MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > タイミングが悪すぎる!「なんでそこで新型エンジン積んじゃうかな?」というクルマ【推し車】
メーカー・車種別

更新

タイミングが悪すぎる!「なんでそこで新型エンジン積んじゃうかな?」というクルマ【推し車】

自動車用のエンジンは新型が開発されては市販車に搭載されていきますが、そのタイミングはエンジンや搭載するクルマのイメージに大きく影響されるため、本来慎重に決定されるべきものです。

しかし時には間が悪いというか、タイミングが悪いというか、「なんでそこで新型エンジン積んじゃうかな?」というクルマがあるのも事実で、今回はそんな代表例を3つ、集めてみました。

スバル レックスEN05搭載型(3代目末期・1989年)

1年足らずで660cc化…

画像は660cc化された後のEN07を搭載した、3代目レックスVXオープントップ

1980年代後半、スバルではスバル360cc以来搭載していた2気筒エンジンに代わる、軽自動車用の新型エンジンを開発していました。

順当にいけば他社で多用されており、スバル自身もコンパクトカーのジャスティで採用していた直列3気筒エンジンで良さそうなものですが、静粛性その他の性能でライバルを凌駕できる直列4気筒エンジン「EN05」の開発に成功。

それも2気筒エンジンのスペースに収まるコンパクトなものが完成したので、1989年6月、喜々として3代目レックスに搭載したものの、わずか10ヶ月後の1990年4月に軽自動車規格が変更されて排気量上限が660ccとなり、EN05も660cc版EN07へ更新されてしまいます。

この軽自動車規格の変更は唐突だったようで、三菱も画期的な5バルブエンジンを搭載した新型ミニカを短期間で660cc化するなど、各社とも規格変更に振り回された時期でした。

トヨタ クラウン4000ロイヤルサルーンG(8代目後期・1989年)

セルシオより早く積め!最高級サルーンの意地

画像の8代目クラウン3.0ロイヤルサルーンへV8の1UZ-FEを搭載したのが、4000ロイヤルサルーンG

1989年に登場した初代レクサスLSは、内外装の質感が高いだけでなく、静粛性の高い4リッターV8エンジン1UZ-FEも評価が高く、国内でもトヨタ セルシオとして発売が決まります。

しかし、日本国内ではクラウンマジェスタ(1991年初代発売)が最高峰サルーンになる予定が、セルシオのおかげで格落ちになると不機嫌になったらしいのが、トヨタの最高級サルーンを自負してきたクラウンの開発陣。

「最高のエンジンはまずクラウンに」と、セルシオ発売前の1989年8月に1UZ-FEを搭載した、クラウン4000ロイヤルサルーンGを発売してしまいます。

もちろん2ヶ月後にセルシオが発売されればトヨタ最高級サルーンの座はアッサリ奪われてしまいますが、意地で新型エンジンを搭載したと後々語り草になりました。

三菱 ギャランVX-R(7代目・1993年)

FTO用エンジンを選考搭載した、誰も知らないFFスポーツセダン!

画像の7代目ギャランへ、FTOに先行してスポーツエンジン6A12を搭載したのがギャランVX-R

1994年10月に発売された三菱のスポーツクーペFTOは、ホットモデル用の2リッターV6DOHC MIVEC版6A12がリッター100馬力の最高出力200馬力、吹け上がりの良さも最高なエンジンで、インテグラタイプRの登場まではクラス最強でした。

しかしFTOより1年も早く、7代目ギャランへ6A12搭載車を追加したFFスポーツセダン、ギャランVX-Rは、あまりにひっそりとデビューしたうえに、2リッターV6ターボ4WDのVR-4に比べてインパクト不足なもので、クルマ好きにもあまり知られていません。

三菱は他にも、175馬力の1.6リッターDOHC MIVECを積んだランサーMR、同ミラージュセダンVRというFFテンロクスポーツセダンの例がありますが、せっかくの高性能車がただのマニアックなレア車になってしまうあたり、ずいぶんもったいない事をしているものです。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード