MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ソフトもハードも“あとから進化”!『KINTO Unlimited』を新型プリウスから提供開始
トヨタ

更新

ソフトもハードも“あとから進化”!『KINTO Unlimited』を新型プリウスから提供開始

新たなサブスクのかたち『KINTO Unlimited』を立ち上げ

KINTO Unlimited

トヨタは、車のサブスクリプションサービスとして展開しているKINTOの新たなサービスとして、『KINTO Unlimited』を2022年12月7日に立ち上げたことを発表しました。

KINTO Unlimitedは、2022年11月16日にワールドプレミアを迎えた新型プリウスの一部グレードより提供開始となります。

所有欲満たし「愛車」を感じられる車へ…HEVは今冬、PHEVは来春発売

「買ったあとは価値が落ちていくだけ」の車の常識を覆す『進化』を提供

KINTO Unlimited

KINTO Unlimitedは、KINTOが提供しているサブスクリプションサービスをベースとしながら、通常はサービスへの契約から利用終了までの間に下がっていく車の価値を“進化=アップグレード”と“見守り=コネクティッド”により維持する新サービスです。

“進化=アップグレード”では、契約中の車にソフトウェア、ハードウェアの両方でアップグレードを実施することで、車の進化を実現。ソフトウェアのアップグレードには、OTA(Over The Air)を通じたソフトウェアの更新により、その都度、最新の『Toyota Safety Sense』を追加。この費用は月額利用料に含めるため、追加の費用負担無く利用可能となります。

また、ハードウェアでは、アップグレードに必要な施工作業の大部分をあらかじめ織り込んだトヨタ初の『アップグレードレディ設計』による車作りを行い、実際に行う作業を簡素化。作業にかかる時間を大幅に短縮することにより、全国での施工対応を可能としたほか、アイテムの選択肢が広がり、より多くのユーザーに車の“進化”を提供できるとしています。

ハードウェアのアップグレードの提供は2023年の年央から開始するとし、まずはブラインドスポットモニターやパノラミックビューモニター、ステアリングヒーターなどをラインアップする予定です。ハードウェアのアップグレード費用は、一括での支払い、または月額利用料への加算の2つの方法から選択可能となっています。

スペック向上の「アップグレード」

運転やメンテナンスを、よりユーザーにあわせて提案

KINTO Unlimited

“見守り=コネクティッド”では、トヨタのコネクティッド技術を用いてユーザーが運転する際のデータを収集・分析し、運転については『コネクティッドドライブトレーナー』、メンテナンスについては『コネクティッドカーケア』の機能によってユーザーをサポートします。

コネクティッドドライブトレーナーでは、専用アプリを通じてユーザーへ運転のアドバイスを送るといった機能や、運転データに基づきユーザー一人ひとりにあわせた装備や機能のアップグレードの提案を実施。実証実験と位置付けるため当面は追加での費用発生はありませんが、将来的には月額利用料に含めるとしています。

コネクティッドカーケアは、専用のアプリやディスプレイオーディオを通じてユーザーの使用状況にあわせたタイミングでユーザーにメンテナンス実施を提案する機能です。まずはエンジンオイル交換の提案から始め、その後メニューを拡充していくと発表。費用については月額利用料に含めるとし、ユーザーは追加費用無く利用することができます。

KINTOはトヨタ販売店より優遇されている?

新型プリウスのデザインを85%の人が「良い!」と回答

よりクーペルック強め後席ドアは初見では開けられない?

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!
執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード