MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > エアサスとは?エアサスペンションの構造と値段、車検や乗り心地は?
車検・メンテナンス

更新

エアサスとは?エアサスペンションの構造と値段、車検や乗り心地は?

エアサスとは?

エアバッグ(空気ばね)を利用するサスペンション

©M. Perfectti/stock.adobe.com

エアサスとは、エアバッグ(空気ばね)が採用されたサスペンションである「エアサスペンション」を略した言葉です。

多くのサスペンションでは金属ばねであるコイルスプリングが使われていますが、エアサスは一部高級車や特殊な自動車(例えば鉄道会社のバス)への導入実績が多いです。

アフターパーツとしても展開されていて、車のカスタム界隈で定番なアイテムの1つとなっています。

エアサスのメリット

©lzf/stock.adobe.com

車内から車高調整ができる

エアサスを導入すれば、車内に設置したスイッチやコントローラーを操作することで車高を調整できます。

道路上の段差が激しいところでは車高を高くする、駐車する時や展示する時には低くすることで低重心でスポーティーな見た目を演出したりと、遊びの幅を広げられます。

エアバッグでの車高調整の他、サスペンションそのものに車高調整機構が採用されている仕様が多く販売されています。いわゆる車高調一体型エアバッグというもので、フルタップ式かつ減衰力調整可能となっているなど、本格的です。

独特の気持ち良い乗り心地

空気ばねがエアサスの乗り味を決定づける特に大きな要素です。コイル式スプリングと比較して、空気ばねはスプリングでは不可能な領域を減衰することができます。それが、エアサス独特の柔らかくて気持ち良い乗り心地に繋がります。

エアサスのデメリット

総じてコイル式スプリングより高価

エアサスそのものが高額な製品です。機械式バルブを使う標準タイプでも本体価格が40万円ほどで、さらに高級品となると80万円ほどの価格がつけられたものもあります。

コイル式スプリングのサスペンションでは同価格でオーリンズのサスペンションキットを購入できるくらいです。

構造が複雑でメンテナンスに手間がかかる

エアサスは、コイルスプリングを使う一般的なサスペンションと比べて多くのパーツを使用することもあって構造が複雑です。そのため、メンテナンスに手間がかかります。

バルブやタンク、コンプレッサーのメンテナンスも必要となります。メンテナンス頻度の目安は1年ごとです。

もちろんショックアブソーバーも使用すれば劣化しますので、減衰力の効きが悪くなったら替え時となります。

このことからも、エアサスがコイル式スプリングのサスペンションと比較して高価なものであるとわかります。エアサスのカスタムは、非常に贅沢な遊びということですね。

コンプレッサーやタンクを荷室へ配置しなければならない

©Yakov/stock.adobe.com

エアサス用のコンプレッサー、タンクなどを配置する場所には、荷室を使うことが多いです。つまり、買い物したものや出かける時の荷物などを荷室へ置く時に障害になるということ。

電磁バルブを使う場合にはそれも同様に荷室へ配置することになるので、さらにスペースを取ります。

エアサスを装着するための費用相場

©lstudiopure/stock.adobe.com

部品の費用

市販で販売されているエアサスキットは40〜90万円となっています。前後サスペンション向けでの価格ですから、フロントサスペンション単体、コンプレッサー単体といったように特定の部品だけ購入する場合は、当然ですが安くなります。

取付工賃

業者により差があるとしても、取付・施工工賃は10万円以上となります。キットの種類や車種によって異なりますので、依頼先の業者へ事前に見積もりを取るほうが良さそうです。

車検費用

公認を取得していればエアサスで車検を取得できます。車検整備費用はここでは割愛しますが、改造申請書の準備と提出を業者に依頼した場合、その費用(改造申請書類作成費用)は大体3万円前後が相場です。

つまり自分でやれば3万円の費用削減(お小遣い入手)が可能となります。

初心者はここまで理解しておけばOK。ここからは少し上級編のマニアックなお話です。

エアサスの構成部品|どんな部品でできている?

©Dezay/stock.adobe.com

エアサスは次のような部品で構成されています。

・ショックアブソーバー(ダンパー)
・エアバッグ
・コンプレッサー / タンク
・バルブ
・メーター / 配線・配管

コイルスプリングが使われているサスペンションと同じパーツもありますが、空気を調整することに関連したパーツが多い点はエアサスの最たる特徴です。最も基本的な従来型を取り上げ、主な構成部品を解説します。

ショックアブソーバー(ダンパー)

ショックアブソーバーでお馴染み筒状のパーツです。力がかかって縮んだスプリング(ばね)が伸び戻る時の反力をゆるやかにする役割を果たしています(減衰力を発生させる)。エアサスではスプリングの役割を果たすものとしてtエアバッグが採用されていますが、役割は同じです。

エアバッグ(空気ばね)

エアサスにおける主人公と言っても過言ではないパーツです。ショックアブソーバー上部に装着されていて、樽のような形状となっています。

この内部の空気圧を高く・低くすることで、車高が高くなったり低くなったりする仕組みです。たくさん空気がエアバッグへ送られると膨らんで車高が高くあり、反対に空気が抜かれるとしぼんで車高が低くなります。

コンプレッサー / タンク

エアバッグの説明から想像するように、エアバッグ内部へ空気が送られる機構が必要になります。そのために使われるのが、エアバッグに送るための空気をまとめておくためのタンクや、タンクに貯める空気を生み出して供給安定化に貢献するコンプレッサーです。

バルブ

コンプレッサーとタンクがあるだけではエアバッグ内部の空気圧を調整できませんから、そのために必要なバルブ(弁)を装着します。

操作方法(開閉構造)に種類があり、1つはスイッチを押すと機械的にバルブを操作できる手動(機械式)タイプ、もう1つは電磁バルブ(ソレノイドバルブ)が装着され電気を用いてバルブを操作する自動(電気式)タイプです。

メーター / 配線・配管

エアバッグ内の空気圧の数値を示すメーターが組み付けられます。メーターを確認しながら空気圧を調整することで、気に入ったエアサスの空気圧(つまり車高の高さや乗り心地)を正確に知ることができるのです。

コンプレッサーを回すためには電源を確保しなければならないので、空気を送るための配管コンプレッサーとバッテリー電源を繋ぐ配線作業も行います。

また、エアバッグ・エアータンク・コンプレッサー・スイッチなどをホースで繋ぐ配管作業を行い、空気を送るルートを確保しなければなりません。

発売されている最先端エアサスってどんなもの?

最近の高級エアサスのラインナップを見ると、デジタル化・ワイヤレス化が最先端になっていることがわかります。具体的には、メモリー機能とリモコン操作によるエアバッグ空気圧の操作です。

メモリー機能を使ってエアバッグの空気圧をエアサスに記憶させます。そしてその記憶させたデータを選ぶと、自動的にエアバッグの空気圧が調整されるというものです。リモコン操作で簡単に調整できるのもポイントです。

このようにエアサスの高性能化が進んでいます。他にも車高の数値を示すものや、リザーブタンク付きのモデルなどがあり、これからどのような進化を遂げるのか気になるところです。

エアサス装着車の車検事情はどうなっている?

©Dmitry Dven/stock.adobe.com

エアサス装着車も車検を取得することができます。ただし、改造申請書というものを運輸局を提出して、公認を取得しなければなりません。具体的には、エアーサスペンションの強度が十分なものであることを示す「強度計算書」を提出します。

新品エアサスは改造申請書類一式とセットで販売されていることが多いです。自分で取り付けを行うのであれば、自身で改造申請書を提出してみてもよいでしょう。経験もできて費用(申請代行料)も抑えられます。

快適・便利なエアサスで特別感を満喫しよう!

エアサス独自の構造によって快適さ・便利さが増し、日々のカーライフをこれまで以上に特別なものへと変貌させることができます。

特にシャコタンカスタムのように車高が低くて日常生活で困っている人にとっては救世主です。

コイル式スプリングのサスペンションと比べてコストはかかりますが、気になる方はまず見積もりから始めてみませんか。

さまざまなサスペンションについての記事

トーションビーム式サスペンション

リジットアクスル式サスペンション

アクティブサスペンション

執筆者プロフィール
中華鍋振る人
中華鍋振る人
自動車とバイクに関連する記事を書いています。モータースポーツは観戦よりも参戦派。道交法や違反に関する情報を、法律に詳しくない人にもわかりやすく解説しています。
すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事