MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > NV200 > 日産NV200タクシー“ユニバーサルデザイン”に車いすで試乗|はたらくクルマ
NV200

更新

日産NV200タクシー“ユニバーサルデザイン”に車いすで試乗|はたらくクルマ

車いすに乗ったまま乗車できる「日産 NV200 タクシー ユニバーサルデザイン」

アメリカはニューヨーク市の次世代タクシーに選ばれた「日産 NV200」は、大人4人とたっぷりの荷物を乗せ、乗降も楽なスライドドア、さらに街並みを楽しみながら移動できりるパノラミックルーフを採用。日産自動車が開催したメディア向け取材会では、このニューヨーク仕様のタクシーではなく、車いすでそのままキャビンへと乗降ができる「ユニバーサルデザイン」という名称が与えれたモデルが用意されていました。

東京オリンピック、パラリンピックが目前となった今、改めて注目される「ユニバーサル」なイエロー・キャブに試乗できたので、そのレポートをお届けします。

ご覧のとおり、車いすに乗ったまま、そのままタクシーのキャビン内へと乗り込むことができます。

スロープにそって伸びる2本のベルトは電動駆動。サポートするドライバーの負荷軽減に大きく貢献するだけでなく、車いすに乗られた方が安心できるよう、ベルトの動きを念入りにチューニングされたと担当者から説明。

車いすをそのままキャビンに乗せても、後席にもう1人乗車可能。介助者と近い距離で移動ができます。

こちらは運転席。

特に変わった様子はありません。

トランスミッションは4速AT。タクシーの定番トランスミッション。

変わったものといえば、こちら。後付けの液晶メーターは、LPGの燃料計。LPGとは家庭でも使用されるプロパンガスのことで、多くのタクシーがこれを燃料としています。この、日産NV200ユニバーサルデザインは、ガソリンとLPGの”ハイブリッド”仕様。エンジン始動時はガソリン、走行時にはLPGへ自動切り替え(手動でも切り替え可)、LPGの残量が少なくなると自動でガソリンへ切り替えらられるスグレモノでした。

普通のタクシーには見慣れないスポーティーなフューエルリッドには「HKS」のロゴが。このNV200には、HKS製の「LPGバイフューエルシステム」を採用。長い距離を走りLPGスタンドがない地域にも行くことができます。

試乗インプレッション

取材時の試乗では、ハンドルを握るか車いすに乗ってキャビンに乗り込むかのどちらかを選択できるようになっており、筆者は後者を選びました。

車いすに乗せられて、スロープを自動ウィンチで巻き上げられながら登ったとき、傾斜が穏やかで無理な動きがなく安心。キャビンに車いすをセットされて気がついたのは、ゆとりある空間と視界の良さ。車いすに乗っていても車窓の景色を愉しむことができました。ここは、とても良いポイントですね。肝心なのは乗り心地。車いすではなくシートに座ったときでは、路面からの衝撃をサスペンションとシートのクッションの両方で吸収することができます。しかし、車いすではシートのクッションがない分、サスペンションで吸収されない衝撃が直接きます。乗り心地が不利になる車いす乗車ですが、これがきちんと快適になっていました。

なるほど。「ユニバーサル」が意味する「乗る人すべてに」を体験することができました。

日産 NV200 タクシー【公式】

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

こちらもあわせてご覧ください。

日産NV200タクシー“ユニバーサルデザイン”に車いすで試乗|はたらくクルマ

【救急車に試乗してみた】日産 パラメディック 新型“高規格救急車”の価格は?

【幼稚園バス】シビリアンも技術の日産だった |はたらくクルマ

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智