MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 日本にも導入見込みはある?海外で始まった「車のデジタルナンバー」とは
ニュース

更新

日本にも導入見込みはある?海外で始まった「車のデジタルナンバー」とは

デジタルナンバーとは?

デジタルナンバーとは、電子インクディスプレイに車のナンバープレートを表示させたものです。電子インクディスプレイは消費電力が少なく、電源がなくとも表示が保持される特徴があります。

簡単にいえばAmazon Kindleにナンバープレートを表示させて車に掲示するようなものがデジタルナンバーです。アメリカの一部の州やドバイでは、このデジタルナンバープレートの実用試験が2018年あたりから行われており、すでに実際に使用されている国や地域もあります。

デジタルナンバーの凄い活用法

デジタルナンバーを開発した第一人者は、アメリカの「Reviver(リヴァイヴァー)」という会社です。デジタルナンバーにはバッテリーが内蔵されているため、取り付けに配線は不要。内部にはGPSやワイヤレス通信機などが内蔵されておりさまざまな活用方法が見出せます。

登録更新がオンラインでできる

アメリカに車検制度はありませんが、車両登録以降、定期的に更新手続きを行わなくてはいけない決まりになっています。手続きはDMV(自動車局)を訪問するか、郵送によって登録ステッカーを発行してもらい、その都度ナンバープレートに貼り付けなくてはいけません。

しかし、デジタルナンバーならその手続きがすべてオンラインで行え、ステッカーを貼り付けることなくナンバーに表示させられるようになります。さらにステッカーを剥がされて利用されるなどの犯罪も防止できます。

情報表示・広告表示

表示を自由に変えられるのがデジタルナンバーのメリットであるため、余白箇所あるいはナンバープレート全面に何らかのメッセージを表示させることも可能になります。

登録期限切れや駐車許可に加え、車両が盗難された場合には、その旨をナンバーに表示させて盗難車であることを周囲に知らせたり、周辺で誘拐事件や行方不明事件が起こった際に発せられる警報を表示させ、周囲の車に注意を促すこともできます。

また、停車中に広告や通知を表示させることもできるそうです。ただしアメリカでは、表示できるメッセージ等は州が定めたものに限定されるようです。

GPSで車両追跡

デジタルナンバーにはGPS発信機も内蔵されるため、盗難車両の追跡やナンバー単体の追跡も容易になります。車の位置を追跡できるため業務車両の位置把握や、アメリカでは未成年の子供の位置把握にも効果を発揮します。プライバシーの問題は挙がるものの、いまやGPSトラッカーやコネクテッドカーが溢れているため、大きな問題とはならないでしょう。

通行証・料金支払い

料金徴収システムと連携させることで高速道路料金などをナンバープレートの掲示だけで済ませられるようになります。ただし、海外では日本のように後付ETC端末ではなく、車両ごとの専用端末や、通過するナンバーを読み取って課金される仕組みが導入されているためそれほど利点はないでしょう。

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード