MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > ソニーがBEVで自動車産業に参入!SUVタイプの試作車「VISION-S 02」を発表
新型車・モデルチェンジ

更新

ソニーがBEVで自動車産業に参入!SUVタイプの試作車「VISION-S 02」を発表

ソニーがCES2022で自動車産業進出を表明

ソニー VISION-S 02(左)とVISION-S 01(右)

ソニーグループ株式会社は2022年1月5日、事業会社「ソニーモビリティ株式会社」を同年春に設立し、EVの市場投入を本格的に検討していくことを発表しました。

新たに設立するソニーモビリティ株式会社では、ソニーグループのもつAI・ロボティクス技術を活かし、電気自動車「VISION-S(ヴィジョンS)」に加え、エンタテインメントロボットの「aibo(アイボ)」、ドローンの「Airpeak(エアピーク)」といった製品を取り扱うとのことです。

発表に合わせ、ソニーは電気自動車の「VISION-S 01」と「VISION-S 02」の2台を公開しています。

ソニーのEV「VISION-S」とは

VISION-S 01

VISION-S(ヴィジョンS)は、ソニーがCES2020にて初公開した電気自動車です。

他メーカーのOEM車両ではなく設計図から作成された完全オリジナル車で、オーストリアの「マグナ・シュタイア」という企業と共同開発されています。

VISION-S 01の内装

2020年12月には欧州にて公道走行テストを開始、2021年4月より5G走行試験を開始させるなど、すでにこれまでも継続的な開発が行なわれてきました。2021年3月には日本でも一般公開されたことも。

SUVタイプの「VISION-S 02」が世界初公開

VISION-S 02

今回、SUVタイプの試作機「VISION-S 02」が世界初公開されましたこれまで公開されていたセダンタイプのVISION-Sは、「VISION-S 01」と名前を改めました。

VISION-S 02の内装

どちらも共通のEV/クラウドプラットフォームを採用。VISION-S 02は広い室内空間を用いたエンタテインメント体験や7人乗りのバリエーションなども用意する予定があるとのことです。

ソニーならではの最新技術を投入

VISION-S 02の内装

VISION-Sの随所に、ソニーグループが培ってきたノウハウの多くが盛り込まれいて、その代表的なものに高いエンターテインメント性能があります。

立体的な音響を実現するシートスピーカーや、「360 Reality Audio」に対応したストリーミングサービスにより、まるで生演奏に囲まれているような没入感のある音楽体験を提供します。

また、車室内の前方にあるパノラミックスクリーン及び、リアシート各席に用意されたディスプレイで、映像配信サービス「BRAVIA CORE for VISION-S」が利用可能。

さらには自宅のPlayStationにリモート接続してのゲーム体験に加え、新たにクラウド経由でストリーミングすることで、多彩なゲームを楽しめます。

直感的なインターフェイスや5G通信なども搭載

インターフェースは従来の自動車からの進化を目指し、ジェスチャーコマンドや音声コマンドに対応。ユーザーの好みに合わせて、新たに車両のディスプレイテーマや加減速音を設定できる機能が備わります。

さらに、低遅延・大容量・高速という特長を持つ「5G通信」を含めたモバイル通信を用いて、車両とクラウドシステムを連携させることで、車両設定やキー施錠、ユーザーの設定同期を行えるように。アップデートも可能で、セキュリティやサービスの充実などを継続的に実施できます。

光によって距離を測定する「ToF方式距離画像センサー」を用いて、ドライバー認証やパッセンジャーを見守るためのモニタリング機能もあるので、盗難や危険運転の抑止に繋がることも期待。

複数のセンサーによって安全な走行を支援

VISION-S 02

VISION-S 02には、高感度かつ高精細、広ダイナミックレンジの「CMOSイメージセンサー」や立体空間を3Dで正確に把握する「LiDAR(ライダー)」といったセンサー類が搭載されていて、周囲360度の環境をリアルタイムで認識・把握し、安全な運転を支援します。

また、緊急車両の走行など、周辺環境の状況を車内でも的確に判断できるように、車内の音響システムやHMIシステムと連携した直感的なインターフェイスも備えています。

現在はソニーのセンサー技術と通信技術を用い、「ADAS(運転支援機能)」と「自動運転レベル2+」の公道リリースに向けた機能検証を欧州で行っているようです。

VISION-Sの発売時期は未定

VISION-Sの開発車両

今回発表されたのはあくまで試作機なので、この状態で発売するというわけではありません。

冒頭でもお伝えしたとおり、新会社「ソニーモビリティ株式会社」の設立は2022年春頃。まだ、EVの市場投入を本格的に「検討」していくという段階なので、発売するにしてももう少し先になることが予想されます。

とはいえ、日本企業からもこういったニューカマーが現れたことは大きなニュース。自動車メーカーとしてのソニーの今後に注目です。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

その他の最新情報

発売間近!次期型ノアヴォクは1月発表、予約販売はすでに開始

日本仕様の可能性も?右ハンドルのジムニーロングをスクープ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード