MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > ディーラーと販売店はどう違う?車を買う時・点検・整備・車検時に得することは何?
役立つ情報

更新

ディーラーと販売店はどう違う?車を買う時・点検・整備・車検時に得することは何?

点検・整備・車検時にディーラーで得することは?

@Shutter2U©/stock.adobe.com

基本的な整備や車検に関しては、他の自動車整備工場やカー用品店と比較すると値段が割高に感じますが、ディーラーだから得することはもちろんあります。

高いサービス料に見合った手厚い整備が受けられる

本文の内容で幾度となく説明する内容となってはしまいますが「ディーラーの点検・整備・車検の料金は高いが、整備の質も高い」という所が一番ディーラーで得をする点なのではないでしょうか?

値段を安く済ませたいという方で格安で整備してもらったけどそのあとにオイル漏れや不具合がでてしまってはせっかく整備をした意味がありません。

そういった点では値段は高いが安心感を得られるディーラーはおすすめと言えます。

また、整備士の判断から車の予防整備をするケースが多く、故障する前に事前に交換・修理してもらうことができます。

部品や油種類に関しても、社外や汎用部品などではなく、メーカーが推奨する純正部品やオイルを使用していることで、車の性能や不具合が起きるリスクを下げることができます。

メーカー保証が使える

車検などの整備後のメーカー保証があることもディーラで整備を受ける中で重要なポイントです。

ディーラーで新車を購入したときに保証が付帯されますが、例として日産では延長保証という形で「グッドプラス保証」というものがあります。

この保証は初回車検時に加入することで、新車登録時から2回目の車検までの5年間延長するこができ、さまざまなトラブルや故障に対応してくれます。

長く付き合いたい良いディーラーを見極めるポイントは?

@yumeyume/stock.adobe.com

車の車種によって販売金額はさまざまですが、決して安い買い物ではありません。

また、今後お世話になるであろうディーラーの見極め方にはいくつかポイントがあります。

営業の対応や店内の活気

新車の購入後の点検・車検はサービスが接客・対応するとはいえ、お客様の窓口となるのは営業です。

営業が親身に話を聞いてくれる、相談に乗ってくれるのは長い付き合いの中で非常に重要なポイントです。

また、ディーラーだからといって高い水準のお店ばかりではありません。そこで働く従業員は皆人間ですので、あなたの個性にあった営業マンを見つけましょう。

また、店内の活気も重要になってきます。

ディーラーには、営業のCA・サービスのTS・フロア管理をするSAなどが存在し、ショールームが汚い・暗いなどの見た目で活気がなさそうに感じる店舗は注意が必要です。

単純に祝日でも店内に人が少ない店舗は業績が悪い傾向にあり、立地や規模にもよりますが人の往来や活気がある店舗の方が従業員数や業務形態の基盤がきちんとしている店舗が多いです。

整備士の技術力

整備士の技術力と言っても作業風景や内容を見ても知識が無ければ判断はしづらいかと思います。

しかしいくつかの判断ポイントがありますので参考にしてみてください。

  1. サービスの工場が整理整頓されている(見た目が綺麗)
  2. 点検・車検などの整備作業時間が決まっている
  3. 整備結果説明の内容が理解しやすい(今後の車の乗り方や消耗品の交換などのアドバイスがある)
  4. フロント・サービスからの押し売りが無い

などのポイントが挙げられますが、あくまで参考の一つとして判断して頂けると幸いです。

整備工場が整理整頓されているかの判断はディーラーの店舗の作りによって違いますが、作業風景や車の下回りを見たいという旨をフロントに伝えることで確認することができます。

床がオイルまみれであったり、工具や部品が乱雑に置かれている工場は見た目はもちろんのこと、技術力の信頼性が低く感じさせます。

また、作業で通常であれば1時間のところ2~3時間待たせるというケースもあり、工場の一日の工程管理ができていない、作業スポードが遅いとなってしまうことや、ショールームで待つ時間も苦痛になってしまいますよね。

作業時間では逐一、途中結果報告などで今の状況を教えてくれるディーラーが安心できます。

整備結果説明には専門用語や只点検記録簿を見せながら順番に説明する整備士は、車を所有している本人が何の整備を実施したのか理解できません。わかりやすい・イメージしやすい内容で説明してくれる整備士を選びましょう。

押し売りに関しては利益を重要視した店舗によくあるイメージです。必要性がない部品や消耗品を交換が必要と説得して販売してきます。

これに関しては判断が難しい所ではありますが、交換時期や前回の交換履歴を見て必要性の有無を確認した上で購入するようにしましょう。

その他のディーラーに関する記事はこちら

高級車ディーラーはやっぱり敷居が高いの?

ディーラー洗車の料金はいくらなの?

わざわざディーラーでタイヤ交換を行うメリットはあるの?

執筆者プロフィール
F2L
F2L
平成6年生まれ。愛車はDR64W クリッパー。キャンプや登山等のアウトドアや車を使った車中泊の相棒です。ライター歴は3年。二級自動車整備士として5年間日産のディーラーでメカニックをやっていました。整備士...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード