MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > ボンネットの開け方&閉め方を解説!誰でも出来る簡単3ステップ
車検・メンテナンス

更新

ボンネットの開け方&閉め方を解説!誰でも出来る簡単3ステップ

ディーラーや整備工場に普段のメンテナンスを任せていると、自分でボンネットを開ける機会も少ないと思います。基本的にはレバーを引くだけで開閉できるので、ボンネットの開け閉めは非常に簡単です。

ボンネットの開け方!簡単3ステップ

ステップ1:運転席からレバーを引く

©Ju PhotoStocker /stock.adobe.com

ほとんどの車の運転席足元には、ボンネットオープンレバーがあります。これを引っ張ると、車のボンネットが半分持ち上がります。

レバーを引っ張ったときに、ボコッと大きな音が鳴ることがあるので、ビックリしないように注意しときましょう。

ステップ2:ボンネットを開ける

少し浮きあがったボンネットの隙間にを指を差し込みます。手のひらを上にして左右に動かしすと、レバーを探しやすいです。

レバーを上に押しながらボンネットを開けます。車種によっては、レバーが左右に動くタイプもあるので確認しましょう。

!注意!ワイパーは起こさない

ワイパーを起こした状態でボンネットを開けると、ボンネットがワイパーに当たってワイパーが破損することがあります。ボンネットも破損することがあるので、絶対にワイパーを起こした状態でボンネットを開けないでください!

ステップ3:ボンネットステーで固定する

手前側、長い金属の棒がボンネットステー。右側が外れる
©sugiworks/stock.adobe.com

ボンネットステーという棒が、エンジンルームにあるので探しましょう。ヘッドライト側、エンジンルームを横断するような長い金属の棒がボンネットステーです。

クランプという留め具で固定されているので、外して起こします。ボンネット側にある穴にステーを奥までしっかり差し込みましょう。

ボンネットの閉じ方と注意点

©Pixel-Shot/stock.adobe.com

ステーを外してクランプに納めたら、ボンネットを静かに下げて手を離しましょう。ボンネットが完全に閉まっていることを確認したら完了です。

ボンネットが完全に閉じたか確認を

ボンネットを閉じるとき、手を挟まないように気をつけてください。また、風が強い日はステーが外れてしまうことがあるので、屋内で作業するなどして対策することをおすすめします。

また、ボンネットが完全に閉まっていないと、走行中に開いてしまい大変危険なので、走行前に必ず確認しましょう!

【動画】ボンネットの開閉方法

冷却水の補充、バッテリー交換、バッテリーレスキューなどはボンネットを開ける必要があります。いざというときに困らないよう、一度練習してみてはいかがでしょうか?

自分でエンジンルームを洗浄する方法!【洗車の注意点とポイント】

自分でできるメンテナンス・レスキューはこちら

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部