MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 実際どれくらい売れている?秘密だったテスラの販売台数…判明した数字に驚愕
ニュース

更新

実際どれくらい売れている?秘密だったテスラの販売台数…判明した数字に驚愕

日本での販売台数を非公開としていたテスラ。しかしひょんな出来事から、これまでの累計販売台数が明らかになってしまいました。

先駆者として古くからEV世界市場を牽引してきたテスラは、日本でどれくらい売れているのでしょうか。

またそのテスラも、中国BYDの猛追でついに世界シェア2位に転落。目まぐるしく変わるEV事情の今後はどうなるのでしょうか。

テスラは日本でどれくらい売れている?

©Tierney/stock.adobe.com

テスラは、実用的な電気自動車(EV)を世界に先駆けて市販化したアメリカのEVメーカーです。その創業者でありCEOのイーロン・マスク氏は、火星へのロケット打ち上げやTwitter買収などで話題の人物であり、いまや知らない人はいないでしょう。しかし、そのテスラの車が日本でどれくらい売れているかは、あまり知られていません。

輸入車の販売台数は日本自動車輸入組合によって管理されているものの、テスラは「その他」にまとめて分類されており、これまで正確な販売台数は不明でした。しかし、2022年3月に国土交通省に届け出たシートベルトアラームのリコール改善対策資料から、これまでの累計販売台数が明らかになりました。

秘密だったテスラの販売台数

2014年7月7日〜2022年1月26日までの約7年半の間に、テスラが日本で販売した台数は3車種合計で1万1,425台になります。

車種内訳は、最初の市販車である新車価格1,200万円超のテスラ モデルSが全体の約16%を占める1,826台。テスラ初のSUVであり、後席ドアが上下開閉するファルコンウイングが特徴のモデルXが約12%の1,321台です。

600万円程度に価格を抑えた普及版のモデル3が8,278台でもっとも多く、全体の約72%を占めました。モデルYは2022年1月の時点で日本未発売です。

今やEVのパイオニアであるテスラとはいえ、2014年当初はEV需要やテスラの知名度の低さに加え、高い新車価格により日本での販売は低調気味でした。

モデルXが登場した2017年あたりから徐々に販売が伸び始め、日本でテスラがよく売れ始めたのは廉価版ともいえるモデル3が登場した2019年以降に集中しています。

7年半で1万1,425台って”売れてる”の?

テスラの日本での販売台数を販売期間で単純に割ると、年間平均販売台数は約1,500台になります。

フェラーリの年間台数は1,000台強で、その次に多いアルファロメオは年間2,000台前後。テスラはこれらイタリア車と同じくらいの販売台数といえるでしょう。ちなみにポルシェは年間約7,000台ほどで、第1位のメルセデス・ベンツは年間約5万台となります。

ちなみに、全世界累計販売台数では、第1位のトヨタが1,049万5,548台であるのに対し、テスラの2021年の世界累計販売台数はわずか93万6,172台です。もちろんEVの販売台数に絞れば、テスラが2021年まで首位独走の世界第1位であったのはいうまでもありません。

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード