MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > 音楽 > カーオーディオマニアは宇多田ヒカルの曲でチューニングするというウワサを検証
音楽

更新

カーオーディオマニアは宇多田ヒカルの曲でチューニングするというウワサを検証

奥が深いカーオーディオの世界

©alefat/stock.adobe.com

純正オーディオの設定を少し変えるだけという人から、システムそのものをまるごと交換する人、車全体をスピーカーボックスにしてしまう人など、その楽しみ方はさまざまです。

そんなカーオーディオにこだわりを持つ人たちは、「チューニング」をおこなったあと必ず宇多田ヒカルの曲をかけるという都市伝説のようなウワサがあるのをご存知でしょうか?

カーオーディオマニアは宇多田を必ずかける?

©BillionPhotos.com/stock.adobe.com

この話が本当なのか、カーオーディオにこだわりを持つ車好きの方々に聞いてみました。

「必ずかけるわけではないですが、宇多田ヒカルの曲をかけることが多いですね。」(旧車でカーオーディオのカスタムをおこなっているI氏)

「イコライザーという音の調整機能があって、それを調整するときなどは宇多田ヒカルの曲をかけながらおこなっています。First LoveやAutomaticなど、デビュー初期の曲が多いです。」(マンション住まいなので車をオーディオルームにしたというM氏)

「オーディオシステムのコンテストの課題曲に宇多田ヒカルが使われることが多いので、宇多田ヒカルをよくかけます。知人にもそういう人は多いですよ。」(オーディオのカスタム費用は200万を超えていると話すS氏)

カーオーディオにこだわる人が宇多田ヒカルの曲をかけるというのはどうやら本当のようです。

また、オーディオコンテストの課題曲に選ばれているということも分かりました。課題曲になることが多い曲にあわせてセッティングをするというのは確かに合理的です。

これが広まって、「宇多田ヒカルを必ずかける」という話が生まれたのかもしれません。

宇多田ヒカルの曲が課題曲に選ばれる理由

©goce risteski/stock.adobe.com

「宇多田ヒカルのアルバムは音質がよく、低音域から高音域まで実にさまざまな音が録音されています。そのため、各音域が綺麗に鳴らすことができているのか確認するのにはうってつけです。

さらに、宇多田ヒカルは低い声から高い声までカバーできる声質をもっています。彼女が目の前で歌っているかのようなシステム構築を実現することが、カーオーディオでの指標のひとつとなっているのでしょう。」

オーディオのカスタム費用は200万を超えていると話すS氏は、以上のように話します。名曲揃いの宇多田ヒカルですが、こだわり抜いたカーオーディオで聴くとさらに魅力が増すことでしょう。

純正オーディオや車内の静粛性が進化して、カーオーディオは車選びにおいて重要な要素のひとつになりました。オプションのオーディオシステムを付けようか迷ったときは、宇多田ヒカルの曲をかけて確認してみると良いのかもしれません。

【みんなの意見】投票受付中!

Q. カーオーディオマニアは宇多田ヒカルの曲でチューニングするというウワサは本当?

カーオーディオマニアは愛車のオーディオシステムに手を入れる際、「宇多田ヒカル」を必ずかけるというウワサがありますが、...

  • 宇多田ヒカルをかける
  • 宇多田ヒカルをかけたことがない
  • セッティングはしないが宇多田ヒカルはよくかける
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る

その他の最新情報

RX-VISIONの市販モデル登場なるか。マツダ初のスーパースポーツ「RX-9」

【動画有】日産の軽EV「SAKURA」のテストカーがアメリカで目撃される!

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部 高山 志郎
MOBY編集部 高山 志郎
平成元年生まれのサウナー。90年代から00年代はじめの国産車が好きで、バブルの残り香がする車に目がない。運転はもちろん、メンテナンス、チューニング、カスタムなど車と関わることならなんでも好き。モーター...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード