MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > 【タイヤのローテーション】やり方から目安時期、工賃・費用まで
車検・メンテナンス

更新

【タイヤのローテーション】やり方から目安時期、工賃・費用まで

タイヤローテーションとは?

新品タイヤが並ぶ棚

タイヤローテーションとは、いま付いているタイヤの位置を入れ替えることです。タイヤは走っているうちに、前輪と後輪の減り方(摩耗の進行具合)が違ってきたり、偏った減り方(偏摩耗)を起こしてしまいます。これは、車の駆動方式やホイールの位置・角度などによるもので、ドライバーが気をつけていれば防げる現象ではありません。

前輪と後輪の減り方の違いが大きいまま放置していると、走行中の振動や騒音、乗り心地に影響します。偏摩耗を放置するとタイヤのグリップ力が地面に伝わらなくなったり、ブレーキが効きにくくなったりします。タイヤローテーションにより、4本のタイヤの減り方を均一にすることができます。

定期的なタイヤローテーションは、4本のタイヤの溝を均等に減らしていくことができるため、経済的です。

タイヤ交換とタイヤローテーションの違い

タイヤ交換は「パンクした1本のタイヤを新しいタイヤに交換する」「夏タイヤ4本を冬タイヤに交換する」といった作業のため、新しいタイヤを用意していることが前提です。対してタイヤローテーションは、いま付いている4本のタイヤの位置を入れ替える作業ですので、新しいタイヤは必要ありません。

アラインメントとタイヤの減り方の関係

ホイールやサスペンションなど、車の足回り部品の取り付け方においては、地面に対して内向き・外向き(キャンバー)、進行方向に向かって内向き・外向き(トー)といった細かな設定をすることができます。これをホイールアライメントといい、タイヤの減り方に大きく関わってきます。

基本的にはタイヤのインチアップや足回りのローダウンといったカスタムの際に設定・調整されるものですが、近年ではアライメントを設定した乗用車が増加傾向にあります。そのため、ますます4輪のタイヤの減りが不均一となり、タイヤローテーションによる調整が不可欠になっています。

タイヤローテーションの目安時期

タイヤローテーションの時期の目安は、おおむね5,000km走行ごととされています。ただし、タイヤの特性や車重、駆動方式などの諸要素により変動しますので、修理工場やディーラー、ショップなどに確認するのがおすすめです。

タイヤローテーションの方法

タイヤローテーションの基本

  • フロントタイヤとリアタイヤの交換が基本!
  • 回転方向の指定のないタイヤは、回転方向を逆に(指定のあるタイヤは正しい方向で)
  • 同一サイズのスペアタイヤがある場合は、スペアタイヤも含めて5本でローテーションする(応急タイヤの場合は行わない)
  • FF車のフロントタイヤは特に摩耗しやすいので、早めのローテーションがおすすめ
  • 新品タイヤ装着時は早めのローテーションがおすすめ

ローテーションにおいてどの位置のタイヤを入れ替えるかは、駆動方式により異なります。タイヤメーカーがローテション方法を指定している場合は、その指示に従ってください。また、回転方向が指定されているタイヤでは、前輪後輪の入替えのみとなります。

FF車・FF車ベースの4WD(スペアタイヤなし)

  • 前輪→後輪(左右は入替えない)
  • 後輪左→前輪右
  • 後輪右→前輪左

FR車・FR車ベースの4WD(スペアタイヤなし)

  • 前輪左→後輪右
  • 前輪右→後輪左
  • 後輪→前輪(左右は入替えない)

スペアタイヤがある場合 (FF・FR・4WDともに)

  • 後輪右→スペアタイヤ
  • スペアタイヤ→後輪左

タイヤローテーションの工賃・価格の相場

オートバックス、イエローハットなどの大手チェーン系カー用品店、タイヤ館などのタイヤ専門チェーン店系ショップでは、タイヤローテーションの工賃の相場は2,000円〜3,000円となっています。ホイールサイズによって金額が異なるほか、セダンSUVなどの車種によっても金額が異なりますので、店舗に確認しましょう。

タイヤローテーションは自分でやってもいい?

タイヤローテーションは自分で行うこともできます。ただし、タイヤ交換と違って、4輪のうち2輪のタイヤを脱着しなければならないので、作業工数がかかります。2輪を同時に持ち上げるためにジャッキを2個使うのは危険ですので、絶対にやめましょう。大型のガレージジャッキを使ってウマに乗せるか、スペアタイヤを使って1輪ずつ、外す→スペアをはめて下ろす→別タイヤを外す→最初に外したタイヤをはめる…という風に行うのがよいでしょう。

また、ホイールナットを締める時、正しい力で締めることができるトルクレンチを適正な数値で使いましょう。締める力が弱いとホイールは当然外れやすくなります。かと言って力任せに締めるとホイールナットのネジ山を削ってしまい、走行中のタイヤ脱落に繋がります。

タイヤ交換時や定期点検時にタイヤローテーションしてもらうのがおすすめ

タイヤローテーションは自分でも行うことができる整備ではありますが、工賃が2,000円〜3,000円であることを考えると、ディーラーや整備工場、大手チェーン系カー用品店、タイヤ専門チェーン店系ショップなどに依頼してもコスパは十分といえます。そのため、1年ごとの法定点検時やタイヤ交換時など、車を持ち上げての点検・整備を行うタイミングで、タイヤローテーションも一緒に依頼するのがおすすめです。

https://car-moby.jp/article/automobile-supplies/tire-studless/tire-exchange-2/
すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!