MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > 1年以上も納車が早い!?KINTOがトヨタ販売店より優遇される理由
トヨタ

更新

1年以上も納車が早い!?KINTOがトヨタ販売店より優遇される理由

KINTOはトヨタ販売店より優遇されている?

KINTOのロゴ
KINTOのロゴ

「KINTO(キント)」とは、トヨタグループが展開している自動車のサブスクリプションサービスです。

今回、このKINTOとトヨタの販売店の扱いに差があるという情報をキャッチ。実際にトヨタ関係者に取材して確認しました。

受注や納車の時期に格差が…

カローラ クロス

トヨタディーラーの営業担当によると、カローラ クロスのハイブリッド仕様は今年5月末で販売店での受注を打ち切っていたとのこと。しかしKINTOではその後も6月末まで受注を受け付けていました。

納車時期については顕著な差が見られます。KINTOでの納期と通常納期(6月28日時点)の比較は以下表の通りです。

車種KINTO HPトヨタHP
アクア1.5~2ヶ月程度6ヵ月以上
アルファード1.5~2ヶ月程度受注停止
ノア&ヴォクシー1.5~2ヶ月程度5~6ヵ月程度
カローラ クロス1.5~2ヶ月程度6ヵ月以上
GR 867ヶ月以上6ヵ月以上

トヨタの公式ウェブサイトを見ると、ほぼすべての車種の納期が半年以上と記載されているのですが、KINTOでラインナップする車種はほぼ全て2ヶ月ほどで納車されます。

前述したカローラクロスハイブリッドの納期は5月時点で15ヶ月程度でしたが、KINTOだと2ヶ月程度だったとのこと。KINTOで購入したほうが1年以上も早く納車されるということに。販売形態が異なるとはいえ、ここまで差がつくのものでしょうか。

トヨタが「2日で完売」見込んだbZ4Xの販売台数、予想を大幅に下回る結果に

KINTOに優先して配車する理由

こうした「納車格差」が生じた背景には、トヨタの豊田社長に対する忖度があると営業担当は語ります。

トヨタは2018年、クルマをつくる会社からモビリティに関わるあらゆるサービスを提供する「モビリティ・カンパニー」へと変革する必要があるとしており、そうして2019年に誕生したのが「KINTO」です。

KINTOは豊田社長の肝いりの施策であるため、優先的に配車を行うという国内事業部長の忖度があると販売店の間で噂されているといいます。

現場からは「売れる車種がない」と嘆きの声も

実際、取材に応じてくださった営業担当の方も「現在多くの車種が受注停止という状況で、お客様に勧められる賞品が限られていて大変な状況にある」と語ります。別の店舗では「販売店潰しだ」と不満を漏らす社員も少なくないとのことでした。

7月1日には生産が追いつかないという理由で新型ランドクルーザー300の受注終了が発表されたほか、人気ミニバンアルファード&ヴェルファイアも6月下旬に現行型の受注を終了しています。

フルモデルチェンジや仕様変更など理由は様々ですが、人気車種が続々と受注終了していく中で、販売店ではやりづらい状況が続いているようです。

現行アルファード受注終了!次期型は来年5月登場が濃厚に

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちら

これが新型クラウンか?愛知で開発車両が目撃された!

その他の最新情報

NSXやプレリュードがBEVになって復活!?公式発表が激アツすぎる

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード