MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > あの日本を代表する高級車に「ピックアップ」?トヨタクラウンの派生車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

あの日本を代表する高級車に「ピックアップ」?トヨタクラウンの派生車たち【推し車】

トヨタの一般向け最高級セダンとして、1955年初代発売以来の長い歴史を誇るクラウン。その中でバンやワゴンを除く、一風変わった派生車が存在していた時期もありました。

今回は「ちょっと変わったクラウン派生車」、中でもアリストのように車名を変えず、キッチリとクラウンの名を冠したモデルを紹介します。

クラウン エイト(1964年)

クラウンエイト

まだアメ車が幅を効かせた官公庁や大企業向けショーファー・ドリブン(運転手付きの高級車)へ国産車を売り込んでいた1960年代はじめ。同時期発売の日産 セドリックスペシャルやプリンス グランドグロリアの対抗馬となった、トヨタ初の高級セダン。

2代目クラウン(1962年)と共通したデザインでクラウンの名を冠しつつほぼ別物。拡大されたボディへ2.6リッターV8エンジンを搭載し、全長やホイールベース延長にとどまったライバルに差をつけます。

しかし、翌1965年に4リッターV8エンジン大型ボディの初代日産 プレジデントが登場するとユーザーを奪われ、1967年には本格的なセンチュリーで対抗。そのためクラウンエイトは短命でした。

クラウン ピックアップ(1967年)

クラウンピックアップ シングルシート仕様

初代クラウン失敗時の保険として開発された業務用車マスターには、ライトバンやピックアップトラック仕様の「マスターライン」が存在しました。

クラウンの成功でマスターは短命に終わり、マスターラインのみ外観をクラウン的に改め3代目まで存続しました。しかし、1967年にクラウン一族へ組み込まれ、クラウン史上唯一のピックアップトラックが登場。

1列3人乗りのシングルシート車と、2列6人乗りのダブルシート車が存在。後者は一見普通のクラウンに見えて2ドアで、トランクの代わりに後方一方開きの荷台がありました。

この種のトラック需要がなくなったのでこの代限りとなり、歴代クラウン史上最大の珍車となりました。

クラウン マジェスタ(1991年)

1995年発売の2代目クラウンマジェスタ

日本でトヨタ セルシオだったレクサスLSと、クラウンの間を埋めるモデルとして発売したクラウン上級派生車。セルシオと同じ4リッターV8エンジンを搭載。

中途半端に高級なマジェスタは存在意義に疑問が持たれました。しかし、意外にも「セルシオに乗るお客様より高価な車に乗るわけにはいかない」という、高級スナックのママなど事情があるユーザー向け高級車として根強い人気を得ます。

しかし、レクサスLSの日本発売が開始。セルシオ廃止でいざトヨタの一般向け最高級セダンとなってみると、もともとニッチな需要で売っていた車だけに最高級車としては物足りず、やがて単なるクラウンのロングボディ版となって2018年に廃止されてしまいました。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード