MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 車のプラットフォーム/アーキテクチャとは?共通化するメリットは?
役立つ情報

更新

車のプラットフォーム/アーキテクチャとは?共通化するメリットは?

車のプラットフォームの意味とは?

車の共通化プラットフォームの意味とは?

車のプラットフォームとは、車を構成する基本部品の一連の組み合わせのことを指します。

もう少し詳しく言うと、フレームやサスペンション、ステアリング、パワートレインといった、車にとって必要不可欠な要素を持つ車の基礎部分のことです。

このプラットフォームをアーキテクチャ(architecture)と呼ぶメーカー(ルノーやフォルクスワーゲン)もありますが、呼び方が違うだけで意味は同じとなっています。

日本においては、1990年代頃までプラットフォームのことをシャーシと呼ぶのが一般的でしたが、近年では海外に倣ってプラットフォームと呼ぶようになりました。

サスペンションの種類と構造の違い【今さら聞けない自動車用語】

プラットフォームの共通化のメリットやデメリットとは?

かつてはプラットフォームの共通化というと、旧型車のプラットフォームを新型車に流用するといったような、縦方向で一方通行の共通化が一般的でした。

しかし近年では、プラットフォームを最初から複数車種に跨って使用できる汎用的な設計にすることで、横方向につながる柔軟な共通化ができるようになっています。

プラットフォームを共通化するメリット

プラットフォームの共通化には、以下の様なメリットがあります。

開発コストの削減

一つの自動車を一から開発するには、莫大なコストがかかります。
その莫大なコストの大部分は、プラットフォームの開発費だといってもいいでしょう。

しかし、莫大なコストがかかったプラットフォームを複数の新型車種に流用すれば、車種ごとに異なるプラットフォームを開発するよりも、大幅にコストを抑えることができるのです。

生産コストの削減

複数の車種でプラットフォームを共通化するということは、生産ラインも共通のラインが使えるということであり、工場に新たな生産ラインを増設する必要も無いので、生産コストを大幅に削減することができます。

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)とは?メリット&デメリットから採用車種まで

プラットフォームを共通化するデメリット

プラットフォームの共通化には、以下の様なデメリットも存在しています。

無個性化

プラットフォームが共通している車種は、どんなにエクステリアで違いを付けたとしても、基本とする中身は同じプラットフォームなので、どこかしら似たような部分が出てきてしまいます。

専用のプラットフォームを与えられた車種と比較してしまうと、尖った個性を出しにくく、似たり寄ったりで無個性な車になってしまうかもしれないというデメリットがあるのです。

各自動車メーカーの最新共通化プラットフォーム

最新共通化プラットフォーム①トヨタ TNGA(Toyota New Global Architecture)

車の共通化プラットフォームの意味とは?

TNGA(Toyota New Global Architecture)は、トヨタ自動車が開発した次世代プラットフォームであると同時に、トヨタが掲げる自動車づくりの新戦略のことです。

現行モデルではプリウスやC-HR、レクサスLC500などで採用されています。

トヨタの「TNGA」とは?概念の解説と採用車種|新世代プラットフォームだけではない

最新「プリウス」中古車情報
本日の在庫数 11482台
平均価格 124万円
本体価格 0~400万円
最新「C-HR」中古車情報
本日の在庫数 2659台
平均価格 212万円
本体価格 138~440万円

最新共通化プラットフォーム②ルノー・日産アライアンス CMF(Common Module Family)

ルノーと日産の共通プラットフォームのメリットとは

CMFは日産とルノーの共同開発で生まれた共通プラットフォームです。
基本的に「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」、「電子アーキテクチャー」の5つのモジュールで構成されます。

現行モデルではローグやエクストレイル、ルノー・エスパスなどで採用されています。

日産のe-POWERとは?仕組みやEV・ハイブリッドとの違い、採用車種など

最新「エクストレイル」中古車情報
本日の在庫数 4295台
平均価格 159万円
本体価格 15~389万円

最新共通化プラットフォーム③フォルクスワーゲン MQB(Modulare Quer Baukasten)

フォルクスワーゲンの共通化されたプラットフォームMQB

フォルクスワーゲンの共通プラットフォームMQBは、全てのエンジンを同じ位置に搭載することができるという特長を持っています。
これにより、エンジンやギアボックスのバリエーションを約90%も削減可能です。

現行モデルではゴルフなどに採用される他、アウディTTやA3などでも採用されています。

【自動車の歴史】フォルクスワーゲンの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

最新「ゴルフ」中古車情報
本日の在庫数 1322台
平均価格 130万円
本体価格 3~435万円
最新「TTクーペ」中古車情報
本日の在庫数 394台
平均価格 183万円
本体価格 17~598万円

プラットフォームの共通化は当たり前!

新古車・未使用車の違いとは?
©Shutterstock.com/Solcan Sergiu

車のプラットフォームの意味やプラットフォームの共通化のメリットはいかがでしたか?

現在の自動車業界では、プラットフォームの共通化は当たり前のことであり、私達もプラットフォームが共通化されているおかげで、様々な種類の車を安く購入することができるのです。

普段は気にすることがない車のプラットフォームですが、街を走る車を観察してみると、意外な車同士でプラットフォームが共通しているかもしれませんよ?

あなたの好きな芸能人の愛車は何?芸能人・有名人所有の愛車図鑑!ジャニーズや芸人、女優やスポーツ選手など

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード