MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > プロボックス > 超マニア向け?ハードコア商用車「GRプロボックス」の姿を妄想したらこうなった
プロボックス

更新

超マニア向け?ハードコア商用車「GRプロボックス」の姿を妄想したらこうなった

走行性能も評価されるプロボックス

トヨタ プロボックス

トヨタが販売している大人気商用車「プロボックス」は、商用車として高い評価を得ていることはもちろん、シンプルな外観と高い実用性からカスタムベースとしても人気のあるモデルです。

現行は2014年にマイナーチェンジしたもの。搭載エンジンや外観などをはじめ、大きな変更が加えられましたがトヨタはあくまでマイナーチェンジとしているため、扱いとしては初代のままになります。

プロボックスは冒頭で述べた点以外に、走行性能にも注目が集まっています。商用車ならではの中低速に強いトルク配分に加え、400kgまでの積載を想定しているため、何も積んでいない時の加速力には目を見張るものがあります。

今回はそんなプロボックスにトヨタが展開しているスポーツブランド「GR」モデルが設定されたらどうなるのか?を予想したイメージを紹介します。

高速道路で見かける爆速ライトバン…なぜそんなに速いのか

GRプロボックスが出たらこうなる?

GRプロボックスの予想イメージ

こちらがGRプロボックスを想像した予想イメージです。

専用のフロントグリルやバンパー、サイドスカートなどをはじめとしたGRらしい装備を装着。なんとか商用車らしさを保つため、オーバーフェンダーにはせず、ボンネットもボディカラーと同色に留めています。

あくまでプロボックスは商用車。過激すぎては車種がもつ本来のコンセプトからズレてしまいます。ビジネスシーンでもしっかり対応できるよう、フォーマルさも忘れません。後部座席も用意しているほか、積載性を確保するためロールケージなどの装備もなし。

パワートレインはGRヤリスやGRカローラと同じ…といきたいところですが、営業車にハイオクを注ぎ込むのは経営者からすると避けたいところです。

実用性ガン無視のモリゾウエディションも…?

GRカローラ モリゾウエディションの内装。
後部座席を撤去して補強ブレースを装備することで軽量化と剛性強化を実現している。

2022年6月に発表されたGRカローラから後部座席を撤去したスパルタン仕様「モリゾウエディション」のように実用性を大幅カットしてレース性能に全振りした仕様も面白いかもしれません。

もしデビューしたら評価が分かれそう

プロボックスは有志によってワンメイクレース(特定の車種のみが参加できるレース)も開催されているほど。

もしGRプロボックスが世に放たれてしまったら、レースもより一層白熱したものになるかもしれません。しかし近年は騒音規制などの影響もあるため、GRプロボックスの実現は限りなく難しいのではないでしょうか。

商用車レースは「ただの商用車にこんな性能が…?」というのが醍醐味の部分も大きいと思うので、万が一実現したとしても評価が分かれることも予想されます。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちら

現行アルファード最後のコンプリートカーの発売が延期に

8月デビューか!フルモデルチェンジ版・新型シエンタを捉えた

その他の最新情報

遂に発表!新型シビックタイプRが世界初公開

スズキがインドで開発中のジムニーシエラ5ドアをスクープ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード