トヨタのマークXを買うならベストグレードは「250G」!

トヨタのマークXは上級セダンとして知られています。 そんなマークXの250Gはスタンダードなモデルなのですが、 250Gの魅力をまとめてみました。

マークXのスタンダードがベスト!

出典:http://toyota.jp/

マークXには大まかにプレミアム、スタンダード、スポーツがあります。
なぜ250Gがベストかといいますと、上位モデルの内装、アルミホイルはほぼ変わらずに、燃費も若干いいというポイントがあります。

トルクの面では劣りますが、燃費はリッターあたり11.8Kmと、上位モデルよりも1.8Kmの差があります。
250Gが2,777,143円なのに対してプレミアムは4,011,429円と値段も大きく異なります。

ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデル「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。
250Gをベースに、スポーツタイプとなる「Sパッケージ」、3.5L搭載の「350S」。プレミアムタイプとして、2.5L/3.5Lを搭載する豪華装備の「プレミアム」と、その4WDモデル「プレミアム Four」、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したモデル「Gs」を設定。

出典:http://www.goo-net.com/

プレミアム・スポーツ・スタンダード。グレードごとにそれぞれ個性がありますが、
どれもみな大人の品格と佇まい、色気や余裕を兼ね備えています。

出典:http://toyota.jp/

エンジンは2.5Lが売れ筋!

出典:http://toyota.jp/

2.5Lと3.5Lのエンジンがありますが、3.5Lのエンジンはプレミアムグレードのみ適応となっており、プレミアムガソリン仕様になっています。

また、2.5Lエンジンではレギュラーガソリン仕様となっており、トルクは劣るものの、レギュラーガソリン仕様なところはかなり評価できると思います。

エンジンは、2.5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3.5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。
それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。

出典:http://www.goo-net.com/

発進加速性能や動力性能に優れ、滑らかな変速フィーリングを実現。
さまざまな走行条件で燃費の向上に貢献します。
またマニュアル感覚の操縦を楽しめるシーケンシャルシフトマチックを全車に採用しています。

出典:http://toyota.jp/

グレード「プレミアム」との違い

出典:http://toyota.jp/

違いはほぼないといっても過言ではありません。
大きな違いは内装の装備が違う点です。

プレミアムにあるのは、ナノイー、ブレーキ制御、木目調のシフトノブ、木目調のハンドルです。
プレミアムはエンジンが2.5Lと3.5Lの2種類あるので3.5Lを選べばプレミアムガソリンを入れることになり馬力もその分違います。

マークXのグレードごとのスペックがひと目でわかります。

グレードの装備、価格がわかります。

マークXのベストグレードがわかりましたでしょうか?

出典:http://toyota.jp/

いかがでしたでしょうか?
内装も馬力もプレミアムのほうがいいという方はプレミアムを選ぶほうがいいと思いますが、スタンダードの250Gでも十分ゴージャスな内装を備えていると思います。

また、馬力に関しても普通の街乗りであれば250Gでいい走りができるかと思います。
このことを踏まえて250Gを選ぶことを検討されてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す