MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > ボンネットスポイラーの効果とは?取り付け方法や車検対応基準とおすすめ汎用商品から自作例まで
カー用品

更新

ボンネットスポイラーの効果とは?取り付け方法や車検対応基準とおすすめ汎用商品から自作例まで

ボンネットスポイラーとは|効果はある?

出典:wikipedia.org Author: TTTNIS CC0

ボンネットスポイラーとは、ボンネット後方からフロントガラスの下部に取り付けるエアロパーツのこと。車のドレスアップ用のアクセサリーとして取り付けることで個性を出し、見た目で楽しむことができます。

また、ボンネットスポイラーを取り付けることで、空気抵抗の軽減やワイパーカウルの放熱効果向上などの効果が期待できます。

「バグガード(虫除け)」と呼ばれることもあり、夏場や高速道路の走行中にフロントガラスに張り付く虫を軽減し、汚れにくくなるという効果もあります。

デメリットはある?

複数の効果が期待できるボンネットスポイラーですが、取り付けるデメリットも存在します。

フロントガラスの下部に取り付けるため、車内からの視界が悪くなってしまうことがあります。サイズや形状には、十分に気をつける必要があるでしょう。

また、雨天時の低速から中速での走行で、フロントガラスの水滴が下から上へ上がっていく撥水効果が軽減してしまうことがあります。

ボンネットスポイラーは車検に通る?車検対応基準を紹介

車検 メンテナンス
©shutterstock / 135pixels

車の外装や改造については「道路運送車両法の保安基準」によって厳しく規定されていますが、保安基準を満たしていれば、ボンネットスポイラーを取り付けた状態で車検を通すことができます。

ボンネットスポイラーを取り付けて車検を通すための保安基準は、以下の通りです。

  • 走行に耐えられるものであること
  • 車の全長×全幅×全高が変更されないこと
  • ボンネットスポイラーの最下部が地上高90mm以上であること
  • 直径100mmの球体が接触することのできる部分の角部が、半径5mm以上であること
  • 直径100mmの球体が接触することのできる部分に、半径2.5mm未満の角部を有さないこと

ボンネットスポイラーの形状は鋭い突起がなく、丸みを帯びていれば問題ありません。道路運送車両法の保安基準は、事故により人が負傷する危険性を減らす目的で定められているものです。しっかりと守って安全にカスタムを楽しみましょう。

ボンネットスポイラーの取り付け位置・方法

工具
©vejaa/stock.adobe.com

手順1.位置の調整

まず、両面テープの保護シートを剥がさずに、ボンネットスポイラーをまっすぐボンネットの上に置きます。取り付け位置が決まったら左右対称になるように長さを測り、中心を決めます。

ボンネットの中心となる部分や、左右にわかりやすく目印をつけておくとよいでしょう。

手順2.取り付け前の準備

目印をつけ終えたら、ボンネットスポイラーとボンネットの両方を脱脂により綺麗に下処理します。この下処理をすることで、しっかりと両面テープで固定することができます。

手順3.取り付け

ボンネットスポイラーの両面テープの保護シートを、調整ができるように少しだけ剥がしておきます。手順1で付けておいた目印に合わせてボンネットスポイラーを置き、剥がしやすい養生テープで仮止めをしておきます。

位置を確認しながら両面テープの保護シートを剥がしていき、最後に圧着してしっかりと固定させれば取り付け完了です。1人で行うと難しい場合もあるため、2人以上で作業を行うことをおすすめします。

ボンネットスポイラーのおすすめ汎用商品3選

フロント リップスポイラー 汎用モールリップスポイラー

こちらの汎用リップスポイラーは柔軟性があり、やわらかい素材でできたマルチスポイラーです。ボンネットへの取り付けはもちろんのこと、バンパー下部やルーフスポイラーなどさまざまな箇所に取り付けて車のドレスアップを楽しめます。

カッターで簡単に切ることができ、長さも自由に調整可能。塗装もできるので取り付け後の違和感の心配もありません。

口コミ・評価

口コミ・評価では、全体的に高い評価となっていますが、両面テープの貼り直しや巻き癖をなおす必要があるという評価も見受けられます。

「安くて品質が高い。見た目もよい」 「簡単に取り付けできる。長さ調整できるのが嬉しい」 「コスパが最高」 「巻き癖を温めてなおすのに時間がかかる」 「粘着力に難あり」

Kuroobaa 汎用リップスポイラー

こちらはカーボン調タイプで反発弾性や耐水性に優れ、頑丈に取り付け可能なマルチスポイラーです。フロントに取り付ければ、フロントフェイスがぐっと引き締まり、愛車のスポーティ感や力強さが増すことでしょう。

柔軟性があり、曲げやすいマルチスポイラーですが、ドライヤーで温めることで希望の形に調整できます。Amazonのカテゴリベストセラー1位になっていて、人気商品かつ安価で購入できるという点からおすすめ商品の1つです。

口コミ・評価

口コミ・評価では、満足度の高い商品となっていますが、両面テープの粘着力が不安という評価も見受けられます。粘着力を補うためにビス留めを追加で行うことも可能ですが、エアロパーツ用の両面テープを別途購入するという方法もあります。

「見た目もコスパもよい」 「取り付けは簡単。もう少し角度があれば、より格好よかった」 「両面テープの粘着力が弱い」 「長さ十分。粘着力が不安だったのでビス留めしました」

G-CORPORATION マルチスポイラー 汎用品

こちらの商品は、なめらか素材の軟質PVC製(ポリ塩化ビニル)のマルチスポイラーです。軟質PVCのため自由に形を変えることができ、カッターやはさみで長さの調整も可能です。

こだわりのある形状は、しっかりとしていて、印象を大きく変えるパーツとしても活躍してくれるでしょう。

口コミ・評価

口コミ・評価では、しっかりとした作りを高く評価されていますが、両面テープの粘着力が不安であるという評価も見受けられます。

「取り付けから1年経過したが剥がれることもなく、ガラスの汚れが激減」 「予想していたよりもサイズが大きい。適度な硬さでしっかり接着できました」 「粘着テープに厚みがなく、粘着力が弱い」 「取り付け場所のセンスが問われる」

執筆者プロフィール
MOBY編集部 カー用品チーム
MOBY編集部 カー用品チーム
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事