MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 現行R35の中古車価格バク上がり!価格高騰&中古車流通台数減の犯人はアイツ…
ニュース

更新

現行R35の中古車価格バク上がり!価格高騰&中古車流通台数減の犯人はアイツ…

2022年に入ってからR35型日産 GT-Rの中古車価格が急上昇しています。

今では中古車価格が新車価格を超え、NISMOモデルにいたっては約6,000万円の値付けがされている高騰ぶりは、まさに狂乱ともいえる状態です。

さらにおかしいのは低年式・過走行車のGT-Rが中古車市場から軒並みなくなっていること。あれだけあった中古のGT-Rは一体どこへ消えたのでしょうか。

R35型 日産 GT-Rの中古車相場が暴騰中!

R35型GT-Rニスモ
©VanderWolf Images/stock.adobe.com

R35型日産 GT-Rの中古車価格の上昇が止まりません。2021年以前も上昇傾向にはあったものの、2022年に入ってから価格急上昇し、今や中古車価格が新車価格を超えています。

とくに数量限定の高性能モデル「NISMOスペシャルエディション」の2022年モデルは、販売価格のおおよそ2倍となる5,000万〜6,000万円もの高値がつけられている異常事態です。

2007年の登場当初は777万円で販売されたGT-Rの中古車平均価格は、数年前まではベースグレードで300〜400万円。高いものでも500万円程度でした。それが、いまでは最低でも800万円程度にまで価格高騰が進み、非常に入手しづらい状態が続いています。

R35 GT-Rはそんなに価値があるクルマなの?

2007年に登場したR35型GT-Rは、日産 スカイラインGT-Rを継承する高性能クーペです。

最高出力480psを発揮する3.8L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、リア側に配置された2ペダル6速MTと4WDシステムを介して出力を路面に伝え、0-100km/h加速タイム3.0秒を叩き出す性能は、歴代GT-Rの名に恥じないものといえるでしょう。

GT-Rは「だれでも、どこでも、いつでもハイパフォーマンスが楽しめるマルチパフォーマンス・スーパーカー」であり、盤石の安定性により「300km/hで走行しながら会話ができる」のがコンセプトとのこと。

2013年には600psまで最高出力が引き上げられ、2,7秒で100km/hに達する高性能モデルのNISMOが登場。ベースグレードの価格が1,000万円を切る値段でありながら、その2倍以上もするスーパーカーと渡り合える性能を誇るGT-Rは、世界的に見ても希少な存在であることは間違いありません。

GT-Rは2022年モデルで生産終了となる可能性が高いから?

日産 スカイライン GT Type SP(ハイブリッド)
スカイラインもハイブリッド搭載エンジン「VQ35HR」が音量規制をクリアできないとしてオーダーを終了とした

毎年改良によって毎年性能アップされて登場するGT-Rも、登場からすでに14年が経過しています。

2021年9月に2022年モデルが発表されましたが、同時にオーストラリアでは最新の衝突安全基準を満たせないことから2022年モデルをもって販売終了が報じられました。

また、欧州でも厳しくなる新音量規制に対応できないものとして、2022年3月に販売終了の旨が報じられ、日本でも2022年10月からの実施が検討されている音量規制に先駆けて生産終了との見方が強く、現在は注文できない状態になっています。

終売の噂による希少性の高まりによって、GT-Rが世界中で注目を集めているのは確かです。GT-Rの2023年モデルが登場しない場合、音量規制や排ガス性能の基準をクリアするために次期GT-Rは電動化せざるを得なく、2022年モデルが純ガソリンエンジンによる最後のGT-Rになってしまいます。

しかし、それが理由にここまで価格上昇が進むとは考えられません。高騰の理由は他にあります。

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード