MOBY

【要注意】犬と猫の車酔いの症状と対策方法まとめ|甘く見るとかなり危険?

家族の一員でもあるペットを車に乗せる機会はたくさんありますよね。一緒に買い物に行くとき、動物病院に連れて行くとき、旅行に行くときもあるかもしれません。しかし、距離の長さにかかわらず犬や猫は車酔いをしてしまうことがあります。近いから大丈夫、そんな風に油断をすると大切なペットを危険な目に遭わせてしまうかも。今回は犬と猫の車酔いの症状と対策をご紹介します。

犬や猫の車酔いは危険?


大切な家族の一員である犬や猫を車に乗せる機会は多いかと思います。
しかし距離の長さに関係なく車酔いしやすい犬や猫も多く、なかには車に乗って出発した途端に吐いてしまうことも。

自分のペットが車酔いしやすいのかもあらかじめ知っておく必要がありますよね。
そのうえで車に乗せるときは前もって車に慣れさせてあげるなどの準備が必要です。
今回は犬や猫が車酔いしてしまう原因から車酔いの症状、そして対策をまとめていきます!

犬猫の車酔いの原因は?

犬猫の車酔いの原因①三半規管の影響

犬の三半規管

出典:http://www.koinuno-heya.com/

犬猫の車酔いの原因のひとつめは、三半規管の影響です。
三半規管は耳の奥にあり、立ったり座ったりなどの動作を行う際に身体のバランスを保つのに必要な器官です。

車の不規則な揺れによってこの三半規管が過剰に刺激され、車酔いが起こってしまうのです。
人間と同じですね。

個体差がもちろんありますが、足が細くバランスが取りづらい種類の犬猫ほど車酔いをしてしまうのはこのためです。

犬猫の車酔いの原因②過去のトラウマや不安感

車酔いの原因②

犬猫の車酔いの原因ふたつめは、過去のトラウマや不安感です。

例えば、以前車に乗っていた際に吐いてしまったことがあった、車内で大きな揺れや聞いたことのない音を体験して怖い思いをした、そんなときにトラウマが残ってしまいます。
すると、車に乗ることが怖いと感じてしまい、それが精神的にストレスになり車酔いに繋がってしまうのです。

またいつも生活している場所から慣れない車内移動となるため、環境の変化に不安を感じやすい性格の犬猫はより不安を感じやすく、車酔いをしてしまうことがあります。
特に猫は自分のなわばりのなかで過ごすことで安心感を覚えるので、不安や緊張を感じやすいです。

犬猫の車酔いの原因③車内の匂い

車酔いの原因③

犬猫の車酔いの原因のみっつめは、車内の匂いです。
犬は人間と比べて100万倍以上の嗅覚を持っているため、車内の匂いにもとても敏感です。
猫も犬ほどではありませんが、嗅覚が敏感です。
そのため匂いがストレスとなり、車酔いを起こしてしまうこともあります。

犬猫が嫌いな匂いは以下の4つです。
■柑橘系の匂い
■制汗剤や整髪剤などの人工的な匂い
■アルコールの匂い
■タバコの匂い
■食べ物の強い匂い

車内は特に匂いがこもりやすいので、犬猫を車に乗せるときは窓を開けて風を通してあげたり、香水や制汗剤などは控えてあげるといいですね。
車内で飲食する際も、匂いの強いものは避けてあげましょう。

犬猫の車酔いの症状は?

犬猫が車に酔うと、以下の症状が見られます。
■落ち着きをなくし、そわそわする
■吠える
■あくびをする
■震える
■よだれを垂らす
■嘔吐する

落ち着きをなくし、そわそわし始めるのは初期症状です。
車内ではよく気にかけて、様子に異変がないかよく見てあげてくださいね!

犬猫の車酔いの対策方法!事前にできることは?

事前にできる対策①乗車前の食事量と時間に気を付ける

車酔いの原因になってしまうので、出発する直前の食事は避けてあげることが大切です。
また反対に、空腹のままでも車酔いを起こしてしまうことがあります。

犬の場合は大体2時間から3時間前に、猫の場合は大体6時間くらい前には食事を済ませてあげましょう。

事前にできる対策②車内の空調と匂いに気を付ける

犬猫が車内で快適に過ごせるように車内温度と匂いにも気を付けてあげましょう。
犬猫は嗅覚が敏感ですので、タバコや強い芳香剤に匂いがとても不快に感じてしまい、ストレスを感じてしまうことがあります。
また暑すぎないように車内温度も調節してあげてくださいね。

事前にできる対策③車移動に慣れさせる

事前に車に慣れさせておくことが大切です。
いきなり長時間の運転をしてしまうと犬猫にとっても負担になりますので、子犬や子猫の頃から徐々に慣れさせてあげましょう。

最初は10分程度の運転から始め、目的地に到着したらたくさん褒めてあげてください。
そうするとだんだん車に乗ることが好きになりますよ!
車に乗ることは楽しいというイメージを持たせてあげてくださいね。

事前にできる対策④酔い止めの薬を処方してもらう

どうしても車酔いをしてしまう犬猫や不安がある方は一度動物病院で酔い止めを処方してもらいましょう。
また病院に行く時間がなく緊急で必要になった場合は、シロップタイプのものやサプリメントの酔い止めが販売されているので、こちらを試してみてもいいかもしれません。

ただ個体差によって必要な分量も違いますので、用法用量を守って服用するようにしてくださいね。

事前にできる対策⑤ケージやキャリーを用意する

犬猫の平衡感覚は人間と比べて優れているので、車内の揺れや振動にも非常に敏感です。
場所を固定してあげると犬猫も安心感を覚えるので、ドライブ用のケージやキャリーを用意したりしてあげるといいでしょう。

同乗者が抱っこした状態で車に乗せたり窓から顔を出させたりすることは、車酔いの悪化にも繋がりますし、犬猫や飼い主にとっても危険なので控えてくださいね。

また事前にケージやキャリーに入ること自体を慣れさせておく必要もありますので、家にいるときから少しずつ練習してみましょう。

犬猫の車酔いの対策方法!乗車中にできる対策は?

車酔い対策 乗車中

犬猫の車酔いの対策①安全運転を心掛ける

急発進や急ブレーキは犬猫が身体をぶつけてしまったり、車酔いの原因になってしまったりするので、なるべく一定のスピードを保ち、安全運転で走行してください。
カーブが多い道なども十分注意してくださいね。

また「大丈夫だよ」など優しく声を掛けてあげることでリラックスできますので、頻繁に声を掛けてあげましょう。

犬猫の車酔いの対策②こまめに休憩をとりながら運転する

余裕をもって出発し、こまめに休憩をとりながら目的地に向かいましょう。
休憩中は、外の風にあててあげたり、喉が渇いているようなら水を飲ませてあげましょう。
場所によっては車通りが多いところもありますので、脱走しないように気を付けてくださいね。

最近ではドックランつきのサービスエリアもありますので、犬の気分転換におすすめです!

しっかり準備をしてドライブを楽しもう!

????????ふっぷぅ〜???? ドライブに出発だワン???? 運転手さんはあたち???????? お客さんはお母さんだワン???????????? ぷっぷぅ〜???????? ????出発するワンよー✨???????? お客さんどちらまでワン????????? あっ、あーっ???? こちらまで…????????? 出発してないワンよー???????????? ???????????????????????????????????????? #ミニチュアダックス #ダックスフンド #シェイテッドクリーム #愛犬とドライブ #お散歩 #今日のダックスフンド #元気玉 #犬見知り #短足部 #あしみじ会 #わんこなしでは生きていけません会 #zip写真部 #pecoいぬ部 #わんにゃんtankモデル募集 #7pets_1day #showcasing_dogs #bestanimalpics #todayswanko #all_dog_japan #superdog_world #picsofdogmodels #bestphotogram_dogs

さくらさん(@16sakusaku)が投稿した写真 -


犬や猫などのペットの車酔いは慣れてくれば徐々に改善されるものです。
家族の一員であるペットに負担がかからないように、しっかり準備をしてドライブに出掛けましょう。

素敵な思い出をたくさん作ってくださいね!

ペットとのドライブに関連する必読記事はこちら

ドライブに関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す