MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > テスラ > 「日本には大きすぎて合わない」テスラアンチもこれで納得?最小最安の“モデルA”案
テスラ

更新

「日本には大きすぎて合わない」テスラアンチもこれで納得?最小最安の“モデルA”案

「ベイビーテスラ」テスラの最小エントリーモデル

出典:theclunkerjunker.com

テスラは、現在の最小モデルとなる「モデル3」よりも小型かつ安価なエントリーモデルの開発中で、2022年から2023年にかけてその「ベイビーテスラ」が25000ドル以下で発売が見込まれています。

このベイビーテスラこと「モデルA」の予想CGが作成されました。

自動運転機能を使った動画がPornhubに。「ハンドルを握れ」とテスラ注意

都市部の移動にピッタリ!Aセグサイズのシティコミューター「モデルA」

出典:theclunkerjunker.com

海外メディアが作成したベイビーテスラの予想CGは、トヨタ iQのような、都市エリアなどの短距離移動にちょうどいいAセグメントサイズの4人乗りマイクロクーペとして描かれています。

出典:theclunkerjunker.com

コンパクトながら一体型のガラスキャノピーで車内は開放感があり、シートは全席バケット形状。ドアはランボルギーニ アヴェンタドールなどのようなシザースドアタイプを採用し、さらにフロントシートは自動スライドやセミフォールディング機能を備え、乗降性を向上しているようです。

小さいながらも動力性能は高く、最高速度は時速110マイル(時速約177キロ)、0-60mph加速(0-約97km/h加速)は4.8秒と快速です。航続可能距離も250マイル(約402キロ)とこのサイズには十分以上の広いレンジを持っています。

「モデルA」の車名をもった車は間違いなく出るだろう

出典:theclunkerjunker.com

なお、「モデル2」という車名のコンパクトカーが登場すると噂されていましたが、イーロン・マスクは「モデル2」という車名を否定しています。そのため、今回のコンパクトカーはAセグメントクラスにあたるため「モデルA」の車名を採用。

現在販売されているその他のテスラのラインアップ「モデルS」「モデル3」「モデルX」「モデルY」を並べると「S3XY(SEXY)」になることは有名です。

テスラはすでにピックアップトラックタイプの「サイバートラック(Cybertruck)」と2ドアスポーツクーペの「ロードスター(Roadster)」も発表されています。それぞれの頭文字「C」「R」をとり、そこに「モデルA」が加われば「CAR」をつくることが可能に。

「モデルS」「モデル3」「モデルX」「モデルY」「サイバートラック(Cybertruck)」「モデルA」「ロードスター(Roadster)」のテスラのすべてのラインアップを使えば「S3XYCAR(SEXYCAR)」になります。

テスラ モデルAの予想CG全画像を見る

テスラ サイバートラックがメガブロックに!プレゼンで割れたガラスも再現可能

やる気現地スズキ!5ドア「ジムニーロング」が来年半ばに登場?5席&7席用意と報道

【画像45枚】デロリアン新型EV「Alpha5」発表!「30年後にまた会おう」実現か

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード