MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 運転免許 > 【牽引免許取得マニュアル】費用・条件・教習内容・流れ・日数・一発試験|運転免許Q&A
運転免許

更新

【牽引免許取得マニュアル】費用・条件・教習内容・流れ・日数・一発試験|運転免許Q&A

けん引免許とは?

けん引のイメージ

けん引免許とは、車両総重量が750kgを超える車をけん引する場合に必要な免許のことです。けん引免許には以下の3種類あります。

・けん引免許

大型(トラクター)でトレーラーを輸送する際に必要な免許。

・けん引二種免許

旅客運送として、けん引される車両を運転する際に必須となる免許。

・けん引小型トレーラー限定免許

750kg~2,000kg未満限定で、けん引することができる免許。

また、車両をけん引する際には、けん引免許の他にも必要な免許があります。たとえば、けん引する大型トラクターが、2,000kgの車両(トレーラー)をけん引する場合、大型免許とけん引免許の両方が必要になります。中型・普通自動車免許では、けん引免許があっても運転することはできません。ただし、750kg以下の車をけん引する場合や故障車をけん引する場合には、けん引免許は必要ありません。

けん引免許が必要となる「けん引される車両」とは?

けん引免許が必要となる「けん引される車両」とは、車両総重量750Kgを超えている自走しない車両のことをさします。荷台や客車がこれに該当し、トレーラー(被けん引車)と言います。レジャーで使用するキャンピングトレーラーやボートトレーラーなども750kgを越えていれば、けん引免許が必要になります。

けん引免許取得の条件とは?

けん引免許取得の条件には、3種類の免許に合わせた資格が必要です。

けん引免許一種の取得条件

  • 年齢が18歳以上。
  • 視力が両眼で0.8以上で、一眼でそれぞれ0.5以上。
  • 三桿法の奥行知覚検査器により3回の深視力検査をし、その平均誤差が2センチメートル下。
  • 色彩識別能力検査で、赤・青・黄色の識別ができる人。
  • 聴力検査にて、10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえる人(補聴器により補われた聴力を含む)。
  • 二種、大型、中型、準中型、普通、大型特殊免許のいずれかの免許を取得している人。

けん引免許二種の取得条件

  • 第一種免許を取得後3年が経過し、且つけん引免許第一種保持している方。または他の二種免許保持している人。
  • 年齢が、満21歳以上。
  • 視力が両眼で0.8以上で、一眼でそれぞれ0.5以上。
  • 三桿法の奥行知覚検査器により3回の深視力検査をし、その平均誤差が2センチメートル下である人。
  • 色彩識別能力検査で、赤・青・黄色の識別ができる人。
  • 聴力検査にて、10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえる人(補聴器により補われた聴力を含む)。

けん引小型トレーラー限定免許の取得条件は、けん引免許一種の受験資格と同様です。

免許取得までの流れと所要日数は?

運転免許証のアップ
©Kumi/stock.adobe.com

けん引免許(けん引免許一種)を取得する方法は、おおまかに3種類あり、所要日数としては、一発試験の場合は1日、教習所では最大3ヶ月の取得期間があります。

管轄の運転免許試験場で直接試験を受ける

いわゆる一発試験です。免許取得の流れは下記となります。

  1. 技能卒業検定に合格(不合格の場合は、再度検定を受ける)
  2. 運転免許試験場での適性検査(視力検査など)に合格
  3. けん引免許証交付

一発試験の場合は、技量によって時間がかかったり、試験日などによって合格までに日数を要したりする場合があります。

公安委員会より指定された公認自動車学校

いわゆる教習所に通って取得する方法。免許取得の流れは下記となります。

  1. 指定自動車教習所に入学する
  2. 適性検査・運転適正検査(視力・聴力検査など)を受ける
  3. 技能教習(12時間)を受講(追加補習の可能性あり)
  4. 技能卒業検定に合格(追加検定の可能性あり)
  5. 運転免許試験場での適性検査(視力検査など)を受ける
  6. けん引免許証交付

ゆとりをもって自分の空いている時間に通うという取得方法のため、多くの教習所では、約3ヶ月間の取得期間を設けています。

教習所が行っている合宿に参加して取得する方法

教習所が宿泊施設を提供し、合宿で免許を取得する方法。一日のカリキュラムが組まれているため、効率的な教習を受講できます。

自動車教習所の費用はいくら?

自動車教習所の一般的な費用は、150,000円〜170,000円前後になっています。注意点としては、入校の条件が各教習所で違うことが挙げられます。必要な所持免許が、普通車以上が対象の教習所や、中型・大型以上が対象の教習所などさまざまです。

教習所は、最短何日で卒業できる?

教習所に通って最短で卒業できるのは、6日(検定日込み)という所が多いです。合宿の場合には、最短5泊6日というカリキュラムを組んでいるところが目立ちます。これは、けん引免許の技能講習自体が、最短で12時限(第一段階5時限+第二段階7時限)で、一日の教習時限数が決まっているからです。

一発試験の難易度は?

結論から言うと、一発試験で合格する難易度は高いといえます。年度ごとの平均的な合格率は、毎年20%から25%ほどです。ほとんどの人が、4回から5回ほど受験して、けん引免許を取得していることになります。また、1回の受験費用は、6,100円(試験手数料2,600円、交付手数料2,050円、試験車使用料1,450円)です。これに往復交通費などを入れると合格までに、最低でも50,000円前後かかるということになります。

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第2グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!