)を活用し、完全なEV車としてのドライビング体験を提供すると発表されています。
I.D. BUZZの市販化モデルは、米国、欧州、中国での発売になります。

新型EVワーゲンバスのコンセプトの紹介動画

新型ワーゲンバスID BUZZの実際の走行動画が公開!

新型ワーゲンバス「ID BUZZ」が、実際に走行しているシーンを写した動画が公式に公開されました。

未来的なデザインのID BUZZが走っている姿は、新鮮な感じがしますね。

新型EVワーゲンバスID BUZZの外装・エクステリアデザイン

フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ) (3)
フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ) (3)
フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ) (3)

フォルクスワーゲンのチーフデザイナーはID BUZZのの外装は「親しみやすさが大事」であると述べ、ツートンカラーとVWのエンブレムがT1ワーゲンバスを彷彿とさせるデザインとなっています。
特徴的な六角形のLEDヘッドライトや美しい曲線を描く外装でありながら、ID BUZZは懐かしさを感じます。

新型EVワーゲンバスID BUZZの内装・インテリアデザイン

フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ)
フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ)
フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ)
フォルクスワーゲン ID.BUZZ 東京モーターショー2017_5

©MOBY

白が基調の内装デザインはシンプルで洗練されています。
ハンドルはインストゥルメンタルパネルに押し込むと自動運転に切り替わり、タッチセンサーでドライブモードを変更できます。
I.D.Boxと呼ばれる大きなタブレットはスマートフォンと接続する機能を有し、モードを変えれば後部座席までスライド移動することもできます。

車内空間は8人が乗車しても広々としており、座席を折りたたむこと約4.6立法メートルの空間を作ることもできます。

フォルクスワーゲン新型EVワーゲンバスID BUZZのスペックは?

フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ)

新型ワーゲンバスID buzzのスペックは369馬力となっており時速0kmから96kmの加速が約5秒となっています。
270マイル(約430km)走行可能な110kwhのバッテリーを搭載し、ワイヤレス充電を使用すると30分で容量の80%が充電可能になると公式に発表されています。

フォルクスワーゲン新型EVワーゲンバスID BUZZのボディサイズ

全長全幅全高
4,9421.9761,963
ホイールベース車両重量乗車定員
3,300-8
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

フォルクスワーゲン新型EVワーゲンバスID BUZZの価格は?【予想】

フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ)

新型ワーゲンバスID buzzの価格については発表されていません。
スペックの詳細が明らかになっておらず細かい価格予想はできませんが、EV車であり最先端の自動運転技術も搭載されることを考慮すると400万~700万円になると推測されます。

フォルクスワーゲン新型EVワーゲンバスID BUZZの発売日は?

フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ)

フォルクスワーゲンは2022年に米国、ヨーロッパ、中国において新型ワーゲンバスID buzzを生産し販売する計画だと発表しています。
日本での発売については言及されていません。
日本国内で発売される場合、1年か2年遅れることになるでしょう。

【おさらい】ワーゲンバスを振り返る ! 新型T6についても

ワーゲンバスはどんな車か少し振り返ってみます。

そもそもワーゲンバスって?

フォルクスワーゲン・タイプ2 T1

フォルクスワーゲン タイプ2 T1 1950年

フォルクスワーゲン・タイプ2 T2

フォルクスワーゲン タイプ2 T2 1973年

「T1」は1950-1967年に発売の最も愛された第一世代のワーゲンバスです。
「T2」は1967-1979年に発売された第二世代で、この2つの世代が"ワーゲンバス”と呼ばれています。
レトロで独特なフォルムから、日本でも人気が高いワーゲンバスはドラマなどでも登場しています。

収納力も抜群なのでケータリングカーとして今でも見かけることがあると思います。
残念ながら現在は生産を終了していますが根強い人気があり、復活を望む声が多くあります。

2016年話題になったT6


2015年9月のラスベガスモーターショーでワーゲンバス(T2)の継承モデルであるフォルクスワーゲンT6が発表されました。
ワーゲンバスは時代の流れかマイクロバスからミニバン的立ち位置にシフトしていきました。
日本で乗るには正規代理店を通さない並行輸入しかなく、並行輸入だと価格は700万円前後となっています。

新型EVワーゲンバス「ID BUZZ(アイディバズ)」の続報に期待!

フォルクスワーゲン 新型 EVワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ)

フォルクスワーゲン新型ワーゲンバス I.D. BUZZについて紹介してきました。
ワーゲンバスは生産が終了され悔しい思いをされた方も多く、復活を待望する声も少なくありませんでした。

新型ワーゲンバスの発売は2022年と先になります。
最新の機能と時代を経ても変わらない魅力が満載のワーゲンバスの復活は今から楽しみですね。
アジアでの発売は中国のみとなっていますが、日本でも発売されることを願います。

今はコンセプトモデルの発表となっており、今後は市販モデルの外装や内装、スペックや価格が発表されていきます。
MOBYではワーゲンバスに関する新しい情報が入り次第お伝えしていきますのでご期待ください!

販売中・新型デビュー予定のEVについてはこちら

ワーゲンバスに関する記事はこちら

フォルクスワーゲンの新型情報についてはこちら!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK