MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スズキ > スイフト > スズキ スイフトのおすすめスタッドレスタイヤ11選・サイズ一覧&ホイールセット【2020−2021年版】
スイフト

更新

スズキ スイフトのおすすめスタッドレスタイヤ11選・サイズ一覧&ホイールセット【2020−2021年版】

スズキのコンパクトカー「スイフト」におすすめのスタッドレスタイヤを11点を厳選しました。おすすめのホイールセットもあわせてお伝えします。

タイヤサイズ一覧

【現行3代目】年式:2017年1月~

スイフト 現行モデル
スイフト 現行モデル
型式駆動
方式
標準タイヤ
サイズ
標準
リム幅
DAA-ZD53S
DBA-ZD83S
4WD185/55R166.0
DAA-ZC53S
DBA-ZC13S
DBA-ZC83S
FF185/55R166.0
DBA-ZC83SFF175/65R155.0
DBA-ZD83S4WD175/65R155.0

【2代目】年式:2010年9月~2016年12月

スイフト 2代目
スイフト 2代目
型式駆動
方式
標準タイヤ
サイズ
標準
リム幅
CBA-ZC32SFF195/45R176.5
DBA-ZC72SFF175/65R155.0
DBA-ZC72SFF185/55R166.0
DBA-ZD72S4WD175/65R155.0
DBA-ZD72S4WD185/55R166.0

【初代】年式:2004年11月~2010年8月

初代 スイフト
初代 スイフト
型式駆動
方式
標準タイヤ
サイズ
標準
リム幅
CBA-ZC31SFF195/50R166.0
DBA-ZC11S
DBA-ZC71S
FF165/70R145.0
DBA-ZC11S
DBA-ZC21S
DBA-ZC71S
FF185/60R155.5
DBA-ZD11S
DBA-ZD21S
4WD185/60R155.5

2000.01 ~ 2004.10

型式駆動
方式
標準タイヤ
サイズ
標準
リム幅
TA-HT81SFF185/55R155.0
UA-HT51SFF165/70R144.5
LA-HT51S
UA-HT51S
4WD165/70R144.5

おすすめスタッドレスタイヤ10選

スタッドレスタイヤのサイズは純正タイヤのサイズとぴったりと合っていないとダメとは限りません。スタッドレスタイヤのサイズの選び方は下記の記事でご確認ください。

本記事はスズキ スイフトに最適なスタッドレスタイヤを、 安心できるタイヤメーカー11社の公式サイトに掲載されている製品ラインナップから、コンパクトカー向けのブランドをチョイスしています。

各メーカーに共通するスタッドレスタイヤのモデルチェンジとラインナップ

スタッドレスタイヤは、どのタイヤメーカーも同じような商品構成となっており、モデルチェンジの傾向も同じようになっています。その特徴を列記すると以下のようになります。

  • コンパクトカーなどの標準モデル向け、SUV向けなど車のタイプに合わせた2〜4種類の商品をラインナップしている。
  • 毎年、モデルチェンジした新製品を登場させている。(製品名称の末尾の数字などが異なるだけのものは概ねこれになる)
  • 公式サイトに掲載されるラインナップに、無数の種類があっても、前年以前のモデルチェンジ製品を掲載していることが多々ある。

タイヤの主原料はゴムですので、生産された年月日から新しいほど本来の性能を発揮するとされますが、型落ちの製品で1,2年ほど倉庫で保管されていたからといって走行に影響を与えるような劣化はありません。(もちろん、きちんとした管理がされている必要があります)

これらの点を考慮すると、スズキ スイフトの特徴にあったスタッドレスタイヤは、特に最新製品にこだわりがなければ、コンパクトカー向けのスタッドレスタイヤで、コスト面を重視した型落ちで且つ公式サイト掲載中のものが最適となるでしょう。

下記の商品は、スイフトの現行モデルで中核グレード、4WDに標準装備されるタイヤサイズ「175/65R15」で掲載していますが、Amazonにこのサイズがない場合は、これに近い装着可能なサイズの製品で掲載しています。

① ダンロップ ウィンター マックス02

ダンロップはイギリスのタイヤメーカーで現在は、日本の企業、住友ゴム工業の傘下になっています。モータスポーツの世界では歴史と実績のある信頼のメーカーです。ダンロップのスタッドレスタイヤのブランド名は「ウィンターマックス」。

② ヨコハマ アイスガード 6 iG60

東京本社ですが「ヨコハマタイヤ」。公式サイトには多数の製品がラインナップされていますが、実際の市場に出回っているものは、最新製品と昨年発売のものばかりとなっています。ヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤのブランド名は「アイスガード」、最新製品は「6」、昨年発売は「5」となっています。

③ トーヨー オブザーブ ガリットギズ

トーヨータイヤは多数の国産車の純正タイヤとして採用されています。コンパクトカー向けの最新スタッドレスタイヤは「OBSERVE GARIT GIZ(オブザーブ ガリットギズ)」のブランド名となっています。

④ ブリヂストン ブリザック VRX

世界最高峰のモーターレース、F1の供給タイヤメーカーとしても歴史と実績を持つブリヂストン。北海道では、装着率No1のスタッドレスが「ブリザック」となっています。製品価格は他メーカーに比べて高いですが、過酷な路面状況でもしっかり止まる高い性能が評価され、人気となっています。

⑤ ミシュラン X-ICE XI3

「ミシュラン」といえば、高級レストランなどを格付けを頭に浮かべる人が多いのでは?そのミシュランは、フランスのタイヤメーカーの名前とです。自動車文化の黎明期に『おいしいお店を紹介すれば、みんなクルマに乗ってでかけてくれて、タイヤをすり減らしてくれるだろう』というミシュラン社の発想から誕生、現在に至ります。ミシュランのスタッドレスタイヤには「X-ICE」のブランド名が与えられ「XI3」は定番製品となります。

⑥ ピレリ アイス アシンメトリコ プラス

ピレリも世界最高峰のモーターレース、F1の供給タイヤメーカー。フランスの企業です。コンパクトカー向けのスタッドレスタイヤのブランドは「ICE ASIMMETROCO(アイス アシンメトリコ プラス)」となっています。

⑦ グッドイヤー アイスナビ 6

アメリカで最大のタイヤメーカーが「グッドイヤー」。スタッドレスタイヤのブランド名は「アイスナビ」となっています。2020年−2021年のラインナップはその「6」と「7」で最新製品は「7」。

⑧ コンチネンタル ノースコンタクト NC6

ドイツ最大のタイヤメーカー「コンチネンタル」は、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ポルシェなどといった高級車の多くに採用されています。コンチネンタルのスタッドレスタイヤは現在2ブランドをラインナップしています。このうち安い方となる「ノースコンタクト」をおすすめに選んでいます。

⑨ ナンカン ESSN-1

ナンカン(NANKANG) ESSN-1 175/65R15 84Q [並行輸入品]

ナンカン(NANKANG) ESSN-1 175/65R15 84Q [並行輸入品]

7,400円(05/15 12:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

創業期はヨコハマタイヤと技術提携をしていたナンカン。台湾で最も歴史のあるタイヤメーカーです。「ESSN-1」は2019年発売の製品。2020年発売の新製品は「AW-1」。

⑩ ケンダ KR36 アイステック ネオ

KENDA(ケンダ) スタッドレスタイヤ KR36 185/60R15 84R

KENDA(ケンダ) スタッドレスタイヤ KR36 185/60R15 84R

6,803円(05/15 12:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

ママチャリを新車で買うと、ケンダのタイヤが装着されていることが多いようです。ケンダは台湾のタイヤメーカー。乗用車タイヤも開発生産しています。ケンダのスタッドレスタイヤは「アイステック」のブランド名となっており、この1種類のみが現在公式サイトでラインナップされています。

⑪ ハンコック ウィンター アイセプト iZ

ハンコックは、韓国のタイヤメーカーです。日本ではあまり聞かれないメーカーとなりますが、グローバルでは定評があり、メルセデス・ベンツの厳しい基準をクリアし、一部車種の純正タイヤとして採用するなど、欧州車では珍しくないタイヤメーカーとなります。

メルセデス・ベンツのSUVなどにも純正タイヤとして採用されはじめた韓国のタイヤメーカー、ハンコック。欧州車では多く採用、高級車メーカーの厳しい基準をクリア。日本ではあまり聞き慣れないメーカーですが、性能はしっかりとしています。2020年〜2021年のラインナップは、「Winter i*cept IZ2(ウィンター・アイセプト IZ2)」と末尾に「2」が付かない「Winter i*cept IZ」の2種となります。前者は新製品、後者は先発製品となります。

おすすめホイールセット

どうせならホイールセットでスタッドレスに交換もおすすめ。置き場所に余裕があるのなら、サマータイヤとスタッドレスタイヤをそれぞれ別のホイールにすると履き替えの手間が省けます。

※ネットで購入する場合は、ホイールサイズがフィットに適しているかどうか確認が必要です。

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部