MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 車検・メンテナンス > サイドスリップとは?DIYでの調整方から業者での調整料金まで
車検・メンテナンス

更新

サイドスリップとは?DIYでの調整方から業者での調整料金まで

サイドスリップって何?

サイドスリップとは、ハンドルをまっすぐにした状態で直進した時に、どれだけ横にずれるかの値です。車検時に検査され、1メートル進んでプラスマイナス5mmの値に収まっていれば合格です。

これは、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示により定められており、車検時に検査が必要な項目となっています。

車のタイヤは進行方向に対して厳密にまっすぐになっているとは限らず、直進性を高めるためなどの理由でわずかに角度が付けられています。この角度を、トー角(トゥ角)と呼びます。

両タイヤの角度が内側を向いている状態をトーイン、外側を向いている状態をトーアウトと呼びます。トーインはプラス(+3mmなど)で表示され、トーアウトはマイナス(-3mmなど)で表示されます。mm単位で表示するのは日本国内での表示方法で、国外では角度で表示されており、国外製の測定器の場合は角度での読み方をします。

このトー角は、左右が同じ角度になっていなければ、ハンドルをまっすぐにした時に直進しません。サイドスリップ検査をして問題があるようなら、主にこのトー角を調整する事になります。この角度を、トー角(トゥ角)と呼びます。

両タイヤの角度が内側を向いている状態をトーイン、外側を向いている状態をトーアウトと呼びます。トーインはプラス(+3mmなど)で表示され、トーアウトはマイナス(-3mmなど)で表示されます。
mm単位で表示するのは日本国内での表示方法で、国外では角度で表示されており、国外製の測定器の場合は角度での読み方をします。

このトー角は、左右が同じ角度になっていなければ、ハンドルをまっすぐにした時に直進しません。サイドスリップ検査をして問題があるようなら、主にこのトー角を調整する事になります。

ユーザー車検のサイドスリップ検査

トー角についての解説動画

道路運送車両の保安基準の細目を定める告示より引用

四輪以上の自動車のかじ取装置は、かじ取車輪の横すべり量に関し、テスタ等その他適切な方法により審査したときに、かじ取車輪をサイドスリップ・テスタを用いて計測した場合の横すべり量が、走行1mについて5mmを超えてはならない。

ただし、その輪数が四輪以上の自動車のかじ取車輪をサイドスリップ・テスタを用いて計測した場合に、指定自動車等の自動車製作者等がかじ取装置について安全な運行を確保できるものとして指定する横すべり量の範囲内にある場合にあっては、この限りでない。

出典:国土交通省

サイドスリップに関連する用語

車のメンテナンス
©Zenzeta/stock.adobe.com

サイドスリップにはさまざまな要因がからんできます。主にホイール周りの調整具合が関係してきますが、それぞれの用語をまとめました。

・ホイールアラインメント
車のタイヤには、ステアリングの操作性や直進性の向上などのためにさまざまな角度が付けられています。
それらの状態をホイールアラインメントと言い、適正な状態に調整する事をホイールアラインメント調整と言います。

・キャンバー角
車を正面から見た時の、タイヤの角度です。ハの字に広がっている状態をネガティブキャンバー、逆ハの字に広がっている状態をポジティブキャンバーと呼びます。

コーナリングの性能向上、ハンドル操作の負担軽減、荷重変化への対応などの影響があります。

・トー角
車を上から見た時の、タイヤの角度です。タイヤの前端が内側に向いた角度をトーイン、外側に向いた角度のものをトーアウトと呼びます。

直進安定性、横滑り量の低減、ステアリング特性の確保などに影響します。サイドスリップで調整されるのは主にこのトー角です。
 
・キャスター角
車を横から見た時の、操舵輪のキングピン軸の傾きの事です。車の前輪(操舵輪)にはステアリング機構がついており、ハンドルを切った時に車輪が回転する中心となる軸を形成しています。

この軸をキングピン軸といい、キングピン軸の傾きをキャスター角と言います。
最近の車ではボールジョイントでつながっている部分を結んだ線がこれにあたります。
操縦安定性や操舵力特性に影響します。

ホイールアラインメント解説動画

ホイールアラインメントに関する情報はこちらの記事

アライメントとは?車のタイヤのトーイン・トーアウト・キャスター・キャンバーを解説!

キャンバー角に関する情報はこちらの記事

キャンバー角とは?ポジティブとネガティブの違いから調整方法まで

DIYでサイドスリップを調整するには?

©patpitchaya/stock.adobe.com

サイドスリップを調整するには、まずどれくらい狂っているかを計測します。

糸や木材を使ってトー角のズレを調べる方法もありますが、素人には難しいので、ネットショップなどで販売されているサイドスリップテスターを使うのが比較的楽です。

平坦な地面に置いて、プレートの上を通過します。まっすぐ通過しないといけないので、平坦で広い場所を使って計測しましょう。若干慣れが必要ですが、それなりに計測できます。

Gunson TRAKRITE サイドスリップテスター ホイルアライメントゲージ 【輸入品】

サイドスリップ調整の解説動画

サイドスリップ調整を行う場合、主にトー角を調整します。
トー角を調整するには、車のタイロッドをいじる必要があります。

タイロッドとは、ステアリング操作をタイヤに伝える部品の事で、タイヤの裏側付近に存在します。
ラックエンド、サイドロッドなどとも呼ばれます。

1)ジャッキアップ
 車体をジャッキアップし、リジッドラックをかませ、車体の下にタイヤなどを置いて安全に作業できるようにします。
 タイヤを外した方が作業はやりやすくなります。

2)ロックナットを緩める
 トーイン、トーアウトを調整するには、タイロッドのラックエンドを回し、タイロッドの長さを変えてやります。
 ラックエンドを回すために、まずロックナットを緩めます。

3)ラックエンドの長さを調節する
 タイロッドが車軸の後ろにある場合、ラックエンドを長くするとトーイン方向に、短くするとトーアウト方向に傾きます。
 車軸の前方にタイロッドがある場合は、この逆になります。

4)確認作業
 実際に試走したりサイドスリップテスターで計測して、何度か調整を繰り返します。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事