MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 現在の国産SUVやクロスオーバーモデルに影響を与えた三菱4WDオフローダーたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

現在の国産SUVやクロスオーバーモデルに影響を与えた三菱4WDオフローダーたち【推し車】

現在もSUVやピックアップトラックのメーカーとして、悪路走破性のみならず最新の電子制御や電動化技術を駆使し、強烈な存在感を放つ三菱ですが、かつては1970年代末に始まり、1990年代に全盛期を迎えたRVブームのトップランナーでもありました。

現在もデリカD:5などに名残を残し、その後の国産SUVやクロスオーバーモデルへ大きな影響を与えるゲームチェンジャーとなった、3台の1980年代三菱4WDオフローダーを紹介しましょう。

三菱 フォルテ4WD(1980年)

全てはここから始まった、現在の三菱の原点といえる4WDピックアップ

三菱 フォルテ

後述するパジェロやデリカスターワゴン4WD、さらにチャレンジャー(海外名パジェロスポーツ)や歴代ピックアップトラック、それらの派生型、縮小版、さらに近代的な軽量高剛性モノコックのクロスオーバーSUVに到るまで、全ての原点となったのがフォルテ4WD。

北米を中心に、海外で流行していたスポーティーな小型ボンネットトラック市場へ参入するため開発され、提携関係にあったクライスラー版も含め世界中で多数を販売しましたが、歴史的意義が大きいのは1980年に追加された4WDモデルです。

頑強なラダーフレームと悪路走破性の高い4WDの組み合わせは珍しくないものの、フォルテ4WDのラダーフレーム上へさまざまなボディを載せて付加価値を高めたその後の三菱4WDオフローダーの成功は、ベース車の優れた設計と柔軟なアイデアあってこそでした。

三菱 パジェロ(初代・1982年)

現在も自衛隊の1/2tトラックへ名残を残す、RVブームの大ヒット作

三菱 パジェロ ワゴン(初代)

もともとは昔ながらの(つまり原型は第2次世界大戦時までさかのぼる)ジープをベースに、レジャー向けカスタマイズを施したり、近代的ボディへ載せ替える程度のショーモデルだったパジェロですが、フォルテ4WDのラダーフレームを得た初代パジェロでついに完成。

アメリカ生まれで生産権の問題があったジープと異なり、輸出可能な三菱独自の本格4WDは海外で既に実績を上げていた各国のライバルに対峙するため、スポーティで乗用車的な内外装と快適性を備え、フォルテ4WD譲りの悪路走破性の高さで勝負できるクルマでした。

さらに日本国内でもこの種のオフローダーの需要が高まっていた事から、改良を重ねてロングボディに大排気量V6ガソリンエンジンを搭載した大型高級モデルも登場、1991年にモデルチェンジして大ヒット、1990年代RVブームの象徴となった2代目へ繋いでいきます。

三菱 デリカスターワゴン4WD(初代・1982年)

フォルテ4WDに1BOXボディを載せた、デリカD:5のご先祖様

三菱 デリカ スターワゴン(初代)

4WD小型ボンネットトラックの頑強なラダーフレームへ、近代的なスポーツオフローダーボディを載せるのはライバル他社もやったことですが、三菱を個性的メーカーとして決定づけたのが、1BOXワゴンボディを載せたデリカスターワゴン4WDです。

そもそも初代デリカコーチの後継として登場、それだけなら日本でどこでも走っている普通の1BOX乗用ワゴンでしたが、フォルテ4WDのラダーフレーム上に載せて大径タイヤを履かせると迫力満点!

パジェロ並の悪路走破性を持つ異色の1BOXワゴンとしてデビュー後は根強いファンがつき、2代続いた後はデリカスペースギアへ発展、さらに現在のデリカD:5へ進化する間にライバルはほとんど不在という「唯一無二のSUVミニバン」は、ここから始まりました。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード