MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 【2022年最新版】ご当地図柄入りナンバープレートとは?各都道府県のデザインと取得方法
役立つ情報

更新

【2022年最新版】ご当地図柄入りナンバープレートとは?各都道府県のデザインと取得方法

ご当地ナンバー&地方図柄入りナンバープレートについて解説します。

地方図柄入りナンバー(ご当地ナンバー)プレートとは?

地方図柄入りナンバープレート

地方図柄入りナンバープレートとは、ナンバープレートの「地域名」が、その車が登録・使用されるエリアであることにちなんで、名産品や景勝地のイラストをデザインした特別なナンバープレートです。地域名が「ご当地名」ではない場合も地方図柄入りナンバープレートを選べる場合があるため、いわゆる「ご当地ナンバー」と「地方図柄入りナンバー」は区別されます。

しかし、地方図柄入りナンバープレートが導入された背景は、ご当地ナンバーの普及も一役買っています。陸運支局のあるエリア名以外の地域特性を表したご当地名が採用されるようになったことで、ナンバープレートに図柄を入れることで、さらに自治体をアピールできないかという願いがあったためです。

地方図柄入りナンバープレートは、2018年10月1日から交付されています。

ご当地ナンバーとの違い

地方図柄入りナンバープレートは、ご当地ナンバーを採用していない自治体でも導入しているケースがあります。そういった意味で「ご当地ナンバー」と「地方図柄入りナンバー」は区別されています。

例えば、奈良県には「奈良ナンバー」と「飛鳥ナンバー」があり、どちらも地方図柄入りナンバープレートを選択することができます。しかし、ご当地ナンバー(地域特性や経済圏などで一定のまとまりがあり、一般に広く認知された地域名)は「飛鳥」となります。

軽自動車は地方図柄入りナンバー(ご当地ナンバー)で黄色から白色になる?

地方図柄入りナンバープレートを使用すると、軽自動車でも普通乗用車などと同様にプレートの色が白となるのでしょうか。

結論から述べると、現状使用されている地方図柄入りナンバープレートは、軽自動車で登録を行うと「黄色の縁が入った白い下地のプレート」となります。

2021年に日本各地で開催されたスポーツの祭典「東京2020オリンピック・パラリンピック」では、大会開催を記念した「特別仕様ナンバープレート」が希望者に交付されていました。

オリンピック・パラリンピックの特別仕様プレートでは、普通乗用車に限らず軽自動車も全体が白地のナンバーを採用したことで話題となったのを覚えている人が多いでしょう。当時、”白ナンバー”を求めて特別仕様プレートの発行に申し込んだ人も多く存在していたようです。

しかし、2018年5月、国土交通省により「地方版図柄入りナンバープレートのデザイン」が発表された際に、残念ながら”完全白ナンバー”ではなくなります。

普通乗用車と軽自動車の区別がつきやすくなるよう、白の下地に黄色の縁取りが施されるデザインが採用されたのです。

黄色の縁をナンバープレート用フレームで隠したら違反になる?

黄色の縁が目立つのが気になる人なら、ナンバープレート用のフレームを装着して隠してしまおうと考える人がいるかもしれません。

しかし、装着しているナンバープレート用のフレームによっては、交通法規により「番号表示義務違反」で罰金が課せられる可能性があります。

ナンバープレート用のフレームが合法となる基準は以下の3点です。フレームを使用してナンバープレートを取り付ける際は欠かさずチェックしましょう。

  • 幅(※1)が上部10mm以下、左右18.5mm以下、下部13.5mm以下
  • 厚さ(※2)が上部6mm以下(上部の幅が7mm以下の場合は10mm以下)、その他30mm以下
  • 脱落するおそれのないもの

※1 ナンバープレートに取り付けたときの該当ナンバープレートの外縁からフレームの内縁までの長さ

※2ナンバープレートに取り付けたフレーム・ボルトカバーの当該ナンバープレートの表感から突出している部分の厚さ

地方図柄入りナンバープレート一覧

北海道の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「知床」知床の雄大な自然

雪山と知床で出会える
動物たちが描かれている
斜里町・清里町・小清水町
別海町・中標津町
標津町・羅臼町
「苫小牧」ウトナイ湖とアイスホッケーの街

ゆるキャラの「とまチョップ」が
描かれている
苫小牧市

青森県の地方図柄入りナンバープレート

地名 デザイン 図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「弘前」 弘前城・桜色のお堀と岩木山 弘前市、西目屋村

岩手県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン 図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「盛岡」不来方の風

「盛岡城跡公園」の石垣や
「岩手山」などの
観光地を描いている
岩手県盛岡市など
「岩手」銀河鉄道の夜

作家・宮沢賢治の作品
「銀河鉄道の夜」がモチーフ
花巻市、北上市、遠野市、
釜石市、陸前高田市、
大船渡市 ほか
「平泉」世界文化遺産「平泉」

「中尊寺金色堂」内の
装飾がモチーフ
一関市、奥州市、金ヶ崎町、
平泉町

宮城県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「仙台」 伊達政宗公と仙台七夕まつり

仙台七夕まつりと、
「青葉城址」から
仙台を一望している政宗公の
騎馬像との組み合わせ
仙台市

福島県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「白河」 春の小峰城 福島県白河市など

山形県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「山形」さくらんぼの里

山形の名産「さくらんぼ」が
描かれている
山形市、米沢市、
新庄市、寒河江市など
「庄内」稲穂の波と鳥海山鶴岡市、酒田市など

茨城県の地方図柄入りナンバー

地名 デザイン 図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「土浦」帆引き船、花火

該当地域11市町村をイメージして、
帆引き船の帆のラインの数と
花火の花弁の数を描いている
土浦市、石岡市、
龍ヶ崎市、取手市など
「つくば」筑波山

山頂から太陽が顔を出した
「ダイヤモンド筑波」をモチーフ
つくば市、桜川市など

群馬県の地方図柄入りナンバー

地名 デザイン 図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「前橋」赤城山

前橋から見渡す赤城山を
モチーフとしている
前橋市、吉岡町

埼玉県の地方図柄入りナンバー

地名 デザイン 図柄の意図 使用されている
市町村・地域
埼玉県
「越谷」
ガーヤちゃん、
南越谷阿波踊り
越谷市

千葉県の地方図柄入りナンバー

地名 デザイン 図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「成田」飛行機が飛ぶ街

成田国際空港周辺の
7つの市町を表現
成田市・富里市
・山武市など
「柏」 手賀沼柏市、我孫子市
「船橋」 梨とアンデルセン公園

明るく住み良い町を表現
船橋市
「市原」 菜の花と桜と里山トロッコ

市原市のシンボルを表現
市原市
「松戸」 松戸の風景

松戸市の自然や風景がモチーフ
松戸市
「市川」 市川の梨と街と江戸川

シンボルである梨と
市川市の街並みを表現
市川市

東京都の地方図柄入りナンバー

地名デザイン 図柄の意図使用されている
市町村・地域
「世田谷」多摩川とサギソウ世田谷区
「江東」東京ゲートブリッジ

「伝統と変化」を象徴する
建造物として
東京ゲートブリッジを選出
江東区
「葛飾」菖蒲・川・カワセミ

江戸川・中川・荒川と、
水辺に咲く菖蒲と
カワセミを取り入れたデザイン
葛飾区
「板橋」躍動感溢れるカラフルな
木・花・鳥

区のオフィシャル・シンボルを
地模様にして表現
板橋区

山梨県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「富士山」富士山

世界文化遺産「富士山」を
モチーフとしている
富士吉田市、西桂町、
忍野村、山中湖村、
富士河口湖町、
鳴沢村、道志村

新潟県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
新潟県
「新潟」
萬代橋、トキ

観光スポット「萬代橋」と、
動物「朱鷺」を
モチーフにしている
新潟市、三条市、
新発田市など
新潟県
「長岡」
長岡花火

日本三大花火大会の
1ヵ所が長岡市である
長岡市、柏崎市、
小千谷市など
新潟県
「上越」
上杉謙信と桜

「桜」、「妙高山」、「ひすい」、
「日本海」、「上杉謙信公」を
取り入れたデザイン
糸魚川市、妙高市、
上越市など

富山県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「富山」立山連峰

富山湾と県の鳥「雷鳥」を
描いている
富山県全域

石川県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「金沢」雪つり梅鉢紋

加賀藩の「梅鉢紋」と
冬の風物詩である
「雪つり」をデザインに
取り入れている
金沢市、かほく市、
津幡町、内灘町
「石川」 白山能登の里海の波

能登の里海の波で
石川県の形状を
なぞっている
加賀市、七尾市、
小松市など

福井県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「福井」恐竜

福井県を印象付ける
「恐竜」を
デザインに取り入れた
福井県全域

静岡県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「富士山」雄大な富士と豊かな田園

雄大な富士山と
田園風景をイメージした
富士宮市、富士市、
御殿場市、裾野市、
小山町、芝川町

愛知県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「豊田」豊田スタジアムと
グランパスくんファミリー

Jリーグクラブ「名古屋グランパス」の
マスコットとホームスタジアムを描写
豊田市
「春日井」道風くんとサボテンキャラクター

春日井市のマスコットキャラクター
たちを取り入れている
春日井市

三重県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「伊勢志摩」吹き行く魅力

伊勢神宮の鳥居と海風を
モチーフとしている
伊勢市、鳥羽市、
志摩市など
「四日市」輝く四日市

四日市の工業団地を
モチーフとしている
四日市市

滋賀県の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「滋賀」琵琶湖

琵琶湖に浮かぶ島を
モチーフに描写
滋賀県全域

京都府の地方図柄入りナンバー

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「京都」花紋様天橋立・五重塔

京都の観光地「天橋立」と
「五重塔」を取り入れた
京都府全域

奈良県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「奈良」桜、紅葉

「五重塔」「鹿」「桜」を
描写したデザイン
奈良市、大和高田市、
大和郡山市、
天理市など
「飛鳥」朱雀

方角の守り神「朱雀」を
取り入れた
橿原市、高取町、明日香村
田原本町・三宅町

鳥取県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン 図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「鳥取」砂丘、大山、梨

鳥取砂丘や観光スポットの
「大山」を描いている
鳥取県全域

島根県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「出雲」八岐大蛇

神話に登場する
「八岐大蛇」を表現
出雲市、奥出雲町、飯南町

広島県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「福山」広島東洋カープ

地元プロ野球チームのロゴと
マスコットが入っている
福山市、尾道市、三原市、
府中市、竹原市など

山口県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「下関」下関のランドマーク

九州と下関を結ぶ関門橋を
モチーフとしている
下関市
「山口」秋吉台、錦帯橋

山口県の観光スポットから
抜粋して描写
下関市を除いた
山口県全域

徳島県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「徳島」阿波おどり

徳島の名物祭り「阿波踊り」を
モチーフとしている
徳島県全域

香川県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「香川」瀬戸内海、オリーブ

香川県に面する瀬戸内海と
名産「オリーブ」を描いている
香川県全域
「高松」高松港から屋島を望む香川県高松市

愛媛県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「愛媛」みきゃん

愛媛県のマスコット
「みきゃん」を描いている
愛媛県全域

高知県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図 使用されている
市町村・地域
「高知」はりまやばし、カツオ

高知県を象徴する
「播磨屋橋」と「カツオ」を
モチーフとしている
高知県全域

長崎県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「長崎」ステンドグラス

平和祈念像やハウステンボス、
大浦天主堂が描かれている
長崎市、島原市、
諫早市など
「佐世保」ステンドグラス

平和祈念像やハウステンボス、
大浦天主堂が描かれている
佐世保市、平戸市など

熊本県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「熊本」くまモン

熊本県のゆるキャラ
「くまモン」を
デザインに取り入れている
熊本県全域

大分県の地方図柄入りナンバープレート


地名
デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「大分」温泉

別府や湯布院など
温泉が名物となっている
大分県を象徴したデザイン
大分県全域

宮崎県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「宮崎」ひなたと海

宮崎県の象徴である
「太陽」と「海」を
デザインに取り入れている
宮崎県全域

鹿児島県の地方図柄入りナンバープレート

地名デザイン図柄の意図使用されている
市町村・地域
「鹿児島」桜島

鹿児島県のシンボルである
火山「桜島」を描写
鹿児島市、鹿屋市、
枕崎市など

地方図柄入りプレートやオリンピックナンバーに変更する際に注意すること

地方図柄入りプレートやオリンピックナンバーといった、「図柄ナンバー」は、運輸支局や自動車検査協会窓口での申し込みや申請ができません。図柄ナンバー申込サービスから申し込みおよび支払いが必要となります。

通常のナンバープレート変更の流れに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

希望ナンバーにしたい場合

自分の好きなナンバーを取得できる希望ナンバーを申請したい場合は、こちらの記事で詳しく説明しています。

地方図柄入りナンバープレートの取得方法・料金

取得申込はwebから!取得条件はなく誰でも申請可能

取得申込はwebから行うことができます。「自動車(自家用・事業用)」と「軽自動車(自家用)」を持っている方なら誰でも取得可能です。「軽自動車(事業用)」および「バイク(二輪車)」は対象外となります。

今までのナンバーを継続して使いたい場合は、番号やひらがなはそのままにプレートだけを交換する「交換申込」を行います。今のナンバープレートに汚れや破損がなくても交換してもらえます。

対して、ナンバーを変更したい場合や、新車購入時に地方図柄入りナンバープレートを付けたい場合は「希望番号申込」を行います。

いずれも、webから申込み後、交付手数料や寄付金の支払いを行ってからナンバープレートが交付されるかたちになります。おおまかな流れは以下のとおりです。

  1. 「図柄ナンバー申込サービス」のwebサイトから申し込む
  2. 交付手数料や寄付金を支払う
  3. 入金確認メール受信後、1ヶ月以内に運輸支局などでナンバーを届け出る
  4. 予約センターにてナンバープレートを受け取る

申し込みwebサイト内に「交換申込」および「希望番号申込」の詳しい流れが掲載されていますので、あわせてご確認ください。

図柄ナンバー申込サービス【社団法人 全国自動車標板協議会HP】

申し込みに必要な費用はおよそ1万円

中型(小型・普通自動車)大型(主に大型自動車)
寄付金なし7,000円~9,200円程度10,400円~15,500円程度
寄付金あり上記金額に+1,000円~(上限なし)上記金額に+1,000円~(上限なし)

上表のように、地方図柄入りナンバープレートの申し込みに必要な費用(交付手数料)は、「中型(小型・普通自動車)」と「大型(主に大型自動車)」によって異なります。また、地域によっても交付手数料は異なります。

一般的家庭の自家用車(軽自動車および普通車)であれば1万円程度。寄付金を支払う場合はフルカラー、支払わない場合はモノクロのプレートとなります。寄付金は1,000円から支払うことができ、上限はありません。

例えば、普通自動車で東京都世田谷区の「世田谷ナンバー(フルカラー)」を取得する場合は、中型 交付手数料 7,300円+寄付金 1,000円=8,300円が必要となります。

申し込みに必要な書類

  1. 車検証 ★
  2. 自動車登録番号標交換申請書(webサイトからダウンロード) ★
  3. 所有者の委任状 ※所有者の認印の押印があるもの
  4. 希望番号予約済証(希望番号予約センターにて受取)
  5. 手数料納付書(運輸支局窓口で配布)
  6. 自動車税申告書(運輸支局に隣接する税事務所で配布)
  7. 申請書[第3号様式](運輸支局窓口で配布)

※「変更申込」の場合は★のみでOK
※3の委任状は、所有者本人が申請を行う場合は不要

なお、ナンバープレートを紛失・盗難などで返納できない場合など、別途書類が必要なケースもありますので、自身で必ず確認をお願いします。

【まとめ】ご当地ナンバー・地方図柄入りナンバープレートには問題点も

ご当地ナンバーは、特定の地域の登録台数が一定数担保できる見通しがたった場合、申請が承認されて誕生します。よって、そのエリアへのご当地ナンバー導入が決定すると、エリア内の新規登録車はすべてそのご当地ナンバーが強制的に採用されることになります。

このことが、望まないかたちでドライバーの個人情報を晒す結果になっているのではということで、昨今問題視されています。

ご当地ナンバーを付けている車は、都道府県名ナンバーに比べてドライバーの居住エリアがより明確に分かってしまいます。地域のブランド性アピールが裏目に出たことで、ネット上では「世田谷ナンバーは車上荒らしに遭いやすい」といった噂まで流れたこともあります。

真偽のほどは定かではありませんが、悪意を持った人間にも所有者・使用者像を特定する手がかりを与えてしまっていることは否めないでしょう。

さらに、昨今ではコロナ禍により、他県ナンバーの車への嫌がらせ、いわれのない通報、あおり運転などが相次いでいることが問題にもなっています。いわゆる自粛警察が他県ナンバー排斥に乗り出すのも「自分の地域とは異なる地域名の車」という、わかりやすい攻撃指標ができてしまっているためともいえます。

地域の活性化をはかるためのご当地ナンバーや地方図柄入りナンバープレートが、車の所有者・使用者に不利益を被るかたちになっていないか再度検討が必要との声もあり、今後の展開がどうなるか気になるところです。

軽自動車の白ナンバー化は今後も可能?申込開始はいつから?

地域の選択は原則不可!無理に行えば処罰も

車のナンバーに「地域名」がある理由とは

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード