MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 次のお祭りナンバーはこれ!万博記念ナンバーが今秋交付開始。軽と事業用は縁で色分け
ニュース

更新

次のお祭りナンバーはこれ!万博記念ナンバーが今秋交付開始。軽と事業用は縁で色分け

大阪・関西万博の開催を記念した特別仕様のナンバープレート

©tamayura39/stock.adobe.com

2022年6月10日に国土交通省は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催を記念した特別仕様のナンバープレートのデザインと交付スケジュールを発表しました。

大阪・関西万博は2025年4月13日から10月13日までの184日間にわたって、大阪府大阪市此花区夢洲で開催され、2005年日本国際博覧会(愛・地球博)以来、20年ぶりとなる日本開催の国際博覧会です。

最近多い?タクシーで「空車」でなく「SOS」表示!どんな時に表示されるのか

事業用車、軽自動車は縁に色がつく

大阪・関西万博記念の特別仕様ナンバープレートは、奇抜なデザインで話題をとなった「いのちの輝き」をテーマにした大阪・関西万博の公式ロゴマークをモチーフにデザインされています。

2017年から2021年に交付されていた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートなどでは、登録自動車および軽自動車で同一のデザインとなっていましたが、大阪・関西万博記念の特別仕様ナンバープレートでは新たに軽自動車向けとして黄色い縁取りしたナンバープレートを用意。

登録自動車(自家用)は縁取りなし、登録自動車(事業用)では緑色の縁取り、軽自動車(自家用)は黄色の縁取りと分かれています。

また、フルカラーとモノトーンが用意され、1000円以上の寄付をした場合はフルカラーを選択可能となります。この寄付金は、大阪・関西万博の開催に関連した交通サービスの充実等に充てられるとしています。

登録自動車(自家用)・寄付金有
登録自動車(自家用)・寄付金無
登録自動車(事業用)・寄付金有
登録自動車(事業用)・寄付金無
軽自動車(自家用)・寄付金有
軽自動車(自家用)・寄付金無

配布期間は2022年秋から2025年まで

©fotofabrika/stock.adobe.com

発表された交付スケジュールでは、事前申し込みが2022年9月下旬ごろ、交付開始日が2022年10月下旬ごろを予定。詳細については2022年8月中に、料金は9月下旬ごろに公表予定としています。

なお、対象となる車両は新車や中古車で購入した車だけでなく、現在ナンバープレートを装着している車も、番号を変更することなく特別仕様ナンバープレートに変更可能です。

人気急上昇中の希望ナンバー「358」ってどういう意味?驚きの口コミとは

軽自動車を白ナンバーにする方法|取得手続き・申込期限、付けたらダサいの真偽を調査

韓国ヒョンデ「IONIQ 5」は日本の車両保険に加入できない?損保7社に聞いてみた

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード