MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 寒冷地仕様車は標準車と何が違う?メリットとデメリットは?プリウスやハイエースを例に解説
役立つ情報

更新

寒冷地仕様車は標準車と何が違う?メリットとデメリットは?プリウスやハイエースを例に解説

寒冷地仕様車とは?

寒冷地仕様車

寒冷地仕様車は、雪や寒さの厳しい地域でも車を安全快適に使えるよう、機能や装備を充実させた車のことです。一般に、通常装備に加えて寒さや雪対策がされているため「寒冷地仕様」というオプションにあたります。

雪道走行のための必要装備としてはスタッドレスタイヤが一般的ですが、エンジンやバッテリー、ミラー、シートなど、様々な箇所が雪国に最適化されます。寒冷地仕様車は氷点下20℃以下の環境でも車両不具合が起きないように設計されているそうです。

寒冷地仕様車は「寒冷地仕様」のオプションを追加するケースと、そういったオプションを追加した車を地域標準とし「北海道価格」などを設定して販売するケースがあります。

標準車でも寒冷地OKのメーカーもある

現在、国産車メーカーにおいて「標準車」と「寒冷地仕様車」を明確に分けて販売しているのはトヨタ、日産、ダイハツ、三菱です。

しかし、ホンダやスバル、スズキ、マツダなどは、寒冷地でも問題なく走れる標準車となっているため、寒冷地専用のオプションや価格設定はありません。

例えばトヨタは「寒冷地仕様装備」をメーカーオプションとして用意しています。また、北海道地区の場合は寒冷地仕様が全車標準装備となります。

また、2WD車と4WD車で寒冷地仕様の標準装備とオプションの内容が異なる場合もあります。

輸入車は表記がなくても寒冷地仕様の場合が多い

外車においては「寒冷地仕様車」自体がない場合が多いです。メルセデス・ベンツやアウディなど、日本でも人気のドイツ車は寒冷地でも問題なく使用可能です。

寒冷地仕様車と普通仕様車の違い

バッテリー容量や電装品が強化されている

寒冷地仕様車はバッテリー、オルタネーター(電気を生成する発電機)の容量が普通仕様車と比べ、大きくなっています。

また、エアコンやワイパー、スターターモーター・リアデフォッガーの効果(効き)も強化されています。

ボディの防錆性・防腐性が強化されている

雪道に撒かれる融雪剤は塩分を含むため、車体下の錆の原因になります。そのため、寒冷地仕様車は防錆剤の塗布などにより、標準車より錆への耐性がアップしています。

液体類が凍らない工夫が施されている

ロングライフクーラント、ウインドウォッシャー液は凍結を防ぐため濃度を上げられています。また、タンクの大容量化が行われ、寒冷地でも液体切れを防ぎます。

ドアミラーやハンドルにヒーターを採用している

ドアミラーにヒーターを実装することで、凍結による視界不良を防ぎます。また、ハンドルやシートにもヒーターを採用し、寒い日の運転を快適にします。

材質を変更して雪への対策を行っている

寒冷地仕様車にはスノーワイパーブレードが使われています。スノーワイパーブレードは、ブレード全体がゴムで覆われており、着氷雪時でもきちんと拭き取りができます。

また、ウェザーストリップの材質を軟質化し、ドアの隙間から風雨や雪の侵入を防ぎます。

暖房機能が向上

シートヒーターの実装やウェザーストリップの材質変更により、車内の暖房機能が高められています。

また、ヒーターリヤダクト(後方への暖房効果の向上)や、サブマフラー(排気熱をエンジン暖気に利用する。エンジンの暖めが速やかになり、暖房効率、燃費悪化を防ぐ)がなど搭載されます。

寒冷地仕様車の装備は?

寒冷地仕様車としてトヨタや日産が用意している装備を紹介します。

高濃度冷却水

極寒でも凍らないように濃度を上げた冷却水です。トヨタでは標準仕様のLLCが30%なのに対し、寒冷地仕様車では50%まで濃度を上げています。これにより-35℃ほどまで冷却水が凍結しなくなります。

猫には毒の不凍液とは?水道水と混ぜてラジエーターにいれて大丈夫なのかを検証

大容量ウォッシャータンク

ウォッシャー液切れを防ぐため、タンクの容量をアップしています。例えばトヨタ カローラスポーツでは、標準仕様2.5Lに対し寒冷地仕様車は4.8Lとなっています。

補助ヒーターや即熱性ヒーター

エンジン始動後なるべく早く車内を暖めるために、補助ヒーター(トヨタ)や続熱性PTCヒーター(日産)が搭載されています。

リアヒーターダクト

リヤシート足元からも温風が出るよう、ダクトが設定されます。車種によっては、後席のエアコン温度を調節できる装備も追加されます。

ハンドルヒーター

ハンドル部分を暖めるヒーターです。

シートヒーター

フロントシート(運転席、助手席)の座面や背面を暖めるヒーターです。

ヒーター付きドアミラー

曇りを取るために、熱線を配したドアミラーです。

リアフォグランプ

吹雪や霧などで視界が悪いとき、後続車に存在を知らせるための赤色灯です。

【迷惑注意】リアフォグランプ、雪の日は点ける?欧州車は装備義務付

ウインターブレード

凍りつかないよう、ブレード本体をゴムラバーで覆った寒冷地用のワイパーブレードです。

ウインドシールドデアイサー

ワイパーに付着した雪や氷を溶かすための、フロントガラスに貼られた熱線です。

標準車でセットオプションとして選べる場合も

ハンドルヒーターや、シートヒーター、ヒーター付きドアミラーなどは、標準車のセットオプションになっている場合もあります。

寒冷地仕様車がないメーカーは、こうしたセットオプションを用意することで、標準車を寒冷地で問題なく乗れるようにしています。

大容量バッテリーやシートヒーターは後付けもできる

標準車であっても、バッテリーを大容量のものに変更したり、後付けシートヒーターを導入するなど、”寒冷地仕様車風”にカスタムすることができます。冬のカーライフの豆知識として覚えておくのもおすすめです。

後付けシートヒーターおすすめ人気10選と選び方|エアコンよりも燃費が良くなるってホント?

寒冷地仕様車のメリット

先程紹介した寒冷地仕様車の装備は、寒冷地でなくても重宝します。標準車にはないメリットを紹介します。

バッテリー上がりしにくい

寒冷地仕様車として容量の大きいバッテリーを搭載している場合、バッテリーが上がりにくくなります。寒い時期はもちろんですが、普段車に乗る回数が少ない人にとってはありがたい仕様です。

車のバッテリー上がりの対処法は?症状&応急処置とつなぎ方

曇り止めや暖房は日常使いでも重宝する

ドアミラーの曇り止め、シートヒーターやハンドルヒーター、即熱性ヒーターは寒い地域に限らず真冬の運転に重宝します。

防錆ボディは海の近くでも有効

融雪剤対策の防錆ボディは、海水や海風による錆や腐食に対しても有効です。

寒冷地仕様車のデメリット

標準仕様車よりも少し値段が高い

現在、寒冷地仕様車は標準車よりも値段が3万~5万円ほど高くなります。トヨタ車の場合、「メーカー希望小売価格」と「北海道地区メーカー希望小売価格」を比べてみるのがわかりやすいです。

価格差から見れば寒冷地装備の価値はお値段以上といえますので、一概にデメリットとなるとは言えません。

寒冷地仕様車を選ぶ・乗る際の注意点

寒冷地仕様車は温暖地で乗るとオーバヒートする?

寒冷地仕様車を寒い地域以外で乗った場合でも問題ありません。オーバヒートなどの危険はないため、北海道で乗っていた寒冷地仕様車を沖縄で乗ることができます。

寒冷地用装備の後付けは難しいので注意

大容量バッテリーや高濃度冷却水には交換できますが、ヒーター類やハンドルヒーター、ヒーター付きドアミラーなどの電装品の後付けは難しいので注意しましょう。

標準車のセットオプションも、注文時のオプション(メーカーオプション)となり後日購入が難しい場合があります。

中古車を選ぶ際は寒冷地仕様の有無に注意

寒冷地で乗る中古車を選ぶ際は、寒冷地仕様車であるかや装備内容を確認しましょう。

寒冷地仕様車と標準車の違いをプリウス・ハイエースで説明

寒冷地仕様車のプリウスと標準車の違いは?

プリウスの普通仕様車はエンジン冷却水濃度がLLC30%に対して、寒冷地仕様車の場合はLLC50%となっています。リヤフォグランプは、普通仕様車にはありませんが、寒冷地仕様車は装備されています。

また、 寒冷地仕様車にはウインドシールドデアイザーが導入されています。

他に暖房性能を確保するPTCヒーター、サブマフラー、ヒーターリヤダクトも普通仕様車には装備されていないのですが、寒冷地仕様車では搭載されています。

最新「プリウス」中古車情報
本日の在庫数 11482台
平均価格 124万円
本体価格 0~400万円

寒冷地仕様車のハイエースと普通仕様車の違いは?

ハイエースワゴンGLブラック

ハイエースも寒冷地仕様車の場合はLLC濃度が50%となり、普通仕様車よりも濃度が高くなっています。バッテリー容量も普通仕様車よりもパワーアップしています。

ボディは融雪剤によりサビができやすいので、寒冷地仕様車は2コートで塗膜の光沢や耐久性が向上しています。ただしスーパーGLは最初から2コート塗装されていますので、普通仕様車と寒冷地仕様車の違いはありません。

他に、防塵処理やマニュアルアイドルアップ、リアドアアウトサイドモールディング、ステップ部のカバー、PTCヒーターリアヒーター、ガソリン車のAT車のみスノーモードで2速発進ができるという設定もあります。

最新「ハイエースバン」中古車情報
本日の在庫数 4148台
平均価格 259万円
本体価格 28~923万円

寒冷地仕様車と普通仕様車はどちらが良いの?

寒冷地仕様車は、住んでいる場所によっては必要の無い機能もあります。しかし、数万円で便利なオプションが付けられることから、寒い地域に住む人以外でもウインタースポーツに出かけるならおすすめといえます。

また、寒冷地仕様車を温暖地で乗るのは問題ありませんが、標準車を北海道など寒さが厳しい地域で使う場合は注意が必要です。特に4WD車でない場合は、地域によっては厳しいかもしれません。

標準仕様のまま使う場合は、冷却水の濃度を高くする、雪や氷に強いワイパーに交換する、ボディに防錆剤を塗布する、バッテリー容量を大きくする、後付けシートヒーターを導入する…などの対策を行いましょう。

車の寒さ・冬対策に関連するおすすめの記事

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード