MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ドライブ > 高速道路・SA・PA > サービスエリアとパーキングエリアの違いは?大きさや間隔で比較
高速道路・SA・PA

更新

サービスエリアとパーキングエリアの違いは?大きさや間隔で比較

サービスエリアとパーキングエリアとは?

サービスエリア
©7maru/stock.adobe.com

旅行やドライブ等で遠出をすると、完全な自動運転車でもない限りドライバーの疲労は溜まってしまいます。また、高速道路上で渋滞に巻き込まれてしまえば、トイレに行きたくても車を出ることができず、長い間の我慢を強いられることもあるでしょう。

そんな時、サービスエリア・パーキングエリアはオアシスとも言える存在ですよね。そのほかにも、その土地の名産を購入できたり、おいしい食事を食べられたりなど高速道路の利用にあたって非常に便利なサービスエリア・パーキングエリアですが、それぞれの意味の違いを知らないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、そんなサービスエリアとパーキングエリアについての定義やそれぞれの違いについて解説しています。

サービスエリアとパーキングエリアの定義って?

サービスエリアの駐車場
©Richard Johnson/stock.adobe.com

そもそもサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)とは、高速道路や有料道路に沿って設置されている休憩施設のことを指します。

高速自動車国道法の第十一条によれば、高速道路の沿道には商業施設を設置してはいけないと定められています。

第十一条  次に掲げる施設以外の施設は、高速自動車国道と連結させてはならない。
一  道路、一般自動車道又は政令で定める一般交通の用に供する通路その他の施設
二  当該高速自動車国道の通行者の利便に供するための休憩所、給油所その他の施設又は利用者のうち相当数の者が当該高速自動車国道を通行すると見込まれる商業施設、レクリエーション施設その他の施設
三  前号の施設と当該高速自動車国道とを連絡する通路その他の施設であつて、専ら同号の施設の利用者の通行の用に供することを目的として設けられるもの(第一号に掲げる施設を除く。)
四  前三号に掲げるもののほか、政令で定める施設

高速自動車国道法 第十一条より引用

しかしSAとPAに限っては例外的に、トイレ休憩や給油のための施設として設置が許可されているのです。

近年では民営化や規制緩和によって、そのSA限定のグルメや名物、温泉や遊園地といった施設を有しているところもあるので、感覚的には郊外の大型ショッピングモールとあまり変わらないかもしれません。

サービスエリア(SA)の定義

サービスエリア(SA)とは、駐車場とトイレだけでなく、概ねガソリンスタンドや売店、食堂といった様々な施設が備え付けられている休憩施設です。

大きい所だと、本格レストランや温泉、ドッグラン等が併設されたレジャー施設のようになっているSAもあり、そのようなSAは単なる休憩地点でなく、ドライブや観光の最終目的地として利用されることも多くなっています。

パーキングエリア(PA)の定義

パーキングエリア(PA)とは、駐車場とトイレの他にコンビニ等の売店が備え付けられていることもあります。基本的にシンプルな作りとなっていることが多く、必要最低限の施設以外は有していません。

サービスエリアとパーキングエリアの違いって?

サービスエリア
©littleblend Co.,Ltd./stock.adobe.com

両者の違いは、施設が多いのがSA、SAと比べて比較的施設が最低限なのがPAという風に解釈できますね。では、両者の法律上の違いはどうなっているのでしょうか?

大きさ

大きさに関しては、サービスエリア(SA)がパーキングエリア(PA)よりも大きいことが一般的ですが、PAでもSAほどの規模の施設も存在します。

例えば、海ほたるPAや羽生PA、三芳PA草津PA、基山PAなどがあります。

間隔

サービスエリアの看板
©decoplus/stock.adobe.com

高速道路を利用者が安心安全に利用するためには、SAやPAの設置間隔はポイントになってくるでしょう。

PAは約15~25km間隔、SAは約50Km~60km間隔を目安に設置されています。なお、総合的に勘案して設置する場所が決められているため、必ずしもこの距離毎にあるわけではありません。

新たに高速道路を建設する際は、これを目安にSA・PAの立地環境を判断しながら、計画されます。

サービスエリアとパーキングエリアに厳密な区分は無い

国土交通省によれば、サービスエリアとパーキングエリアは以下のように区分するそうです。

高速道路の休憩施設は、提供するサービスの内容、休憩施設相互の位置関係によりサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)に区分しています。

一般的にはサービスエリアには休憩所、駐車場、トイレに加え売店、食堂、給油所などが備わっており、パーキングエリアには駐車場、トイレ、必要に応じ売店が備わっております。

国土交通省

SAとPAは、法律上の厳密な区分がされている訳でもなく、運営側がどう呼称するかによって、サービスエリアにもパーキングエリアにもなるということでした。

また、SA・PAが開通されたあとにサービスの内容が変更されても、基本的には呼び方が変更されることはありません。

長時間の運転時にはサービスエリアやパーキングエリアを利用しよう!

ドライブ似つかれた男性
©velimir/stock.adobe.com

旅行でも仕事でも、長時間の運転はドライバーを疲れさせ、重大事故の原因にもなります。運転中にちょっとでも疲労を感じたら、仮眠をとったり、車外に出て軽く体操をするだけでもいいので、最寄りのSAやPAで休憩を取るようにしましょう。

深夜の誰もいないPAで飲む缶コーヒーは、いつもより美味しく感じられますよ!

おすすめの高速道路に関する記事はこちら

高速道路の逆走事故の現状

高速道路のトンネル走行時はヘッドライトを点灯していますか?

高速道路での合流のコツ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事