MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > V6エンジンの歴史とメリット・デメリット解説|名機と搭載車種5選
役立つ情報

更新

V6エンジンの歴史とメリット・デメリット解説|名機と搭載車種5選

V6エンジンとは

メルセデス・ベンツ ML350 4MATIC V6エンジン
メルセデス・ベンツ ML350 4MATIC V6エンジン

「V6エンジン」と略されて呼ばれることが多いV型6気筒エンジンは、6本のシリンダーを3本ずつ左右交互に配列し、1本のクランクシャフトに対してV字型に配置したレシプロエンジンのことを指します。

2000年代までは直列4気筒に次いで広く普及していたエンジン形式でしたが、最近では欧州車を中心にダウンサイジング・コンセプトのエンジンが主流になりつつあり、Eセグメント以上の大型車・高級車を除いて採用例は減りつつあります。

V6エンジンの歴史

世界初のV6エンジン車「1911年型ドライエ・タイプ44」

V型エンジンの歴史をひも解くと、V2、V4、V8、V12、V6の順番で開発されました。

世界初のV6エンジンは、アメリカの自動車メーカー・マーモンが1908年に試作したV6エンジンとも、フランスの高級車メーカー・ドライエが、1911年にドライエ・タイプ44用に開発したバンク角30度V6エンジンとも言われています。

しかし、これ以降V6エンジンを搭載するメーカーは第2次大戦後まで現れることはありませんでした。

V6エンジン普及のきっかけになった車「1950年型ランチア・アウレリア」

ランチア アウレリア
©art_zzz/stock.adobe.com

技術的なブレイクスルーにより、V6エンジンを広く普及させるきっかけとなったのは、1950年に誕生したランチア・アウレリアです。

ヴィットリオ・ヤーノの設計チームに所属していたフランチェスコ・デ・ヴィルジリオが手掛けたアウレリアのバンク角60度V6エンジンは、対抗するシリンダーの2本のコンロッドにそれぞれピンをつけ、そのピンの間に1枚ウエブを挟み込み、両方のピンを位相角にしたクランクシャフトを開発。

捻り角60度に採ったオフセットピン式クランクを60度バンクと組み合わせたことで、等間隔着火を実現したのです。

V6エンジンのデメリット

昔は乗用車に搭載することが難しかった

マーモンの試作エンジン以来、真に実用的なV6エンジンが長らく開発されなかった背景には、この等間隔着火の問題がありました。4サイクルエンジンは、クランクシャフトが2回転するごとに吸気・圧縮・燃焼・排気の4つの工程を行います。

V8エンジンを例にすると、720度÷8気筒=90度となり、バンク角を90度とすれば等間隔着火が可能となります。

ところが、V6の場合は720度÷6気筒=120度となり、等間隔着火を実現するためには、エンジン幅が極端に大きなバンク角120度のエンジンとなります。

これではサイズ的に乗用車に搭載することが難しいため、長らくV6エンジンは実用化されなかったのです。

直列6気筒エンジンより振動が大きい

ボルボ PRV製 V6エンジン
出典:wikipedia.org Author:Svennex パブリック・ドメイン

こうした流れを変えたのが、フランチェスコ・デ・ヴィルジリオが開発したV6エンジンでした。

アウレリアによって初めて乗用車に適したエンジン形式となったV6エンジンは以降改良が加えられ、DOHC搭載に適したバンク角65度、レスポンスに優れたバンク角90度のV6などが開発され、急速に普及して行きました。

しかし、V6エンジンは直列3気筒エンジンがV型に並ぶ構造のため、片側バンクに相当する直列3気筒エンジンと同じく、エンジン全体を揺り動かす偶力振動が発生してしまうという欠点があります。

バンク角60度では真円運動となるため、バランスウェイトを追加することで振動を消すことができますが、他のバンク角では楕円になるためにバランスウェイトを追加しても完全に振動を消すことはできません。

そのため、シリンダー数が同じ直列6気筒エンジンと比べると振動面では不利になります。

これが長らく「エンジンフィールエンジンサウンドの面でV6エンジンは直6エンジンに劣る」といわれてきた理由です。

また、構造的にも複雑かつ部品点数が多くなるため、重量が重くなり、コスト面やメンテナンス性に劣るというデメリットもあります。

また、同じ排気量で比べた場合、構造が複雑で重量が重いV6エンジンはパワーやフィーリングの面では有利になりますが、燃費性能では直4エンジンに比べて不利になるようです。

V6エンジンのメリット

日産 MAXIMA VG30E V6エンジン
日産 MAXIMA VG30E V6エンジン

しかし、デメリットを凌ぐメリットがV6エンジンにはあります。

それは同じ気筒数の直列6気筒エンジンに比べて、全長を短く、エンジン全体をコンパクトにできるため、ひとつのエンジンで縦置きのFR車にも横置きのFF車にも対応ができるという設計の自由度の高さがあるのです。

また、V6エンジンは全長が短いことで直6エンジンよりもエンジン本体やクランクシャフトの剛性を確保する必要がなく、設計やエンジン部品の製造面でコスト的に有利となります。

年々厳しくなる安全規制をクリアするためにコンパクトなV6が有利となることは言うまでもありません。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事