MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハイラックス > トヨタ ハイラックス GRGコンセプトをサーキットで試乗!意外といける
ハイラックス

更新

トヨタ ハイラックス GRGコンセプトをサーキットで試乗!意外といける

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

東京オートサロン2019でトヨタモビリティ東京「GR Garage」がカスタムし発表した「ハイラックス GRGコンセプト」。 トヨタモビリティ東京が企画した新型ヤリスのサーキット試乗会に、そのハイラックスも用意されていました。その試乗レポートをお届けします。

トヨタ ハイラックス GRGコンセプト
サーキット走行

試乗レポート記事公開のタイミングで、ちょうど新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛が始まり、社内検討の結果、公開を見合わせることになり、遅れて本日の公開とさせていただきました。

巨体だが小さいサーキットでもスムーズだった

先に、ハイラックスのスペックからお伝えしましょう。

全長5,335mm
全幅1,855mm
全高1,800mm
ホイールベース3,085mm
車両重量2,060kg
エンジン直列4気筒2.4L
ディーゼルターボ
最高出力110kW(150ps)/3,400rpm
最大トルク400N・m
トランスミッション6速AT

全長は余裕の5m超、車重は2トン超。ホイールベースは3m超。普通免許で乗れる5人乗りの自動車の中では最大級の大きさとなります。

サーキット場といっても小規模ですから、半径の小さいコーナーがタイトに続きます。サーキットには似つかわしくないクルマですが……

トヨタ ハイラックス GRGコンセプト
サーキット走行

それがですよ、走り出してみると思いのほか身のこなしがいいんですよ。そりゃまぁ、車高は高いし、エンジンの位置が高く重心も高い(地上最低高は210mm!)のでそれなりに揺れますが、想像以上にロールしないんですよね。

当然フロントが重たいので、速く走ろうとするとちょっとしたコツがいりますが、ハイラックスを“ブン回して”走るのは、気分爽快!トルクが400N・mあるので、低速コーナリングからの加速はもたつきません。まぁ、高速域までの伸びはしんどいですが、小規模サーキットはそこまでスピードが出せないので。

お世辞にも静かとは言えないエンジンは、アクセルを床まで踏み込んで走るとガーガー言いますが、それもまたラリーを走っているかのようで気持ちの良いものです。

全長4mほどのコンパクトカー、ヤリスで走った後に、全長5.3mのハイラックスで走る機会、そうそうございません。2車の走りの違いは全くもって異次元の体験。

トヨタモビリティ東京さん、貴重な機会をどうもありがとうございました!

それにしても、ハイラックス GRGコンセプトはカッコいいですね。次ページでまとめて画像を置いておきますので、ぜひご覧ください。

すべての画像を見る (15枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!