MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 【意外と知らない】生活道路の定義とは?制限速度などの規制についても!
役立つ情報

更新

【意外と知らない】生活道路の定義とは?制限速度などの規制についても!

生活道路の定義とは?

住宅街の町並み
©Kentaro Hayashi/stock.adobe.com

生活道路という言葉は、「生活道路での交通事故」、「生活道路を安全に」などのように使われる事が多いですが、道路交通関係法令で明確に生活道路を定義するものはありません。

しかし、道路交通法などで公安委員会が定めることができるとされる、「交通規制基準」(警察庁)では生活道路を「一般道路のうち、主として地域住民の日常生活に利用される道路」として定義しています。

国土交通省でも、概ねこれと同じものを生活道路としている考えているようです。

ちなみに一般道路にも明確な定義はありませんが、「交通の方法に関する教則」(国家公安員会)では、自動車専用道路以外の道路と考えているようです。ということは、国道や都道府県道などにも生活道路があるのかもしれません。具体的にはどのような道路を指しているのでしょうか?

【要注意】ガードレールに事故でぶつけたら弁償しないといけない?点数や報告義務について

生活道路の具体的なイメージは?

住宅街の生活道路
©tokoteku_2018/stock.adobe.com

使われる場面によっても多少限定的になったりもしますが、一般的に言われる生活道路のイメージは、幹線道路から外れた住宅街の中にあるセンターラインのないような道路だと言えます。

また、その地域の住民の車か、その地域の中に用事のある車しか入る必要がない道路とも言えるでしょう。

公的機関なども、生活道路に関する調査や研究を行っています。そこで生活道路をもう少し詳しく定義している場合もありますので、いくつかピックアップしました。

スクールゾーンとは?標識や時間帯、違反時の罰則から通行許可証申請まで

交通安全白書(内閣府)

「市街地における車道幅員5.5メートル未満の道路」

生活道路のゾーン対策マニュアル(一般社団法人交通工学研究会)

「地区に住む人が地域内の移動あるいは地区から幹線道路(主に国道や県道などで通過交通を担う道路)に出るまでに利用する道路」

生活道路におけるゾーン対策推進調査研究報告書(警察庁)

「主として地域住民の日常生活に利用される道路で、自動車の通行よりも歩行者・自転車の安全確保が優先されるべき道路」

【デスロード】死を覚悟する世界一「危険な道路」ランキングが怖すぎる

生活道路がなぜ注目されるのか

飛び出し注意の標識
©Hassyoudo /stock.adobe.com

ここ最近、ニュースなどでもよく生活道路に関する報道をよく見ます。その理由は、生活道路で起こる事故が目立つようになってきたからでしょう。

ご存知のとおり、交通事故の件数は年々減少しています。そして、その件数を大きく減らしてきたのは幹線道路での事故でした。

これは道路や標識等の整備、車の性能の向上、そしてドライバーの意識など様々な努力が重なった結果です。

しかし、残念ながら生活道路での事故数はあまり減っていません。そして、生活道路での事故で犠牲となってしまうのはほとんどが歩行者です。

生活道路の速度制限や規制などは

生活道路
©Rainbow puma /stock.adobe.com

生活道路における交通ルールに関しては、内閣府、国土交通省、警察庁などの国家機関、道路を管理する各地方自治体などを中心に、統一的な基準やルールを定めています。

また、各団体がそれぞれ交通事故の防止対策なども打ち出しています。

生活道路の速度制限は30km/h以下

速度制限30km/hの標識
©nmann77 /stock.adobe.com

平成21年の交通規則基準の改正により、生活道路の速度制限は原則30km/hとされました。車と歩行者が接触した時、30km/hを超えていると致死率が急激に上がるというのが理由です。

そして、速度規制と合わせて道路にも様々な対策が取られています。センターラインを無くして路側帯の拡幅、歩道や防護柵の設置、車の速度を抑制させるためのスラローム・ハンプ・ポールを設置するなどで、多岐にわたります。

生活道路の区域による最高速度規制「ゾーン30」

ゾーン30の道路標識
©Hassyoudo /stock.adobe.com

ここで気をつけておきたいのが、「ゾーン30」の取り組みです。

道路の速度規制は、通常は個別に標識等で定めています。しかし、「ゾーン30」の区域内ではそのすべての道路に30km/hの速度制限が適用されます。

この区域の入口に「ゾーン30」を示す標識が設置されています。

今まではなかったゾーン30にもオービスが導入!?全6種類のオービスを解説!

生活道路のため進入禁止?

たまに「生活道路のため進入禁止」のような看板を設置して車の進入を抑制している場合を見かけますが、これは個人が公道にこのような表示を出すことはできません。

看板等の設置には、公安委員会や警察署の許可が必要となっています(私道であれば構いません)。

【要確認】知らずに捕まる道路交通法!意外と知らない違反に注意

生活道路では規制を守って

スクールゾーン路面表記 7時30分-8時30分

スクールゾーンの路面表記 7時30分-8時30分まで
©Hassyoudo/stock.adobe.com

生活道路の定義から生活道路の速度制限などの規制について紹介いたしましたが、いかがでしたか?

紹介したもの以外にも、生活道路は時間帯によって歩行者専用になってそもそも車両の通行が出来なくなったり、一方通行などの規制も多くあります。そのため、標識などで規制をよく確認する必要があります。

生活道路の趣旨からすると、渋滞時の抜け道や、単に近道になるという理由で生活道路を通行することはできるだけ避けた方が良さそうです。

生活道路での事故を減らしていくために様々な規制や対策が取られていますが、ドライバーの意識を変えることでも大きく貢献できるのではないでしょうか。

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ