MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 2代目レックス、初代ジャスティ、3代目レオーネワゴン…スバルの四角い車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

2代目レックス、初代ジャスティ、3代目レオーネワゴン…スバルの四角い車たち【推し車】

初期にはスバル360やスバル1000のように丸みを帯びてズングリした車、初代レガシィ以降は軽自動車がやはり丸みを帯びて、普通車がシャープな印象から塊感を感じるデザインへと変わっていったスバルですが、「四角い車」の時代がなかったわけではありません。

もちろん軽1BOX/軽トラのサンバーは2代目以降常に四角かったのですが、それ以外の車も1980年代には、今見ると「地味で普通の角張った車」な時代がありました。

その頃の、今とは異なるスバル車を3台紹介したいと思います。

レックス(2代目後期・1981年)

スパッと断ち切った四角いフロントマスク

スバル レックス(2代目後期)

前身にあたるR-2からワイド&ローのスポーティイメージを引き立てた初代に対し、2代目レックスはFF化で、ある意味「スズキやダイハツみたいな、普通のFFハッチバック車」。

ただしスバルらしいのは、ライバルと異なりボンネットを先端に向けて急激に下ろさずに水平に近く、フロントマスクを大きめにとった角張った外観で、特に丸目2灯ヘッドライトの前期型は1970年代までのスバルデザインを引きずっているように見えます。

1984年のマイナーチェンジでヘッドライトが丸型から角型に変わるとその印象はさらに強く、地面へ垂直にバッサリ断ち切ったようなフロントマスクは、遠くからでもスバルの軽自動車とハッキリわかりました。

最新「レックス」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 127万円
本体価格 108~140万円

ジャスティ(初代前期・1984年)

リッターカー版レックスとひと目でわかる

スバル ジャスティ(初代前期)

スバル史上唯一のコンパクトハッチバック車、ジャスティは当時の時流に乗ったリッターカーで、後に1.2L車やCVT車を追加しますが、デビュー当初から4WDを設定していたのはスバルらしいところ。

1988年にビッグマイナーチェンジでフロントマスクが一変するまでは、2代目レックスとソックリで、実際にジャスティはFF化したレックスの拡大版であり、ドアなどサイド面を中心に外装パーツも流用されていました。

したがって2代目レックス同様の「断ち切ったようなフロントマスクを持つ、角張った四角いコンパクトカー」で、顔つきも全体のフォルムも柔らかくなった後期型とは、かなり趣が異なります。

最新「ジャスティ」中古車情報
本日の在庫数 80台
平均価格 118万円
本体価格 70~175万円

レオーネツーリングワゴン(3代目・1984年)

レガシィツーリングワゴンまで、あともうちょっと!

スバル レオーネツーリングワゴン(3代目)

初代、2代目と丸みを帯びつつズングリムックリ感があり、特に最低地上高の高い4WDは腰高感が先に立ったレオーネですが、3代目も直線的な面構成の角をうまく取れていないあたり、野暮ったさを感じさせました。

これがツーリングワゴンになると、斜め前やサイドからはスポーツワゴンっぽい好ましい

デザインに見えましたが、後ろに回るとセダンのキャビン後半を四角い箱にしたライトバンそのもので、商用車の雰囲気が消えるには初代レガシィワゴンを待たねばなりません。

なお、初代レガシィワゴンの特徴だった後半部で一段盛り上がるルーフは、レオーネワゴンでも2代目から採用されており、スバルツーリングワゴンの伝統です。

最新「レオーネ」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 93万円
本体価格 88~97万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード