MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 【ガス欠】ガソリンランプ・給油ランプが点灯しても50km走れる?前兆と対処法
役立つ情報

更新

【ガス欠】ガソリンランプ・給油ランプが点灯しても50km走れる?前兆と対処法

ガス欠はJAFの出動理由のなかでも常に上位にあるトラブル。燃料警告灯が点灯してから50kmは走行できると噂されているものの、それを鵜呑みにしていてはガス欠に陥ります。ガス欠は車に後遺症を残す恐れもある重大トラブルです。ガス欠を起こさないための予防法や、起こしてしまった際の対処法を解説します。

燃料警告灯が点灯したら何キロ走れる?

©PixieMe/stock.adobe.com

自動車の燃料残量が少なくなってくると点灯する「燃料残量警告灯」。

日本車は燃料タンク容量の15%以下になると点灯するように設定されており、燃料警告灯が点灯してからおおよそ50km走行できるように設計されています。

ただし実際の警告灯点灯後における航続可能距離は、車の燃費や残燃料によって変動するため一概に50kmと定めることはできません。ガソリンランプが点灯する燃料残量の参考値は、その車の取り扱い説明書に記載がありますので、確認しておきましょう。

ガソリンランプが点灯しても、次のSAまでは給油なしで走れる?

50kmの根拠は諸説ありますが、代表的な理由は「ガソリンスタンドを備えたSA(サービスエリア)が、だいたい50km間隔で設置されているから」というものです。

単純に考えれば高速道路を走行中にガソリンランプが点灯しても、次のSAまでは給油なしで走れるということになります。

ただし、50kmごとに給油所を設置するという基準は、道路公団時代までの話ですので、現在の高速道路では通用しません。ガソリンスタンドを備えたSAにたどり着くまでに、50km以上の距離を走らなければいけない場合ももちろんあるので、注意しましょう。

高速道路上でのガス欠は道路交通法違反

警官が女性ドライバーをチェック
©sharaku1216/stock.adobe.com

高速道路上でのガス欠による停車は例外的に駐車違反には問われません。しかしガス欠を含む整備不良に起因する高速道路上での停車は、路側帯の外側や非常駐車帯への停車であっても道路交通法違反です。

高速道路上でのガス欠は「高速自動車国道等運転者遵守事項違反」の罰則名で、反則2点に加え、普通車9,000円・二輪車7,000円の反則金が課せられます。

燃料が切れると車はどうなる? ガス欠の前兆と症状

©︎Janni/stock.adobe.com

燃料が完全になくなる前には前兆があります。以下のような前兆が発生したら、まもなくエンジンが停止するサインであるため、ハザードランプを点灯させ後続車に注意を促しつつ車を路肩に寄せて安全を確保しましょう。

ガス欠でエンジンが停止する直前には、アクセルペダルの反応が鈍くなり、ペダルを踏み込んでも加速ができなくなります。また、エンジン回転も不安定になり、異音や振動が発生。車全体が揺すられるようになり、最終的にはエンジンが停止します。

ガス欠寸前でなくとも、燃料が残り少なくなった状態で坂道やカーブにさしかかると、以上のような症状が出る場合があります。これは車が傾いたことで燃料タンクも傾き、燃料ポンプが吸込口から燃料を吸えなくなった際に起こる瞬間的なガス欠症状です。

車がガス欠になったときの対処法

©New Africa/stock.adobe.com

車を揺らす・時間を置いてエンジンをかけ直す

燃料タンクの底は平面ではないため、ガス欠で一度エンジンが停止してもタンク内には若干の燃料が残っている場合があります。車を揺らし、残った燃料をポンプの位置に移動できればエンジンが始動できる可能性があります。

また、停止後10分程度時間を置いてからエンジンをかけ直すと、リターンパイプに残った燃料がタンクに戻り、エンジンがかかることもあります。

ただし、これらの方法でエンジンが始動できたとしても、走行できるのは数百mから数km程度です。あくまで安全な場所へ車を移動させるための緊急措置であることを覚えておきましょう。

車を押して移動させる

2名乗車かつ車が比較的小型である場合は、人力で車を押すことも可能です。ギアはニュートラルに入れパーキングブレーキを解除し、1人はハンドルを操作して、もう1人が後方から車を押すことで車を移動できます。ただし坂道で車を押すのは危険であるため、平地でのみ行いましょう。

電動パーキングブレーキ搭載車は、エンジンオフで自動的にパーキングブレーキが動作する設定になっている場合があるため、手動操作で解除してから車を押してください。

牽引してもらう

救助車から牽引ロープを用いて最寄りのガソリンスタンドまで牽引してもらうことで車を移動できます。故障車を牽引する場合に牽引免許は不要であるため、普通免許さえ保持していれば誰でも牽引できます。

牽引される側の車はエンジンがかけられないため、ハンドルやブレーキを操作するのに強い腕力が必要になる点には注意が必要です。ガス欠のみならず、車のトラブル対処に牽引ロープは必須であるため、車内に常備しておくことをおすすめします。

燃料を買いに行く・買ってきてもらう

最寄りのガソリンスタンドまで運転者もしくは同乗者が燃料を買いに行く、または友人や家族などに電話連絡して燃料を買ってきてもらう方法でもガス欠に対処できます。

燃料携行缶を有償で貸し出してくれるガソリンスタンドがある一方、貸出を禁止している店や、セルフスタンドのなかには携行缶への給油を断っている店もあるため注意が必要です。

セルフスタンドでの利用者による給油は法律上認められていないため、必ず係員に給油を依頼しましょう。また、携行缶に燃料を給油してもらう際には身分証明証の提示も必要です。

ロードサービスを利用する

もっとも確実な対処方はロードサービスの利用です。JAFもしくは、加入している自動車任意保険のロードサービスに救援要請を出せば、現地までロードサービスの救援車が来て有料で給油をしてくれます。

ただし高速道路上での救援は高額な燃料代に加えて、高速道路料金も請求されることを覚えておきましょう。

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事