MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ドライブ > 高速道路・SA・PA > 【意外と知らない】サービスエリアとパーキングエリアの違いとは?
高速道路・SA・PA

更新

【意外と知らない】サービスエリアとパーキングエリアの違いとは?

サービスエリアとパーキングエリアとは?

サービスエリアの画像です。

旅行やドライブ等で遠出をすると、完全な自動運転車でもない限り、如何あってもドライバーの疲労は溜まってしまいます。
また、高速道路上で渋滞に巻き込まれてしまえば、トイレに行きたくても車を出ることができず、長い間の我慢を強いられることもあるでしょう。
そんな時、サービスエリア・パーキングエリアはこの世のオアシスとも言える存在ですよね。

そのほかにも、その土地の名産を購入できたり、美味しい食事を食べられたりなど高速道路の利用にあたって非常に便利なサービスエリア・パーキングエリアですが、皆さんはそれぞれの意味に違いをご存知ですか?
意外と知らないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、そんなサービスエリアとパーキングエリアについて、その定義や意外と知らないそれぞれの違いについて解説しているので、是非ご覧になっていってください。

サービスエリアとパーキングエリアの定義って?

そもそもサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)とは、高速道路や有料道路に沿って設置されている休憩施設のことを指します。
高速自動車国道法という法律によって、高速道路の沿道には商業施設を設置してはいけないと定められているのですが、SAとPAに限っては例外的に、トイレ休憩や給油のための施設として設置が許可されているのです。

法律で定められていると書くと堅苦しい感じがしますが、近年では民営化や規制緩和によって、そのSA限定のグルメや名物、温泉や遊園地といった施設を有しているところもあるので、感覚的には郊外の大型ショッピングモールとあまり変わらないかもしれません。

高速自動車国道法 第十一条

第十一条  次に掲げる施設以外の施設は、高速自動車国道と連結させてはならない。
一  道路、一般自動車道又は政令で定める一般交通の用に供する通路その他の施設
二  当該高速自動車国道の通行者の利便に供するための休憩所、給油所その他の施設又は利用者のうち相当数の者が当該高速自動車国道を通行すると見込まれる商業施設、レクリエーション施設その他の施設
三  前号の施設と当該高速自動車国道とを連絡する通路その他の施設であつて、専ら同号の施設の利用者の通行の用に供することを目的として設けられるもの(第一号に掲げる施設を除く。)
四  前三号に掲げるもののほか、政令で定める施設

出典:高速自動車国道法 第十一条より引用

サービスエリア(SA)の定義

別府湾サービスエリア
出典:https://ja.wikipedia.org/

サービスエリア(SA)とは、高速道路等に大体50~60km間隔で設置されている休憩施設のことで、駐車場とトイレだけでなく、概ねガソリンスタンドや売店、食堂といった様々な施設が備え付けられています。

大きい所だと、本格レストランや温泉、ドッグラン等が併設されたレジャー施設のようになっているSAもあり、そのようなSAは単なる休憩地点でなく、ドライブや観光の最終目的地として利用されることも多くなっています。

パーキングエリア(PA)の定義

金成パーキングエリア

パーキングエリア(PA)とは、高速道路等に大体15~20km間隔で設置されている施設のことで、駐車場とトイレの他にコンビニ等の売店が備え付けられていることもあります。
基本的にシンプルな作りとなっていることが多く、必要最低限の施設以外は有していません。

サービスエリアとパーキングエリアの違いって?

サービスエリア
出典:©iStockphoto.com/ vitpho

ここまでサービスエリアとパーキングエリアについて解説してきて、両者の具体的な違いについては理解できたはずです。
大雑把にいえば、施設が多いのがSA、施設が最低限なのがPAといった風に解釈できますね。
では、両者の法律上の違いはどうなっているのでしょうか?

サービスエリアとパーキングエリアに厳密な区分は無い

国土交通省によれば、サービスエリアとパーキングエリアは以下のように区分するそうです。

高速道路の休憩施設は、提供するサービスの内容、休憩施設相互の位置関係によりサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)に区分しています。

一般的にはサービスエリアには休憩所、駐車場、トイレに加え売店、食堂、給油所などが備わっており、パーキングエリアには駐車場、トイレ、必要に応じ売店が備わっております。

出典:http://www.mlit.go.jp/

要するに先述したSAとPAの定義と同じなのですが、なんだかとっても曖昧です。
法律上の厳密な区分がされている訳でもなく、運営側がどう呼称するかによって、サービスエリアにもパーキングエリアにもなるという感じなんですね。

実際、関越自動車道の三芳パーキングエリアのように、施設の規模が一般的なSA並みに大きいところもあれば、上信越自動車道の妙高サービスエリアのように、一般的なPA並みの規模しかないところもあるので、両者を区分する根本的な違いは、名前の違いしかないと言えるでしょう。

長時間の運転時にはサービスエリアやパーキングエリアを利用しよう!

サービスエリアとパーキングエリアの違いはいかがでしたでしょうか?

旅行でも仕事でも、長時間の運転はドライバーを疲れさせ、重大事故の原因にもなります。
運転中にちょっとでも疲労を感じたら、仮眠をとったり、車外に出て軽く体操をするだけでもいいので、最寄りのSAやPAで休憩を取るようにしましょう。

深夜の誰もいないPAで飲む缶コーヒーは、いつもより美味しく感じられますよ!

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!